2018年 07月 17日
ハヤシミドリ開翅ほか
7月1日 
いよいよ夏の始まりですね。
場所を替えて・・・この日も早朝からハヤシミドリシジミの開翅を狙いました。
まずはカシワの葉の静止個体です。
e0224357_21411813.jpg
降りて来た個体は多かったのですが・・・
e0224357_21425395.jpg
開翅するのを待ってもなかなか開いてくれません。
やっとのことでV字開翅・・・
e0224357_21442585.jpg
現地でお世話になった方がマジックライト?を使用して開翅を試みると・・・・
4枚が輝くには至りませんでしたが・・・・ほぼ全開に・・・綺麗です。
e0224357_21460710.jpg
♀もマジックライトのパワーで開翅してくれました。
e0224357_21473021.jpg
ハヤシミドリに交じってエゾミドリシジミもいました。
e0224357_21482655.jpg
ウラミスジやウラジロも期待しましたがこの日は運悪く見られず・・・
替りにクロシジミを撮影しておきました。
e0224357_21503935.jpg
♀も1カットだけ・・・
e0224357_21502441.jpg
早朝のひと仕事を終えて・・・
次に立ち寄った場所ではジョウザンミドリシジミのテリ張時間でした。
e0224357_21522739.jpg
林道沿いの良い高さでテリ張が見られました。
e0224357_21524336.jpg
日差しが強すぎる為か、V字開翅が多いのですが・・・
片手で日陰を作って無理やり全開翅になったところを・・・
手をどかすと同時にシャッターを押しました。
e0224357_21530868.jpg
地面で吸水している個体も・・・
e0224357_21535411.jpg
ここではウラクロシジミも見られましたが・・・遠くて豆粒なので・・・
思いっきりトリミングしてあります。
e0224357_22132124.jpg


天気が良すぎても大変なのですが、今回はゼフ日和だったようです。
皆さまのお蔭でハヤシの開翅が久しぶりに撮影できました。
それでも前夜の大雨の影響か、ウラミスジやウラジロが見られなかったのが残念でした。
現地でご一緒した皆さんありがとうございました。
来年も宜しくお願いします。





-



# by konty33 | 2018-07-17 22:21 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 11日
キマダラルリツバメ♂のテリ張と♀の佇み
6月30日 続き 
この日は早朝から夕方まで各地に移動しましたが、締めくくりはキマダラルリツバメです。
しかし、この日は夕方の♂のテリ張だけでなく、♀の姿を探しました。
まず見つけたのはテリ張ではない♂でした。
e0224357_22291123.jpg
その後は♀が続けて見つかりました。
e0224357_22292521.jpg
e0224357_22293747.jpg

同じ個体をアップで・・・
e0224357_22295698.jpg
どれも尾状突起が綺麗に4つ揃った新鮮な個体に見えます。
e0224357_22300525.jpg
♂のテリ張時間には違う場所へ行ってみました。
e0224357_22372471.jpg
スレ個体が多い中、綺麗そうな個体に絞って・・・
e0224357_22382911.jpg
陽が差さないと蒼が輝きませんが、下草に降りて来てくれました。
e0224357_22392710.jpg
e0224357_22401473.jpg
この場所でテリ張が始まる前に、イチモンジチョウの終齢幼虫(5齢)が2つ見つかりました。
e0224357_22412265.jpg
e0224357_22413926.jpg
e0224357_22415721.jpg


この日は早朝から夕方まで思いっきり楽しめました。
新鮮な個体との出会いを楽しみにキマルリ探しは来年も続きます。






-


# by konty33 | 2018-07-11 07:56 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2018年 07月 09日
ジリジリ暑い高原にて
6月30日 続き 
朝のゼフ観察の後はコヒョウモンモドキを狙って高原に移動しました。
以前沢山いた場所では見られず、少し離れた草地に少しだけいました。
e0224357_20365008.jpg
ここではヒメジョオンがお気に入りのようです。
この黒っぽいのは♀です。
e0224357_20383739.jpg

こちらは♂です。
e0224357_20385403.jpg
翅裏の模様が綺麗です。
e0224357_20394130.jpg

求愛らしき行動も見られたのですが・・・交尾には至りませんでした。
e0224357_20425745.jpg

ヒョウモンチョウも久しぶりに見ることが出来ました。
e0224357_20441323.jpg

e0224357_20443888.jpg
クガイソウにはウラギンヒョウモンが吸蜜していました。
e0224357_20450784.jpg
ウツボグサにとレンジに輝くコキマダラセセリの組み合わせは夏らい印象です。
e0224357_20523291.jpg
草原を歩いているとコキマダラセセリの交尾が見つかりました。
e0224357_20544545.jpg
コチャバネセセリは黒くて小さい印象です。
e0224357_22060937.jpg



コヒョウモンモドキの数は少な目でしたが、今年も生息が確認できました。
天気も完全に回復しジリジリした日差しが梅雨明けを感じましたが・・・
もう少し梅雨が続かないとアッと言う間に蝶の季節が終わってしまいそうです。




-


# by konty33 | 2018-07-09 21:48 | タテハ類 | Trackback | Comments(2)
2018年 07月 05日
ゼフ開翅ぜず
6月30日 
関東甲信越では梅雨明けだとか・・・・少し早い判断ではないかとの思いも・・・
何とか晴れ間もみられそうなので早朝からゼフ探し・・・・・
今回はカシワの疎林でハヤシミドリシジミが狙いです。
e0224357_22300108.jpg
次々降りてきますが、半分以上はロストです。
しかも草地を歩くとすぐにビショビショに・・・
e0224357_22311817.jpg
エゾやジョウザンっぽい感じのも混じっているような・・・
e0224357_22330879.jpg
空が十分明るくなっても開翅はしてくれません。
e0224357_22342999.jpg
e0224357_22360296.jpg
やっと日差しが出て来て・・・少しだけ開翅も・・全開ならず、飛び去る
e0224357_22371617.jpg
その後も開翅は見られずでした。
e0224357_22374079.jpg
ジョウザンのテリ張時間になりましたが、無視してウラミスジシジミを狙って探しました。
すると1頭のらしい個体が降りてきて・・・・探し回ると・・・いました。
e0224357_22400402.jpg
新鮮な個体でしたが、他の個体はロストしました。
その後も同じような感じが続き・・・タイムアップとなりました。
e0224357_22412208.jpg
オレンジが鮮やかなコキマダラセセリも見られ、夏らしくなってきました。
e0224357_22444273.jpg

カッパのズボンを穿いての探索でしたが、急斜面と草の高さに苦戦を強いられました。
開翅するまで待てずに次を探すのも作戦ミスでした。
気温が高めだったこともあり、♀は降りて来ても♂は平行移動が多く、
仮に降りて来ても敏感に飛び去ることが多く対策が必要です。




-



# by konty33 | 2018-07-05 22:49 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2018年 07月 02日
メスアカのテリ張とクロツの交尾
6月24日 続き
オオミドリの交尾の発見で予定より時間が押していました。
この日の夜は用事があったので、タイムリミットが迫っていました。
しかし、メスアカミドリシジミのテリ張を見ない訳には行きません。

と言うことで・・・急いでポイントを移動しました。
現地に到着すると2頭が近くでテリ張していました。
e0224357_22571668.jpg
少し高いところから低いところまで色々と静止場所が変わります。
e0224357_22584905.jpg
カンカン照りになったのであまりV字開翅が多いです。
e0224357_22594671.jpg
枝を引っ張り降ろして上から撮影しました。
e0224357_23004552.jpg
後翅まで光る写真はなかなか撮れず、これが限界でした。
少し後翅が欠けていて残念です。
e0224357_23013635.jpg
e0224357_23030852.jpg



皆さんにき協力していただき何とかカメラに収めました。
この個体は少し擦れていましたが、もう1頭は綺麗そうに見えました。
タイムリミットが迫ってきたので、後ろ髪を引かれながら帰途につきました。


帰り道で・・・ナビの到着時間を見ると多少時間がありそうなので・・・
クロツバメの生息地に道草しました。
e0224357_23103871.jpg
羽化直で翅が固まっていない個体も見つかりました。
e0224357_23115616.jpg
すると♂が飛んで来て求愛に・・・
e0224357_23123974.jpg
直ぐに交尾成立です。
右の♀は翅がヨレヨレでピンと立ちません。
e0224357_23131452.jpg
e0224357_23134776.jpg



ほんの2,3分様子を見るつもりでしたが、15分くらいの嬉しいタイムロスとなりました。
計画通りに帰れるか心配でしたが、予定の10分前に帰宅することが出来ました。



-




# by konty33 | 2018-07-02 13:00 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)