タグ:キアゲハ ( 7 ) タグの人気記事

2018年 06月 11日
ミドリシジミの吸蜜と五目狙い
6月2日 続き
ハンノキがあればたいていミドリシジミがいるので、近くを周ってみました。
ネジキの花でしょうか、軽く叩いたらミドリシジミが沢山飛び出しました。
よく見ると吸蜜しているようです。
e0224357_21374188.jpg
e0224357_21380868.jpg
e0224357_21383686.jpg
e0224357_21423003.jpg
この花にはキタテハも集まっていました。
e0224357_21390591.jpg
e0224357_21395043.jpg
キタテハはいろいろな花で見かけました。
e0224357_21415899.jpg
クズの蔓の先にはキアゲハが静止していました。
e0224357_21410082.jpg
次の場所でもイソノキで吸蜜するミドリシジミが見られました。
咲いている花が少ないのですが・・・歩いて移動し・・・次の花で吸蜜・・・ 
e0224357_21433732.jpg
蕾を見ながら・・・花が咲くのを待っている様でした。
e0224357_21440152.jpg
ここでは少し綺麗に見える♂も・・・
e0224357_21445305.jpg

この花の周りにも止まっていました。

e0224357_21491799.jpg
近くではヒカゲチョウも多く見られました。
飛ぶと驚くような速さです。

e0224357_21461260.jpg





午前中はここまでとして、午後はまったく別の場所に移動しましたが・・・
大した成果もなく一日が終わりました。









-


by konty33 | 2018-06-11 09:51 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 06日
夏の終わりの高原
8月26日
高原では晩夏を感じさせる光景が広がります。
ついこの前まで目立たなかったワレモコウはそこら中に花を咲かせていました。
e0224357_22061308.jpg
ヒョウモン類はまだ沢山見られるものの・・・翅の傷みが進んでいました。
ウラギンスジヒョウモンミドリヒョウモンの2ショットです。
e0224357_22080112.jpg
撮影している間にもウラギンヒョウモンがメスグロヒョウモンに入れ替わり・・・
e0224357_22111267.jpg
ギンボシヒョウモン♀は比較的綺麗な個体も・・・・
e0224357_22145724.jpg
ボロのミドリヒョウモンはそこら中にいっぱいで・・・綺麗な個体を選びました。
e0224357_22172320.jpg
ここではこの時期、新鮮なキアゲハも多く見られます。
e0224357_22191323.jpg
e0224357_22204935.jpg
今年ジャノメチョウは少なめですが、まだ♀は綺麗でした。
e0224357_22462626.jpg
イチモンジチョウは人懐っこく纏わりついてきました。
e0224357_22492019.jpg
e0224357_22502541.jpg
ここでは初めてのアカセセリもいまいた。
e0224357_22531525.jpg



8月最後のフィールドは夏の終わりを感じさせる高原を楽しみました。
一日しかありませんでしたが、まずまずの天気に恵まれ良かったです。
9月ともなると今シーズンも終了が近づいて来た気がしますね。






-


by konty33 | 2017-09-06 22:58 | タテハ類 | Trackback | Comments(4)
2017年 08月 19日
場所を替えてムモンアカ
8月13日
今年は例年より遅くやっと夏季休暇に入りました。
その初日は朝から霧雨でしたが・・・傘をさしながらヤマキチョウの蛹のチェックです。
羽化直のぶら下りは見られず・・・狙いの山の上は雨・・・・雨を避けて移動となりました。
と言うことで・・急遽ムモンアカシジミからスタートです。
e0224357_21444949.jpg
ここでは新鮮な個体ばかりでした。
e0224357_21454177.jpg
笹の葉上の水滴が綺麗・・・
e0224357_21471261.jpg
タラの木の上でも静止・・・・
e0224357_21465660.jpg
e0224357_21534133.jpg
こんな朝一では吸蜜も交尾もみられません。
そこで飛翔を撮ろうとしたのですが・・・・・
e0224357_21544881.jpg
e0224357_22002541.jpg
自然にはなかなか飛ばず、飛ばそうと枝を揺すっても微動だにしません。
結局、このシーンのみでピンが甘く・・・・
広角も青空バックではないのでイマイチでした。
e0224357_21564285.jpg
ここではダイミョウセセリが新鮮でした。
e0224357_21574051.jpg
次の場所への移動途中でアカセセリを狙いましたが一瞬で見失い撮影できず・・・
やや擦れたヘリグロチャバネセセリだけは何とか撮影できました。
e0224357_21583380.jpg
キアゲハがアザミに吸蜜していましたが・・・・やや擦れ
e0224357_22021611.jpg
本来多いはずのヒョウモン達は曇り空の為かここでは飛びませんでした。


ムモンアカの吸蜜や交尾が撮りたかったのですが、朝一ですし天気にも勝てません。
今年の夏は雨が多く思うような計画が組めません。
今回も全く想定外の天気となり・・穴を埋めようがありませんでした。





-



by konty33 | 2017-08-19 19:30 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 20日
狙いのチョウに出会えず・・・
6月14日
例年出会える場所でアサマシジミが見つからず、居たと思ったら綺麗なルリシジミ♀でした。
e0224357_2157499.jpg

紛らわしいことにアサマシジミの食草(ナンテンハギ)に静止して、暫く待つと開翅してくれました。
e0224357_2157252.jpg

近くではスジグロシロチョウの交尾が見られました。
e0224357_2212266.jpg

交尾していても敏感で一度は高い木の上に逃げられましたが、
ゼフ下し作戦でブーメランのように草地に舞い戻って来ました。
♀を狙って他の♂も飛んできます。
e0224357_2251632.jpg

e0224357_2274496.jpg

早朝の草原ではキアゲハが寝ていて、近づくと翅を開いてくれました。
e0224357_22122872.jpg

e0224357_2293177.jpg



狙っていたチョウがいないときでも他のチョウ達が楽しませてくれました。
よく見られる3種のチョウですが、どれもゆっくり撮影するのは久しぶりです。
今年はアサマシジミになかなか出会えません。

by konty33 | 2015-06-20 22:25 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(4)
2013年 07月 14日
草原のアサマシジミとギンボシヒョウモンなど
7月7日
天気が目まぐるしく変化するので、朝は晴れていたのに行くところ行くところで雨に遭い散々でした。
本来の目的は見送りにせざるを得なくなり半日無駄になりましたが、昼前にやっと晴れた草原に到着しました。
先日も紹介したアサマシジミですが、この地にしては珍しく青が広がった個体に出会えました。
e0224357_20545786.jpg

上から撮影するとこんな感じで、青の広がりがなんとも魅力的です。
e0224357_2056567.jpg

通常の平均的なアサマシジミを比較のために載せておきます。
こちらも十分綺麗なのですが、比較すると青い輝きが足りません。
e0224357_20574436.jpg

地面の湿ったところでは、吸水しているシーンも見られました。
e0224357_20581069.jpg

この草原では、各種のヒョウモン類も飛んでいましたが、ギンボシヒョウモンの交尾が見られました。
e0224357_2174212.jpg

草原の繁みから驚いて飛んだと思ったら風に乗ってかなり遠くに行ってしまいました。
着地地点付近を慎重に探したら、草原の端にあるカシワの木に静止していました。
e0224357_2101541.jpg

更に、白樺の幹に移りましたが、風が強く必死になって掴まっていました。
e0224357_219947.jpg

途中で見つけたそれ以外の蝶です。アカツメクサに綺麗なキアゲハが吸蜜していました。
e0224357_2115047.jpg

オカトラノオではキバネセセリが吸蜜していました。
e0224357_21172395.jpg



本来の目的地が雨だったので、予定が狂ってしまいました。
しかし、その代わりに青の綺麗なアサマシジミやギンボシヒョウモンの交尾に出会えました。
この後、また次の狙いの地に移動しました。

by konty33 | 2013-07-14 21:29 | シジミ類 | Trackback | Comments(10)
2012年 08月 30日
ヤマキチョウの♀を求めて
8月26日
前週もヤマキチョウを撮影しましたが、個体が少なかったので雌♀は十分に観察できませんでした。
そこで、今回は個体数の確認に加えて、♀の撮影を目的にヤマキチョウを探して歩きました。
いつもよく見られるポイントを丹念に探しますが見あたらず、少し違うところで♀を見つけることができました。
e0224357_2132884.jpg

この♀は、明らかにアザミに吸蜜したがっており、離れる様子もなくすぐに戻ってきました。
e0224357_2132473.jpg

例によって、逆光狙いの同じような写真の量産です。
e0224357_21334568.jpg

近寄れる時は、思いっきり近寄ってみました。
e0224357_21343040.jpg

これだけ近寄れると広角でも行けそうです。
e0224357_2135547.jpg

写真が、全部チョウの右側からの撮影ですが、左後翅下部が少し傷んでいたのでこうなりました。
e0224357_21361129.jpg

この個体が良いモデルになってくれましたので、満足してしまいました。
しかし、個体数の確認のためもう少し頑張って探索すると更に1♀2♂を確認できました。
歩き回って花の近くに行って確認しないと吸蜜が長いので飛翔を待っていても見つかる確率は低いようです。

ヒョウモン類は、随分と翅の傷みが激しくなり、個体数も少ないようでした。
しかし、日陰では新鮮なキアゲハも吸蜜しており、カラスアゲハも見られました。
e0224357_21465263.jpg

この場所ではスジボソヤマキチョウを見かけたことはありませんが、少し離れたところでは見られます。
面白いですね。棲み分けしているかの様でした。
e0224357_21532011.jpg



2時間程度の探索でしたが、なんとか複数のヤマキチョウに出会えたので良かったです。
あとは、この地の発生木の確認など課題は残りますが、この広さで探すのは難かしそうです。

by konty33 | 2012-08-30 22:03 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(6)
2011年 10月 02日
神戸観光の合間に蝶を探す  
9月30日
家内と一緒に1泊で神戸観光に行って来ました。
1日目はベイエリアと南京町に行きましたが天気が悪かったので蝶は見られませんでした。
代わりにハロウィーンのカボチャさん達を写しました。
e0224357_21272755.jpg

10月1日
2日目は、晴れ間も見られ涼しく気持ちの良い朝でした。まずは、ホテルから北野の異人館街へ歩きました。
イノシシの鼻を触ると幸せになるとか・・・・。(うろこの家にて)
e0224357_23303834.jpg

観光の合間についつい目にとまってしまう可愛い蝶たちを撮影せずにはいられません。
北野の異人館街で見かけたアオスジアゲハです。
e0224357_21175817.jpg

アオスジアゲハは街のあちらこちらでよく見られ、元町近くのちょっとした花壇にも吸蜜に来ます。
e0224357_21203695.jpg

どれも花壇の花で、それぞれ場所が違います。
e0224357_2121433.jpg

ヒメアカタテハも町中で普通に見られるんですね。
e0224357_21362292.jpg

この時期、山の手の街のあちこちでは、どこからともなくキンモクセイの良い香りが漂ってきます。
e0224357_22492131.jpg

キンモクセイがあればギンモクセイもありました。香りは同じです。
e0224357_22521774.jpg


六甲山が迫った住宅街でキアゲハの綺麗な個体が何頭か飛んでいました。
e0224357_21385162.jpg

e0224357_21454050.jpg

e0224357_21495492.jpg

この付近では、ナガサキアゲハやクロアゲハも綺麗な個体が飛んでいましたが撮影は出来ませんでした。
観光の合間の短時間では思ったようにはいきません。
クロマダラソテツシジミのポイントを教えていただき少しだけ探しましたが、残念ながら見つかりませんでした。


最後に旅の思い出を少しだけ紹介します。まずは、異人館の室内で撮影したものをまとめてみました。
e0224357_23345780.jpg

神戸港のモザイクでは、大八車の車輪をイメージする椅子が目にとまりました。
e0224357_2337172.jpg

蝶や自然を紹介するブログなので、旅の思い出はこれくらいにしておきます。

by konty33 | 2011-10-02 23:40 | Trackback | Comments(6)