人気ブログランキング |
タグ:ムラサキシジミ ( 19 ) タグの人気記事

2018年 12月 17日
地元の公園のムラツ越冬集団 3
12月16日 
3週続けて地元の公園にムラサキツバメの様子を見に出掛けました。
毎週少しづつ集団の場所や数が変化しているようです。
まずはマテバシイの3m以上の高さにある集団ですが・・・・
1頭増えて18頭となったくらいで大きな変化はありませんでした。
e0224357_21023596.jpg
葉の裏から陽が当たっていますが、日中も飛び出す個体はありません。
脚立を使用し手をめいっぱい伸ばして・・・ライブビューで撮りました。

同じ集団をコンデジを玉の柄につけてインターバルタイマーで・・・・
上から見下ろすように撮影すると幹と根元が見えるのでなんとなく高さが分かります。
e0224357_21074791.jpg
他のマテバシイの10頭以上いた集団はことごとく分解してしまって・・・・いません。
ヤブツバキの10頭の集団もいなくなっており、周囲に1,2頭ずつ分かれていました。
e0224357_21120810.jpg
葉陰の暗闇に2頭・・・・
e0224357_21123728.jpg
こちらも同様に2頭・・・・
e0224357_21125790.jpg
結局、10頭の集団はバラバラになり周囲のヤブツバキで9頭は確認できました。

次にマサキの集団を見てみると・・・・
5頭と4頭のふたつの集団は、8頭にまとまっていました。
e0224357_21143396.jpg
ムラサキシジミ3頭+ムラサキツバメ5頭の集団はそれぞれ分かれて・・・・
こちらがムラサキツバメの5頭集団です。
e0224357_21160005.jpg
昼頃になり気温が13℃となり・・・・・
一部の個体が何処からともなく飛び始めます。
大きな木の幹に♂が止まりました。
e0224357_21234930.jpg
指先で影を作ってチラチラさせると少し向きを変えて開翅しました。
e0224357_21251756.jpg
♀も飛び出しました。
e0224357_21260459.jpg
e0224357_21273459.jpg
ムラサキシジミも綺麗な個体が飛び出しました。
e0224357_21550567.jpg

帰りに違う場所に立ち寄ると・・・・
こちらにも15頭の集団が大きなマテバシイの下枝にありました。
e0224357_21342043.jpg
カメラを替えている間に・・・立ってきてしまいました。
e0224357_21465553.jpg
こんな感じの低い場所です。
e0224357_21474616.jpg



ムラツの観察は3週連続になりますが、少しづつ変る様子を観察するのは楽しいものです。
集団の大きさは今がピークで・・・これから寒くなってくると個体が減ると思います。
もう少し観察してみましょう。




-


by konty33 | 2018-12-17 22:39 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2018年 12月 11日
地元の公園のムラツ越冬集団 2
12月9日 
日中でも約10℃で西風が強い日になりました。
先週に続いて地元の公園にムラサキツバメの集団越冬の様子を見に行きました。
このところ12月とは思えないような暖かさだったためか移動してしまったようです。
e0224357_20440387.jpg
この集団は蝶友から教えてもらいましたが、先週はなかった集団で17頭いるようです。
風が強く葉が大きく動くので撮影は大変です。
インターバルタイマーを使用してコンデジで上から撮影すると・・・・・
e0224357_20495823.jpg
先週近くにあった集団は1,2頭になっていたのでこちらに移動したのでしょう。

次に確認した日陰の集団ですが先週は5頭だったのに8頭に増えていました。
e0224357_20530231.jpg
公園内を一回りして昼頃見に行くと更に数が増えて10頭に・・・・・
e0224357_20563565.jpg
低い場所でムラサキツバメムラサキシジミが一緒に集団を作っていました。
到底探せそうもない場所ですが、これも蝶友に教えてもらいました。
ムラシが3頭、ムラツが3頭だと思っていましたが、枯葉の上にもムラツが1頭いるようです。
e0224357_21025029.jpg
その後暫くして近くで開翅する個体を見つけました。
e0224357_21062138.jpg
あまり綺麗ではありませんが、♂と♀を1頭ずつ飛び出し撮影できました。
e0224357_21055893.jpg
更にそれから暫くしてから先程の集団を見ると数増えているようです。
ムラシは3頭のままですが、ムラツが5頭に増えていました。
きっと先ほど開翅していた個体がここに合流したのでしょう。
e0224357_21014578.jpg
このすぐ近くでは腰の高さでムラツの集団を見つけました。
こんなに低い場所は珍しいと思います。
5頭と4頭・・・・合わせて9頭ですが、日中なのに気温が低い為か寝たままです。
e0224357_21123225.jpg
2頭だけのも・・・
e0224357_21274655.jpg
公園中を歩き回っていると・・・・
陽だまりでムラサキシジミが飛んでいるのを見つけました。
e0224357_21164232.jpg
ここちら側から見ると右翅は綺麗そうなのですが・・・・・
反対側(左翅)はボロボロでした。
e0224357_21221482.jpg




この日は日中でも10℃を少し超える程度で飛び出す個体は殆ど見られませんでした。

脚立に乗って撮影中に脚立の天板がふたつに裂けて・・・・
顔、足、腰、胸・・・体中に軽いケガを負ってしまいました。
室内用の脚立は地面が柔らかい場所では使用してはダメですね。
丈夫な脚立を購入して再訪できたらと思います。(笑)





-




by konty33 | 2018-12-11 22:23 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 28日
ムラサキの輝きが見られる公園
11月25日
やっと朝晩の気温が低下して例年より遅れ気味の紅葉も少しづつ色づいてきました。
マテバシイの多い公園の片隅で日差しが林間の下草に差し込む時間になると・・・
何処からともなくムラサキツバメが地表の下草に降りてきます。
e0224357_22011923.jpg
運よく割ときれいな♂を見ることが出来ました。
e0224357_22031598.jpg
♂の翅表は青色に鈍く輝くように見えますが、意外と再現が難しいです。
e0224357_22045080.jpg
時々マサキやツツジなどの低木の上にも止まりますが、
すぐに高いところへ飛び去ってしまいました。
e0224357_22061248.jpg
勿論♀も降りてきますが綺麗な個体は少なかったです。
e0224357_22083717.jpg
e0224357_22094559.jpg
頑張ってそっと近づき広角で周囲の雰囲気を入れてみました。
e0224357_22105272.jpg
地面に降りてきた目的は日光浴だけではなく、葉の上や地面から水分を補給しているようです。
e0224357_22215299.jpg

ここではムラサキシジミもよく見られます。
まずはアラカシの上で日向ぼっこ・・・・
e0224357_22174874.jpg
e0224357_22180643.jpg
地表の草の上にも降りてきます。
e0224357_22184579.jpg
e0224357_22192953.jpg




このように紫を輝かせた2種の個体は結構見られるのですが・・・
今年は越冬集団をまだ見つけられていません。
もう少し寒くなったら見つけたいと思います。




-


by konty33 | 2018-11-28 22:29 | シジミ類 | Trackback | Comments(4)
2018年 11月 04日
海岸近くで秋のチョウを探す
10月28日 
少しずつ朝晩の気温が下がり朝晩は上着が必要になってきました。
ムラサキツバメが集団を作るにはまだ早そうですが、マテバシイの多い公園に行ってみました。
ハマウドのような花で吸蜜している個体を見つけましたが、今年はかなり少なそうです。
e0224357_21252196.jpg
浜辺のポイントに移動すると・・・・
ムラサキシジミがポツポツといましたが、気温が高いせいか開翅は殆どしません。
暫く見ていると開翅する瞬間もありました。
e0224357_21360858.jpg
時々セイタカアワダチソウなどで吸蜜していました。
e0224357_21371101.jpg
近くでセンダングサが咲く道沿いを歩いてみるとアサギマダラや・・・・
e0224357_21283822.jpg
キタテハも散見されます。
どちらも意外と敏感で思うようには撮れません。
e0224357_21325539.jpg
e0224357_21331928.jpg
道端のセンダングサはイチモンジセセリでいっぱいでした。(殆どスレ)
e0224357_21343633.jpg
ウラナミシジミも何頭かいました。
e0224357_21404405.jpg
砂浜に降りるとハマエンドウの花にウラナミシジミが産卵していました。
e0224357_21434768.jpg
花には驚くほど沢山の卵がビッシリと産みつけられています。
e0224357_21450932.jpg
e0224357_21452429.jpg
TG3でアップすると表面模様が確認できます。
e0224357_22585472.jpg
この花には・・・・・チャバネセセリも吸蜜に立ち寄りました。
e0224357_21464702.jpg



どれも普通種ばかりですが、近場で秋のチョウを狙ってみました。
2週前にはヤクルリがいた場所にも立ち寄りましたが、この日は全く見られませんでした。
それにしても凄まじいウラナミシジミの卵の数には驚きました。




-



by konty33 | 2018-11-04 22:59 | 五目チョウ | Trackback | Comments(2)
2017年 11月 28日
ムラサキシジミの吸蜜と開翅
11月26日 続き
同じ地元の公園ですが、今年はムラサキシジミも多く感じました。
中でもイソギクの花には沢山集まっていました。
e0224357_21590039.jpg
e0224357_21595954.jpg
他にも公園内の色々な花で見られました。
e0224357_22005767.jpg
ハマヒサカキの小さな花もお気に入り・・・吸蜜に夢中です。
e0224357_22015029.jpg
この花はプロパンガスのような臭いで・・・・ガス漏れと勘違いするくらいです。
e0224357_22021952.jpg
真っ赤なランタナでも・・・
e0224357_22030071.jpg
開翅すると色のコントラストが魅力的です。
e0224357_22033177.jpg
周囲の灌木でも良く開翅していました。
e0224357_22035665.jpg
e0224357_22041546.jpg
e0224357_22051356.jpg

ムラサキシジミも意外と多いのですが、いつも低い位置に降りてくるとは限りません。
今回は風がなく「小春日和」だったためか沢山の個体が開翅してくれました。
吸蜜シーンもいろいろ撮影できたので良かったです。





-


by konty33 | 2017-11-28 21:24 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 24日
ムラサキツバメ開翅とムラサキシジミ集団越冬
12月18日
暖かな日差しに誘われて飛び出すムラサキツバメの様子を見に行きました。
e0224357_22293408.jpg
尾状突起がなかったり、擦れていたりと・・・なかなか綺麗な個体がいませんが・・・
こちらはまずまず綺麗な♀です。
e0224357_22304741.jpg
♂も綺麗な個体は少なく良い角度での撮影チャンスもありません。
それでもなんとか翅表が渋く青みがかってくれました。
e0224357_22322430.jpg
サザンカに来た個体は擦れており良い色が出ませんでした。
e0224357_22344436.jpg
越冬集団は場所が変わったり、小さくなったりしているようです。
暗い場所で2頭だけ撮影しましたが・・・・風が強くブレまくりです。
e0224357_22362575.jpg
ムラサキシジミの集団越冬場所を教えてもらったのでこちらも見に行きました。
ヤマモモの枯葉が集まった中に5頭いますが・・・・・
あそこっ・・・と言われてもムラサキシジミがいるとは気づきません。
少し高いところなので・・・いつものように柄の先にコンデジを取り付け撮影しました。
e0224357_22411447.jpg
縦になっている個体もあり、分かりにくいですね。
公園を一回りしてくると位置が少し変わったので・・・・少し近づいてもう一度撮影しました。
e0224357_22435943.jpg
ムラサキシジミの5頭並びは初めてでした。
この中から1頭だけ飛び出しましたが・・・見失い・・・開翅は撮影できませんでした。
風は多少あるものの日中は暖かだったのでとても気持ちよく過ごせました。




-



by konty33 | 2016-12-24 21:07 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2014年 12月 02日
ムラサキシジミの日向ぼっこ
11月23日
この日は午前中は所要があり午後から少しだけ近所のムラサキシジミの様子を見に行きました。
暖かな陽気ながら午後ともなると日向ぼっこする個体は見られませんでしたが・・・・
無理やり飛ばして数頭の個体に遊んでもらいました。
e0224357_2126631.jpg

ボロボロの個体のなかから綺麗な個体を選んで撮影しました。
e0224357_21271629.jpg

何処かへ飛んで行ってしまう個体もいますが、下の笹に降りてくれることもあります。
e0224357_21281473.jpg

e0224357_21282450.jpg

V字開翅してくれることもありました。
e0224357_21301924.jpg

そのうちに塒に帰っていきますが、塒のあるツバキの葉に静止したところです。
e0224357_21314913.jpg

こんな時期にもウラナミシジミの綺麗な個体が見られました。
e0224357_21324936.jpg



このところ忙しさもありフィールドに出ることが少なくなりました。
師走に入り急激に寒くなりムラサキ系の蝶の観察くらいしか楽しみがありませんね。

by konty33 | 2014-12-02 21:39 | シジミ類 | Trackback | Comments(4)
2013年 12月 08日
ムラサキツバメの大集団に大興奮
12月7日
家の近所では、ムラサキツバメの集団が見つからないので、早朝に家を抜け出し・・・・・東方面に高速を走らせました。
結果的に思わぬところでこれまでには見たことがないような集団を見つけることができました。
e0224357_23273959.jpg




まず朝に話をもどします。
1箇所目のポイントに到着するとすぐに3頭の集団が見つかりましたが・・・・双眼鏡でやっと確認出来るほど高いところした。
300mmで撮影し、約4分の1にトリミングしてあります。
e0224357_23363637.jpg

更に、次のポイントでは情報をお聞きし紫陽花の花に6頭が止まっているのを撮影しました。
e0224357_23403474.jpg

100mmマクロでアップを撮影すると・・・・6頭いるのが分かります。
e0224357_2339257.jpg

この周囲を探索しましたが見つからず、「暖蝶寒鳥」のごまさんと合流し教えて頂くことになりました。
次のポイントでは、2箇所のシュロの葉で集団を見ることができました。
まず、低めの位置に5頭の集団があり、屋根となる葉のない以下のような位置でした。
e0224357_23451737.jpg

集団を300mmで撮影するとこんな感じですが、陽が差し込み始めると飛び出して行きます。
e0224357_23463277.jpg

更に、5~6mくらいの場所には大きな集団がありました。
下から、300mmで撮影してトリミングしてもこの程度で上手く撮れません。
e0224357_2350581.jpg

そこで、新兵器?毎年使っていますが、柄を忘れて上州屋で急遽新調したので新兵器です。
玉の枝+コンデジのインターバルタイマーで撮影すると・・・・27,8頭の大集団だと分かりました。
e0224357_23533027.jpg

塒から飛び出してきたムラサキツバメも♂♀とも撮影することが出来ました。
e0224357_2356437.jpg

e0224357_23565680.jpg

序でにムラサキシジミも撮影出来ました。
e0224357_23573762.jpg

これで、十分満足していましたが・・・・次のポイントで更なる大集団を見つけてしまいました。
何気なく見上げたシロダモの5m以上ある葉から溢れそうな大きな集団です。
ところが、遠すぎて300mmではシャープな画像が撮れません。
e0224357_012283.jpg

そこで、木の真下から、玉の枝+コンデジで何回も撮影したのが、冒頭の写真です。
他にも角度を変えた2枚のピントが合っていましたので、掲載しておきます。
e0224357_044170.jpg

更に横からです。
e0224357_053457.jpg

途中で調達した柄が短かったので、ギリギリ背伸びして皆さんに指示して貰いながらやっと撮影できました。


これまで、見たことのない大集団に感激しました。
途中で調達した柄も役に立ち、皆さんのご協力により高さも克服出来た感じです。
地元の皆さんは、来春まで観察の楽しみがあり羨ましいです。
地元のごまさんをはじめ、Uさん、Kさんありがとうございました。

by konty33 | 2013-12-08 00:21 | シジミ類 | Trackback | Comments(24)
2013年 12月 02日
近所の公園でムラサキシジミとムラサキツバメ
12月1日
いよいよ師走に突入ですが、ムラサキ系が見たくて自宅近くの小さな公園に行ってみました。
大した成果はありませんが、毎年この時期になると何度か様子を見に通っています。

風も弱く日差しもまずまずですが、今年は初めてなので様子がわかりません。
ご神木を軽く刺激すると今年もムラサキシジミが何頭か飛び出したので一安心です。
e0224357_205207.jpg

運良く遊歩道沿いの植栽に降りてきてくれ、一度飛んでもまた近くに止まってくれました。
e0224357_2063282.jpg

もう一度飛ぶと今度は黄色に色づいた葉の上に静止してくれました。
e0224357_2082966.jpg

まだ、寒さでぼけているようなので、広角でも撮影出来るかな?とチャレンジしました。
e0224357_2094526.jpg

こんなにフレンドリーに遊んでくれることは滅多にありません。
その後は、木の上の方で静止する個体だけを暫く撮影しました。
e0224357_20115384.jpg

e0224357_20123049.jpg

そうこうしていると・・・・ムラサキツバメが飛んできて、遠目の2ショットです。(手前のボケたのがムラサキツバメ)
e0224357_20135341.jpg

ムラサキツバメは高い位置で開翅していたので、柄の先につけたコンデジで撮影を試みましたが久しぶりの為あまり上手く行きません。
e0224357_20214421.jpg

コンデジの設定を調整して、上を見上げると状況が一変・・・・・2頭が寄り添って静止していました。
e0224357_2024261.jpg

脚立に乗って撮影していると今度は葉陰に逃げ込んでしまいました。
短時間に凄まじくいろいろと状況が変わるので、思ったような開翅は撮影出来ませんでした。
e0224357_20273913.jpg

これが、越冬場所なのかは分かりませんが、1頭は横倒しとなり休眠モードになってしまいました。
朝の9時過ぎから観察をしましたが、この時まだ10時半前でした。・・・・これで本日終了です。


この日確認した5,6頭のムラサキシジミはいずれも♀でした。
また、ムラサキツバメも2頭とも♀のようでした。


時間がなかったので1時間ほどしか観察出来ませんでしたが・・・・・、
公園を散歩する人たちに「何をされているのですか?」と聞かれて答えるのも面倒になります。
脚立に乗ったり、長柄の棒を振り回したり、300mmで盗撮?する姿は不審者に見えたに違いありません。

by konty33 | 2013-12-02 20:52 | シジミ類 | Trackback | Comments(10)
2013年 11月 19日
青い翅表に魅せられて
11月16日
久しぶりに西の方に遠征しました。
今回の狙いは、青く輝く翅表の紋と翅裏の模様がとても魅力的な絶滅危惧Ⅱ類のルーミスシジミです。
この時期には、毎年一度は見たくなりますが、今回は例年と違う場所に行ってみました。
前日は雨でしたが、この日は好天に恵まれ暖かな日になりました。


現地に到着すると既に翔写真館の翔さんが上を見上げていらっしゃいました。
高い梢でチラチラしている個体はすぐに見られましたが、良い位置にはなかなか降りてきません。
待っていると・・・秋らしく紅葉した葉の上で静止してくれましたが、傷んだ翅が残念でした。
e0224357_219273.jpg

何回か下に生えるシダにも降りてきてくれました。
e0224357_21133822.jpg

e0224357_2114727.jpg

e0224357_21142164.jpg

シダとルーミスが合うかどうかは別にして、100mmマクロで撮影出来るチャンスです。
こんなチャンスが何回かありましたが、なんだかイメージと違う感じもします。


紅葉していないのが残念ですが、楓の木にも降りてくてくれました。
e0224357_21183871.jpg

降りてきたと言っても結構遠いです。
e0224357_21185482.jpg

e0224357_2119228.jpg


過去の経験では、アラカシの方がこのチョウには似合っているような気がしますが・・・・。
殆どが300mmでも厳しい距離で開翅するか、見上げるような木の上しか止まってくれません。
e0224357_21223263.jpg


この場所には、当然のようにムラサキシジミも沢山いて紛らわしいですが、こちらも開翅すると綺麗です。
e0224357_21252216.jpg



生息地は非常に遠いのに日帰りとなったので疲れましたが、このチョウを見ると疲れも眠気も飛びます。
少し傷んだ個体が多く欲を言えばきりがありませんが、初めての場所で見られたのはとても嬉しかったです。
翔さんには、このあとの撮影も含めて大変お世話になりました。
帰りに立ち寄った他の蝶は次回ご紹介します。

by konty33 | 2013-11-19 22:09 | シジミ類 | Trackback | Comments(10)