2018年 09月 28日
セセリの蛹や幼虫探しも楽しい
9月23日
気持ちよく晴れたので県内西部の各地を周りました。
この日の狙いは、各種の蛹を探すことでした。
草地の横を歩いているときイネ科の草の食痕が気になりました。
見てみるとチャバネセセリの終齢幼虫が食事中でした。
e0224357_20580307.jpg
e0224357_21575492.jpg
少し草に触れたら、食事をやめてバックで巣に戻ってしまいました。
完全な巣にはなっていませんが、少しだけ糸で括られていました。
この大きさになると葉を完全に丸める為の幅が足りない事もありますが…
巣を作らず静止していることもある様ですね。
e0224357_20594497.jpg
それらしき蛹も見つかりました。
恐らくチャバネセセリだと思います。
e0224357_21021911.jpg
もう一つ見つけた幼虫は黒く色が変わっていました。
お尻の糸しかついていませんでしたが、クネクネ動いていたので、
死んでいる訳ではなく、羽化が近いようです。
e0224357_21035663.jpg
次に見つけたのはイチモンジセセリの終齢幼虫です。
3枚くらいの葉を括っていたので覗いてみると・・・・・頭が見えました。
e0224357_21071975.jpg
葉をめくってみると・・・・
まるまると太った幼虫でした。
e0224357_21083102.jpg
食痕は凄まじく・・・こんな感じです。
まさに・・・この葉の重なった部分が巣で、その中に隠れていました。
e0224357_21091217.jpg
イナゴ達もこの葉を食べるので・・食痕だけで見分けるのは紛らわしいです。
e0224357_21134128.jpg
しかし、小さな幼虫は下のような葉を巻いて巣を作るので分かります。
e0224357_21150347.jpg
巻いた部分を広げると・・・・1cmにも満たない幼虫が・・・・・・チャバネセセリでしょうか。
e0224357_21154411.jpg
次々と・・・
成長とともに頭の色は変化しますから・・・
私には正確に種類を見分けられません。
e0224357_21171830.jpg
こんな巣が道沿いだけでも沢山ありましたが、殆ど空っぽでした。
e0224357_21191435.jpg
最後に途中で見つけた卵も掲載しておきます。
恐らくチャバネセセリの卵と思われます。
e0224357_21592209.jpg
こちらはイチモンジセセリでしょうか。
e0224357_22000782.jpg



こんな感じで幼虫や卵、蛹は見つかりましたが、セセリ以外の成虫は何も飛ばず・・・・。
次はいよいよ本命の蛹を探しに移動しました。




-


# by konty33 | 2018-09-28 06:04 | | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 26日
クロコノマチョウの幼虫 その後
9月16日 つづき
夕方は自宅近くのクロコノマチョウの幼虫を確認に行きました。
前回訪れたのは・・・8月中旬でしたが、卵と羽化直後の幼虫でした。
今回はどれくらい大きくなっているのでしょうか?
周りの草丈が伸びたり、一番幼虫が多かった食草のジュズダマが刈られたりと環境が変わっていました。
e0224357_21412077.jpg
それでも草刈りをしていない草地では・・・・・
ジュズダマは腰丈から背丈以上の高さになっており、食痕のある葉の裏に大きな幼虫が・・・・
葉をめくると直ぐに見つかります。
e0224357_21433851.jpg
殆どが終齢幼虫のようです。
e0224357_21444326.jpg
葉裏に静止しているので片手で葉をめくり片手で撮影していますが・・・
めくらずに自然のままに撮ってみました。
e0224357_21460602.jpg
この幼虫は顔を観察するのが楽しみです。
e0224357_21473189.jpg
顔(正式には頭?)の模様の違いも比較してみましょう。
今回は薄暗かったのでブレてしまいましたが・・・
いろいろな模様があるのに感心させられます。
e0224357_21485080.jpg
卵の時は沢山ありましたが、終齢幼虫は8頭しか見つかりませんでした。
周辺を広く探せばもっと見つかるでしょうが・・・・
道にマムシが出てきたので・・・ぬかるみや草深い場所には行きたくなくまりました。


偶然見つかったタマムシは久しぶりの出会いでした。
e0224357_21534229.jpg
畑の片隅に咲いていた百日草には、ボロのナガサキアゲハが・・・・
この谷間には陽が差さない時間だったので、すぐに居なくなりました。
e0224357_22114957.jpg





クロコノマは10月に入ると秋型の成虫が見られると思います。
ただ、この場所は草が深くて成虫観察には適しません。
違う場所も含めて成虫観察を楽しみにしています。






-




# by konty33 | 2018-09-26 18:39 | 幼虫 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 24日
河原で五目狙い
9月16日 つづき 
ツマグロキチョウを探す合間に見たチョウの五目撮りです。
この日は天気が良かったせいか、いろいろなチョウを見ることが出来ました。
ヒメアカタテハが河原の花で吸蜜していました。
e0224357_22201852.jpg
e0224357_22214549.jpg
いつもと違う場所でもミヤマシジミを見ることが出来ました。
e0224357_22225644.jpg
e0224357_22231902.jpg
キタテハはあちらこちらで見られました。
e0224357_22243297.jpg
コムラサキは極端に少なくやっとクロコムラサキに出会えました。
e0224357_22264943.jpg
e0224357_22272306.jpg
後ろから見ると全く翅表が光りませんね。
e0224357_22280251.jpg
イチモンジセセリに交じってチャバネセセリが見られました。
e0224357_22294434.jpg



とにかく今年の河原はコムラサキが少ない気がします。
高いところを飛ぶ数も極端に少なく、いつもの場所では見られないことも・・・
ウラナミシジミやウラギンシジミも少なく感じましたので
引き続き経過観察したいと思います。




-


# by konty33 | 2018-09-24 12:12 | 五目チョウ | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 20日
ツマグロキチョウの交尾と幼虫
9月16日 
秋雨前線が影響し雨が多い週でしたが、この日は天気が回復しそう・・・と言うことで・・・
県内西部の河原のあちらこちらを見て周りました。
前回は河川の増水もあり見つけられなかったツマグロキチョウですが・・・・
そろそろ秋型が発生しているかと思い探しました。
e0224357_21443261.jpg
1頭だけですが・・・小飛びして・・・・
フタバムグラやツルマメのような小さな花を見つけて吸蜜していきます。
e0224357_21455652.jpg
逆光を狙って撮影しました。
e0224357_21470316.jpg
e0224357_21561244.jpg
暫く良いモデルになってくれました。
e0224357_21481857.jpg
珍しく食草のケツメイに静止しました。
e0224357_21490895.jpg
他の場所では夏型が交尾していました。
e0224357_21512450.jpg
100mmマクロで逆光になったところを・・・・・。
e0224357_21524600.jpg
何回か飛んでケツメイに静止しました。
e0224357_21540944.jpg
広角で周りの雰囲気を・・・・
e0224357_21550097.jpg
因みにキタキチョウの交尾も見つかりました。
凄く敏感で飛びまわり撮影には苦労しました。
e0224357_22110809.jpg
ケツメイに食痕があったので幼虫を探してみると・・・・
e0224357_21574919.jpg
この幼虫は食事中でした。
e0224357_21582190.jpg
幼虫の写真を後でよく見ると・・・・横に小さな幼虫もいました。
e0224357_22003750.jpg
e0224357_22133463.jpg
幼虫は沢山見つかりましたが、蛹は見つかりませんでした。




これから10月に掛けて個体数も増えるはずです。
秋型の交尾も見てみたいし・・・・
他のシチュエーションも見てみたいし・・・・・
他の生息地も確認したい・・・・と思います。





-




# by konty33 | 2018-09-20 21:39 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(2)
2018年 09月 18日
増水の河原でチョウを探せ
9月9日 つづき
このところの雨で川は増水し河原の環境も変貌しており・・・・・
コムラサキやツマグロキチョウを探しましたが見つかりません。
仕方なく、クズの花を食すウラギンシジミの幼虫を探しました。
e0224357_22145379.jpg
この花にいる幼虫が分かるでしょうか?
アップにしてみましょう。
e0224357_22162481.jpg
今年はクズの花の開花が遅れているせいか・・・
ウラギンシジミやウラナミシジミの成虫が殆ど見られませんでした。

クズの葉の上ではツバメシジミが交尾していました。
e0224357_22185532.jpg
少し飛んで移動しましたので青空バックの写真が撮れました。
e0224357_23023938.jpg
夕方はミヤマシジミの様子を見に行きました。
成虫は♂も♀も確認できましたが、活動時間終了間近です。
e0224357_23055018.jpg
e0224357_23042286.jpg
成虫は適当にして・・・・この日の狙いは幼虫の探索です。
e0224357_23064455.jpg
e0224357_23071588.jpg
花を食べるものがいれば、葉を食べるものもいます。
e0224357_23075722.jpg
いづれもアリが必ず周りにいるので探しやすいです。
e0224357_23092074.jpg
そう言えば、今年はミヤマシジミの卵を見ていません。
成虫の活動は終了間際なので・・・今からでは産卵行動を確認できず・・・
もう少し河原が涼しくなったころに・・・卵探しも良いかなと思っています。



土手の草むらに沢山の擦れたイチモンジセセリが飛んでいましたが、
その中にチャバネセセリの綺麗な個体が混じっていました。
e0224357_23135432.jpg
e0224357_23142564.jpg




増水の影響だけでなく、河原の環境も毎年少しずつ変化しています。
木は減るばかりで、球場や人工的な広場が増えたり、荒れ地も画一化されて
チョウの生息環境が悪化している印象です。




-


# by konty33 | 2018-09-18 21:41 | 幼虫 | Trackback | Comments(0)