タグ:クロミドリシジミ ( 17 ) タグの人気記事

2018年 06月 27日
早朝からゼフ狙いで転戦
6月24日 
前週、ウラミスジが見られなかったので・・・時期遅れと知りながら再度確認に向かいました。
朝5時から雑木林を軽く叩きながら歩きます。
スレたミズイロオナガやウラナミアカが多い中、綺麗なクロミドリシジミ♀が降りてきました。
e0224357_21153285.jpg
♂もまだ比較的綺麗に見えます。
e0224357_21224514.jpg
ウラミスジの生息を確認するのが目的ですから・・・
開翅するまで待っている暇はありません。
ロストを何回か繰り返していましたが、遂にウラミスジシジミの証拠写真が撮れました。
e0224357_21245829.jpg
煤けた感じですが、生息が確認でき来年に繋がります。
e0224357_21265120.jpg
何回かウラミスジらしき個体も見ましたが未確認(ロスト)です。
高いところからベニシジミが降りて来ると・・・意外と紛らわしくて・・・
e0224357_21290449.jpg
草地ではヘリグロチャバネセセリもいました。(ストロボに少し反応しています)
e0224357_21303005.jpg
目的のウラミスジが確認できたので、
ジョウザンミドリシジミのテリ張に間に合うように次のポイントへ移動しました。
ところが、曇り空で気温が低いためか・・・8時を過ぎてもテリ張が見られません。
暫くすると周辺の高いところで卍が見られ始めたので・・・
低い場所で止まってくれる撮影ポイントへ戻ると・・・
e0224357_21312488.jpg
綺麗なジョウザンが2頭だけ近くに止っていました。
e0224357_21364754.jpg
とても綺麗な輝きですね。
e0224357_21380464.jpg
e0224357_21383996.jpg
まずまずの新鮮さでしたが、テリ張が弱く・・・
ちょっとした刺激が引き金となり木の上に飛んで行ってしまいました。




ウラミスジシジミがやっと確認できて早朝から頑張った甲斐がありました。
来年に繋がる生息確認なので、来年はピカピカ開翅を期待したいです。

ジョウザンは数日前から発生が確認されていたようですが、この日は弱いテリ張だけでした。
小雨が降ってもテリ張するくらいなのに・・・何が気に入らなかったのでしょうか。
チョウの気持ちはわかりませんね。




-


by konty33 | 2018-06-27 13:04 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 21日
クロミドリ最盛期・・・♂♀開翅
6月16日 
早朝に出発して到着した雑木林は曇っていました。
寒気が入って気温も低めで絶好のゼフィルス日和の予感です。
クヌギやコナラの林縁を探してクロミドリシジミの開翅を狙いました。
最初に降りてきたのは♀でした。
e0224357_21551990.jpg
下草に降りている個体は殆ど逃げられてしまいしたが・・・
気温が低めなので梢の個体も降りてきてくれました。
e0224357_21582424.jpg
クヌギのひこばえには♂が降りてきてくれました。
e0224357_22001967.jpg
空が明るくなると開翅してくれました。
e0224357_22020042.jpg
この個体は少しずつ向きを変えながら、翅を開いたり閉じたり良いモデルになってくれました。
e0224357_22235931.jpg
e0224357_22060491.jpg
e0224357_22065769.jpg
下草に降りた他の♂も開翅してくれました。
e0224357_22094350.jpg
e0224357_22112846.jpg
天気が回復し、日差しが強くなってからも♀は降りて来てくれました。
とても新鮮な個体が開翅もしてくれました。
e0224357_22152320.jpg
この日のもう一つの狙いであったウラミスジは全く見られず・・・
他にいたのは・・・いつものウラナミアカシジミでした。
e0224357_22191595.jpg
個体数も多く鮮度もまずまずでした。
e0224357_22194790.jpg
ミズイロオナガシジミの開翅は少しだけで全開にはなりませんでした。
e0224357_22210319.jpg
e0224357_22212878.jpg




この日は北の寒気が入り込み気温は低めだったことや
曇りから薄陽がさすゼフの開翅には最適でしたが、
ウラミスジが見られなかったことは残念でした。







by konty33 | 2018-06-21 22:02 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 13日
朝の散歩でゼフ5種を観察
6月9日 
地元を少し離れゼフ前線を北上?しました。
前夜からの雨の影響で早朝はやや雲が多く・・・その後急激に青空が広がる天気でした。
雲が多いうちにクヌギやコナラの林縁を狙います。
まず見られたのがミズイロオナガシジミです。
e0224357_08103205.jpg
翅の真ん中にある黒帯の太さに個性があります。
e0224357_08111528.jpg
だんだん細い黒帯に・・・・
e0224357_08121214.jpg
ウラナミアカシジミは今年も沢山見られました。
e0224357_08134539.jpg
日陰と日向では写真の色が全く変わります。
e0224357_08144908.jpg
例年より時期が早めなので新鮮な個体が見られると思っていたアカシジミは既にスレでした。
草が昨夜の雨か朝露で濡れているので下半身はビショビショです。
e0224357_08225621.jpg
ここでは初見のアイノミドリシジミ(A型)♀が少し高いところで開翅していました。
e0224357_08233048.jpg
最初クロミドリかと思いましたが、裏翅の赤斑紋や白線の特徴などをみると・・・アイノですね。
e0224357_08243700.jpg
本命のクロミドリシジミですが、まだ発生初期なのか少なすぎでした。
やっと降りてきた♂も前翅の先端がよれていて、開翅もせず飛び立ちました。
e0224357_08182340.jpg
こちらは♀ですね。
e0224357_08271963.jpg
この後移動した今年初めて行った場所ではクロミドリの新鮮な個体が見られました。
e0224357_08263580.jpg
e0224357_08285054.jpg
e0224357_08290238.jpg
この♀は羽化直の様子で翅表の小さな傷も見当たりません。
既に陽はサンサンと照り付けていましたが、良いモデルになってくれました。
e0224357_08303285.jpg
e0224357_08323805.jpg
e0224357_08332626.jpg




狙っていたクロミドリ♂の開翅はダメでしたが、5種のゼフを撮影できました。
特に思わぬところで見つけたクロミ♀の新鮮な個体には感激でした。
アイノはここでは初見でしたから、今後の楽しみが増えました。
この後、更に違う種を狙って移動しました。





-



by konty33 | 2018-06-13 21:23 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 28日
クロミドリシジミの開翅ほか
6月24日
早朝からクロミドリシジミの開翅を狙ってクヌギ林へ出かけました。
下草には水滴が少なく・・・薄曇りで・・・この種の撮影にはちょうど良い天気でした。
クヌギを軽くペシペシすると・・・・すぐに♂が飛び出し草地に降りてきました。
e0224357_22183101.jpg
暫くすると草の上に登り・・・・・
e0224357_22192098.jpg
また、暫くすると開翅してくれました。
e0224357_22201472.jpg
別の個体もすぐに降りて来て・・・暫くすると・・・・開翅しました。
上の写真の様に薄日がさしている状態と・・・下のように薄日もささない状態では色合いが変わります。
e0224357_22232181.jpg
小飛びして近くでまた開翅したので・・・・広角でも撮ってみました。
e0224357_22211560.jpg
♀も降りてきました。
e0224357_22241590.jpg
そして開翅・・・・残念ながらこちらは左前翅の先が羽化不全のようです。
e0224357_22254132.jpg
その後各種のゼフを撮影した後・・・・陽が高くなっても撮影機会がありました。
e0224357_22270627.jpg
この日は♂が圧倒的に多く、♀はこれからの様子でした。
e0224357_22291457.jpg
この日一番多かったのは、ウラナミアカシジミでした。
e0224357_21114438.jpg
ほとんどが新鮮で、今年は何処でも良く見ます。
e0224357_21124922.jpg
もう1カット載せておきます。
e0224357_21135383.jpg
同じくらい多かったのはミズイロオナガシジミでした。
e0224357_21155380.jpg
黒帯の太さが個体により多少変わります。
e0224357_21174162.jpg
最も多く見られたのが下の写真の太さでしょうか。
e0224357_21192488.jpg
黒帯の直線性にも個性があります。
e0224357_21205220.jpg




この日一番の狙いだった新鮮なクロミドリ♂の開翅が撮影できました。
ウラナミアカやミズイロオナガも新鮮で個体数もまずまずでした。
やはりこの時期の早朝はゼフの撮影が楽しいですね。

ご一緒いただいた皆さんありがとうございました。



-


by konty33 | 2017-06-28 22:05 | シジミ類 | Trackback | Comments(4)
2016年 06月 19日
早朝にゼフと遊ぶ
6月19日
そろそろクロミドリシジミの時期だと思いクヌギ林に向かいました。
下草にあまり夜露が降りておらず蒸し暑く感じるので、こんな日は下に降ろすのが苦手です。
クヌギの高い枝を叩くと次々飛び出してきますが、遠くに飛んで行ってしまいます。
やっと降りて来てくれた虎の子を撮影しました。
e0224357_22264382.jpg
日が当たり始めると開翅しました。
e0224357_22275436.jpg
新鮮なクロミドリシジミの♀です。
e0224357_22282071.jpg
クヌギの幼木にクロミドリを見つけました。
e0224357_22303253.jpg
ウラミスジシジミ
も降りて来てくれました。
e0224357_22330179.jpg
複数個体が降りてきましたが、日が当たっても開翅してくれませんでした。
e0224357_22341282.jpg
ミズイロオナガシジミも少ないながら見られました。
e0224357_22335449.jpg
ウラナミアカシジミはかなり多く見られました。
e0224357_22362589.jpg
ここではこれまで見たことのないキマダラモドキが複数見られました。
e0224357_22382606.jpg
ヘリグロチャバネセセリもひっそりと静止していました。
e0224357_22393216.jpg



予想通り大半をロストしましたが、新鮮なクロミドリ♀は時期の読みがドンピシャでした。
♂も降りてきましたが草の中に潜ってしまい今回は未撮影です。
ウラミスジも確実に見られるようで良かったですが、開翅の素振りもなく残念でした。



-




by konty33 | 2016-06-19 22:48 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 05月 23日
朝一のオオルリシジミ開翅など
5月15日
前の日の疲れが酷かったので、歩かなくてもいいオオルリシジミを見に行きました。
保護された場所なので許可を得て撮影させてもらう訳ですが、朝早すぎて観察者は誰もいません。
早速、草地を探すと1頭がクララの葉の上で開翅していましたが、・・・・逃げられてしまいました。
絵になるチャンスは逃しましたが、近くの草の上で再度開翅してくれました。
e0224357_21193784.jpg

その後も飛んでは開翅して・・・・の繰り返しでした。
e0224357_2129265.jpg

何故かクララの上では開翅してくれませんでした。
e0224357_2130655.jpg

吸蜜シーンはなかなか見られず・・・・こんなワンカットだけです。
e0224357_21305625.jpg

この時はぶら下がりから一生懸命に花に登りましたが、吸蜜していません。
e0224357_21323576.jpg

暫く撮影したところでモデルの個体を見失い、その後は高速で飛び回る個体しか見られず時間切れです。


次に予定したのはクロミドリシジミの終齢幼虫観察です。
昨年は沢山見つかりましたが、この日はたったの1つだけ・・・・・
e0224357_21371198.jpg

大きなクヌギの幹に降りていますが、2m以上の高さでした。
e0224357_21365866.jpg

ウメの仲間の木からオオミスジの幼虫も見つかりました。
e0224357_214047100.jpg

本当なら他にもオオムラサキをはじめ、各種ゼフの幼虫を見たいところでしたが、今回は時間切れで諦めました。



オオルリシジミは今年も綺麗な個体を見られましたがまだ個体は少な目でした。
予定していた最低限の種類の観察を終えましたが、時間が十分取れずどれも中途半端な感じです。
天気が良かったので、この時期に見ておきたい種の観察チャンスと考え早々に移動しました。
その結果は次回にします。



-

by konty33 | 2016-05-23 22:01 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 02月 21日
ラッキーなクロミ越冬卵探し
2月21日
昨日は一日雨でしたが、今日は綺麗な青空が広がりました。
ただ西高東低の気圧配置で風が強く落ち葉が舞い上がり埃が目に入ることも・・・・
久しぶりに朝暗い時間に出発し、まずはクロミドリシジミの越冬卵を探しました。
e0224357_21524629.jpg

クヌギの高いところに産卵するので例年は伐採木を探したりしますが・・・
今回は強風で折れて落ちた枝が多かったので、探してみるとすぐに見つかりました。
e0224357_21533227.jpg

これなら木に登る必要もなく苦労せず見つけることが出来す。
e0224357_21544975.jpg

普通は冬芽の付け根に産みますが、時々少し変わった場所からも見つかります。
e0224357_21555139.jpg

オリンパスTG-3は気軽にかなり拡大して写すことが出来ます。
e0224357_21565739.jpg

e0224357_2157776.jpg

下に落ちた枝を全て見終わったので、次にミズイロオナガシジミを探しました。
e0224357_2211128.jpg

e0224357_2212274.jpg

ミズイロオナガもやっと見つかったわけで、今年は数が少なく感じました。
オオミドリ、ウラナミアカ、ウラミスジも少し探しましたが見つけられませんでした。



クロミは落ちた枝からあちこちで見つけることが出来たのでラッキーだったと思います。
しかし、それ以外の種が不調だったのでもう一つ消化不良です。
日中の気温は比較的高めで、風が強くても寒く感じることもなく探索日和でした。





by konty33 | 2016-02-21 22:29 | | Trackback | Comments(2)
2015年 06月 22日
ダラダラ発生のゼフたち
6月7日
今年はアカシジミやウラナミアカシジミを何処へ行ってもよく見ます。
この日はクロミドリを探しても見られず・・・・・代わりに見つかったのはウラナミアカシジミでした。
e0224357_2142578.jpg

クヌギの幼木に静止していて、いいモデルになってくれました。
e0224357_215378.jpg

アカシジミは既に擦れているのに
この2種以外のゼフは何故か見られません。
e0224357_2172380.jpg



6月14日
次の週に同じ場所に行ってみると・・・・クロミドリシジミが1頭だけ上手く降りて来てくれました。
e0224357_2110387.jpg

半開翅してくれましたが、すぐに飛んで行ってしまいました。
e0224357_21111928.jpg

新鮮な♂なのは確認できましたが、何頭かロストしてしまいでこれだけです。
e0224357_21181325.jpg


次に見られたのがウラミスジシジミです。
e0224357_21193262.jpg

朝露が降りた草に静止したので開翅を待ちますが、飛んですぐ近くに静止しました。
e0224357_21203516.jpg

また飛んで草むらに静止しましたが、開翅することはありませんでした。
e0224357_21225753.jpg


ウラゴマダラシジミも見られましたが新鮮ではありません。
e0224357_21244719.jpg

少し移動して午後からメスアカミドリシジミを見に行きましたが、テリ張が高くて何ともなりませんでした。
e0224357_2125463.jpg



6月20日
クロミドリシジミなどを狙い3週連続で同じ場所へ行ってみました。
やっと♀が見られましたが数は少なく開翅もしてくれません。
e0224357_21303828.jpg

まだ♂の新鮮個体も見られました。
e0224357_21333635.jpg

開翅もしてくれましたが、日差しが強くてギラギラした感じがNGです。
e0224357_21342345.jpg

日差しを遮ると真黒になって全く感じが変わりますが背景が明るくNGです。
e0224357_2136632.jpg

この日はかなりの数の個体を確認できました。
e0224357_2138018.jpg

クヌギの葉の上で吸水している個体も見られました。
e0224357_21383689.jpg




珍しく3週連続して定点観察でした。
今年はミズイロオナガが少なくウラナミアカが多いのが印象的です。
6/20でもクロミドリは♂が多く、ピークはこれからかもしれません。
降りて来てくれても日差しが強すぎるためか開翅することなく飛んで行ってしまいます。
次回はウラミスジシジミをもう少し掲載予定です。

by konty33 | 2015-06-22 21:49 | シジミ類 | Trackback | Comments(4)
2015年 05月 24日
各種シジミチョウの幼虫探し
5月16日 つづき
幼虫探索の続きです。
この日のもともとの目的であったクロミドリシジミの終齢幼虫を探しました。
e0224357_167459.jpg

この時期はクヌギの大木の下の方に降りて来てくれるので、容易に見つかります。
e0224357_1673169.jpg

卵は産まないと思われる下の方の横枝にもいました。
e0224357_167515.jpg

コナラからはミズイロオナガシジミの幼虫が見つかりました。
e0224357_1653273.jpg

コナラから巣もないのにウラナミアカシジミの幼虫が見つかりました。
e0224357_16104662.jpg


クロツバラからはミヤマカラスシジミの幼虫が見つかりました。
e0224357_1612455.jpg

ひとつ見つかると次々に見つかりました。
e0224357_1613121.jpg




本来ならば、ウラミスジやアカシジミなども見つけたかったのですが、見つけられませんでした。
平野部では既にゼフの成虫が発生していますが、幼虫探しも楽しいものです。

by konty33 | 2015-05-24 16:31 | 幼虫 | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 01日
準備不足でも成果はそれなり?
2月28日 
急に予定が空いたので、山地性ゼフの越冬卵を探しに雪が残る山に出かけました。
山は積雪状況はよくわかりませんから行けるところまで・・・・相変わらずの無計画です。
下着はメリノウール、上着はダウンで寒さ対策はバッチリ??です。

第1目的地に到着したのは10時前で、まずはミズナラの枝の分岐部に産卵するエゾミドリシジミを探しました。
すぐに見つかったのですが・・・・・カメラを取り出し慌てました。
バッテリーマークが点滅しており・・・・これでは何のために出掛けたのか分かりません。
e0224357_2002587.jpg

慌てて出発したのでTG-3の電池が無くなりかけていたことも忘れていました。
バックアップのGRDはありますが、やはり拡大するにはTG-3が頼りです。
e0224357_2045583.jpg

枝の分岐部に産卵されているので枝が邪魔して拡大にも限界があります。
e0224357_2051461.jpg

バッテリーを気にして、サッと撮影しで画像チェックも最低限です。
それにしても1卵ずつばかりでエゾの卵塊が見つからずなかなか次にいけません。
やっと見つけたのも2卵だけ・・・・
e0224357_208375.jpg

これも拡大してもこの程度です。
e0224357_2092772.jpg

ウスイロオナガシジミも探しますが見つかりません。
やっと見つけても孵化卵でした。
e0224357_20132179.jpg

そんな中、卵塊では無かったですがやっと一つ見つけました。
e0224357_20151458.jpg

珍しく分岐部の下側のくぼみでした。
ノールックで適当に撮影した拡大画像ですが、ゴルフボールは確認できます。
e0224357_20172939.jpg

その他ジョウザンミドリも1つだ見つけました。
e0224357_2023578.jpg

適当に探したクルミの木からはオナガシジミの卵も見つかりました。
e0224357_20231554.jpg

TG-3のバッテリ-が心配だったのでGRDで撮りました。


積雪が多くこれ以上先に行くのは諦めて、帰りにクロミドリシジミの産地に立ち寄りました。
クロミドリは低い位置には産卵しないのでいつも伐採林で探します。
一か所だけ少し間引きするように伐採してある中に1本だけクヌギを見つけました。
既に日が傾きかけていたので時間との勝負ですが、・・・・ギリギリで1卵だけ見つけました。
e0224357_20315037.jpg

相当暗いですがLEDで撮影は何とかできました。
背景は枯草や落葉樹なのですが、暗いので青みがかるのですね。
e0224357_20341310.jpg

これを最後にバッテリー切れとなり、丁度時間となりました。


エゾに時間をとりすぎてアイノやメスアカなどは次回に期待ですが、ウスイロとクロミは幸運でした。

一日を通して風もなく日差しもあったので寒くはないですが、雪の上では足先が冷たく感じます。
それに雪が深いところでは1歩1歩が大変歩きにくいので断念することもありました。
雪山は花粉が無いと思っていましたが、花粉症の症状が・・・・苦しい~
何事も準備不足には気を付けたいですね。
もうすぐギフチョウのシーズンですが、次は何時出かけられるのか・・・・

by konty33 | 2015-03-01 20:45 | | Trackback | Comments(2)