2012年 02月 12日
コムラサキの越冬幼虫探し
2月12日
天気は良く日中の気温は比較的高いはずですが、西風が強くとても寒い日でした。
午前中に雑用を片づけられたので、午後は浜松の河川敷のヤナギでコムラサキの幼虫を探してみることにしました。
河川敷にはヤナギが多く夏場には何処でもコムラサキが飛んでいますが、越冬幼虫探しは初めてです。
e0224357_225172.jpg


1時間も探したのに見つかりません。特徴は分かっているつもりですが・・・・・。
昨年、秋の台風の後、コムラサキの数が急激に減少したのでそのせいかも知れません。
比較的大きいわりに樹皮の凹凸が少ない木があったので、シワの寄ったところを丹念に探してみるとやっと見つかりました。
e0224357_22132323.jpg

赤い矢印の先の凹みに居ますが分かりますか?もう少しアップにしてみます。
e0224357_22142930.jpg

同系色で凹みに隠れているので老眼では見つけるのは大変ですね。
e0224357_22154065.jpg

アップにすると大きく見えますが、体長は1cm弱です。これでも3齢幼虫でしょうか。

この木はきっと他にも居るに違いないと探してみるともう一つ見つかりました。
e0224357_22212783.jpg

この場所は少し高く地上から2m付近でしょうか。枝の分かれ目の凹凸部分でした。これも体長1cm程度です。
e0224357_2222486.jpg



結局、1時間半の探索で2つ見つかっただけですが、寒いので撤収しました。
画像としては地味でつまらない物ですが、初めてのコムラサキ幼虫探索は無事終了です。

# by konty33 | 2012-02-12 23:02 | 幼虫 | Trackback | Comments(12)
2012年 02月 05日
庭のジャコウアゲハの蛹たち
2月5日
比較的暖かな静岡ですが、氷が張ったり、雪が降ったり、今週は、連日とても寒い日が続きました。
2月2日の朝は海岸近くの自宅でも車の上などは雪で白くなりました。
e0224357_2114836.jpg


さて、ミドリシジミに続いてゼフの卵を探して静岡県内中部を探索しましたが、成果がありません。
そこで、今日は自宅の庭でジャコウアゲハの蛹の数を数えてみることにしました。
まずは、昨年も同じ場所で蛹が観られた玄関前の柱の上です。(蛹1)
e0224357_2145492.jpg

家の基礎のコンクリートに今年も付いていました。(蛹2)
e0224357_218625.jpg

玄関横のラティスにも毎年蛹をつくります。(蛹3) 向こう側に芋切り干しが干してありました。
e0224357_21111065.jpg

犬小屋の上を覆う鉄パイプの端にもありました。(蛹4)
e0224357_21125097.jpg

犬小屋の屋根の下にもついていました。画面右上です。(蛹5)  ここは昨年夏の抜け殻が3つありました。
e0224357_211648100.jpg

西側の外壁の下でも見つかりました。(蛹6)  ここは気温が上がらないので毎年羽化が遅れます。
e0224357_21181128.jpg

立てかけてあった板の裏にも冷たい西風を避けるようにありました。(蛹7)
e0224357_21201821.jpg

庭の隅に転がっていたボロのサッカーボールにも蛹が見つかりました。サッカーボールは初めてです。(蛹8)
犬(ショコラ)も興味がある?ようです。
e0224357_2122565.jpg

犬小屋の後のラティスの隙間(約15cm)にもありましたが、カメラを隙間に突っ込んで感で撮りました。(蛹9)
e0224357_21511441.jpg

全部で9個の蛹を見つけることが出来ましたがいずれも人工物です。
狭い庭ですが自生するウマノスズクサで発生したものです。
毎年秋には食草を全て食べ尽くし終齢幼虫が庭のあちこちを這い回っており、これらが蛹になったものです。
蛹の色が明るい茶色系と少し灰色系の2種類ありますが、何が違って色が変わるのでしょうか。
羽化するのは、もう少し先の4月中旬ごろでしょう。

今回の撮影に使用したのはリコーGR Digital Ⅳですが、”虫林さん” が紹介されたフィルムケースディフュザーを試してみました。
e0224357_2145762.jpg

逆光や暗がりで殆ど全てストロボを使用していますが、良い感じではないでしょうか?

# by konty33 | 2012-02-05 22:39 | | Trackback | Comments(9)
2012年 01月 30日
ミドリシジミの卵観察
1月29日
前回、ウラゴマダラシジミの卵を見つけてから、昔を思い出してゼフの卵を探してみたくなりました。
自宅近くで見つかりそうなのは、ミドリシジミやオオミドリシジミなのですが、簡単には見つかりませんでした。
そこで、今回はお隣の愛知県まで出かけてミドリシジミの卵を探してみました。

気温は5℃程度で寒いですが、天気も良く風も弱めなのでそれほど寒く感じません。ハンノキ林はこんな感じです。
比較的若い木が多いですが、このくらいの木の方が見つけやすいです。
e0224357_20135811.jpg

探し始めてすぐに見つかりましたが1~3卵ばかりです。しかも寄生蜂にやられた卵が目に付きました。
e0224357_205828.jpg

e0224357_2071887.jpg

見つかった木に印をして、後で産卵する木の条件を考えてみましたがこれと言った共通点がありません。
沢山のハンノキの中でも太さとか樹皮の様子で産卵に適した木があるのでしょうか?
古い卵塊は適当に撮影したので良い画像がありませんが、沢山見つかりました。
e0224357_2012060.jpg

もっと大きな卵塊がないかと探していると20卵以上のものも見つかりました。
e0224357_2016377.jpg

三脚にデジイチを取り付けて撮影するのですが、穏やかな風でも木が揺れて意外とピントがズレてしまいます。
アップで撮影するとこんな感じですが、もう一つピントが甘そうです。
e0224357_20415631.jpg


ハンノキ林にはこんな住人もいました。寒い冬でも枯葉に擬態したアカエグリバ?がいるのですね。
文字通り葉っぱが、えぐれたような形をしているのですが、顔つきも面白く見入ってしまいました。
e0224357_20204390.jpg


ミドリシジミの卵探しは30年以上ぶりでしたが、見つかってホッとしました。
今回は片道2時間も掛けてこれだけですが、久しぶりにフィールドで撮影した感じで満足しています。
蝶が飛ぶようになる春まで、もう少しゼフの卵探して見たいと思います。

# by konty33 | 2012-01-30 20:57 | | Trackback | Comments(4)
2012年 01月 23日
近所の散策 ムラツとウラゴマ
1月22日
この週は静岡中部では山沿いで雪が少し積もりました。雪が降ることは年に何回もあることではありません。
寒い日が続いた後、雨が続きましたが、この日は徐々に雲がとれ午後は久しぶりの晴天でとても暖かくなりました。
風もなく気温は14℃ほどだったと思いますが、日溜まりでは上着を必要としませんでした。

そこで、シュロのムラサキツバメの集団がどうなったか見に行ってみました。
12月にもご紹介しましたが、その時より1頭減ったものの7頭の集団が確認できました。
e0224357_20465923.jpg

暖かなので体を立てて起きているようですが、集団から飛び出して開翅する個体は見られませんでした。
この集団は足場の悪い場所の地上から約4mのところにあり、釣り用の玉の柄の先にコンデジを取り付けていますが・・・・。
e0224357_20515225.jpg

これだけ高い位置だと被写体をうまく捉えるのには手元でモニターを確認しながらが確実です。
e0224357_20544519.jpg

取り付け金具はなかなか見つからず、ある方からいただきました。
市販の捕虫網用+マイク用の変換ネジが使えるようです。
外部モニターは秋葉原で入手した物ですが、これも教えていただきました。
コンデジは、この写真ではリコーGX100が写っていますが、1枚目の写真はリコーGR DIGITAL Ⅳを使用しました。
GX100と比較するとシャープさが断然違います。
いずれにしてもムラツの集団越冬の観察を引き続き行いたいと思います。


さて、ムラサキツバメも確認できたのですが、午後だったので日暮れまで時間ありません。
そこで、前回に続いて近くのウラゴマダラシジミの卵を探索してみることにしました。
ある小さな谷を詰めていくと杉の林縁にあるイボタノキで大きな卵塊(21卵)を見つけることが出来ました。
e0224357_21111372.jpg

昨年の卵塊も見つかりましたが、寄生蜂にやられたり孵化率は悪そうです。
e0224357_21201498.jpg

暗くて綺麗に撮れていませんが、この暗さでブレずに撮れたのはGR Ⅳのf=1.9と手ブレ補正機能の効果ですね。

他にも近くでいくつかの卵塊を見つけることが出来ました。
そこで、4卵を持ち帰り自宅のイボタノキに付けて成長を観察してみようと思います。
とりあえず、三脚に取り付けて高倍率の接写撮影も試してみました。
e0224357_21271457.jpg

こちらはデジイチでリングストロボとの組み合わせで撮影しています。

ムラサキシジミと思われる孵化卵を見つけたのでこれも持ち帰り試し撮りしてみました。
e0224357_21304022.jpg

高倍率でも意外と満足のいく出来映えに撮れました。

春までにもう少し色々な種類も試してみたいのですが・・・・。
冬用タイヤを持ち合わせていないので山に出かけるチャンスがあるか分かりません。

# by konty33 | 2012-01-23 21:53 | | Trackback | Comments(10)
2012年 01月 05日
ウラゴマダラシジミの卵探し
1月5日 
今日は、比較的暖かい日になりましたが、それでも成虫の飛ぶ姿は見られません。
そこで、今回は身近で見つけられる可能性が高いウラゴマダラシジミの卵を探すことにしました。

これまで地元では探しはしたことがありませんので、とりあえず5月末に成虫が見られた場所に行ってみることにしました。
この場所は、崖にイボタノキが生えているので大変ですが、北側の斜面の下にある木でやっと見つけました。

まず最初に、昨年のものと思われる小さな卵塊が見つかりました。
e0224357_1958532.jpg

若い頃のように細かい物が見えないので、虫眼鏡まで使ってやっと新しい2卵を見つけました。
e0224357_2015340.jpg

大きな卵塊が見つからないかと探し続けたら、5卵の卵塊が見つかりました。
e0224357_2025766.jpg

以上3枚の写真は、リコーGX100によるもので、少しトリミングしてあります。

最近、前玉外しレンズでの撮影をブログ先輩の皆さんが試しておられます。
そこで、kontyもレンズの年末に改造をしようとしたのですが、失敗してしまったので仕方なくデジイチ+逆向きレンズを試してみました。
e0224357_2095470.jpg

この卵は低い位置だったので何とか撮りましたが、被写界深度が浅くピンぼけの嵐で苦労しました。
コンデジと比較して倍率は高くできますが、画像も綺麗でなく撮影も大変でメリットはあまり感じません。
ちなみに、撮影機材は以下の通りです。
デジイチ(Canon20D)+ケンコーリバースアダプター(58mm)+逆向きレンズ(28-105mm)
e0224357_20242449.jpg

以前使用していたカメラとレンズを利用してみました。


これまで探したことがない自宅近くのポイントで2時間ほどの散策でしたが、最後に見つけた木でなんとか見つけられました。
数は少なかったですが、狙い通りのポイントで見つけられたので良しとしましょう。


因みに、昨年まで足として(宿として)使用した車は、11年、21万km以上を走行し、これといった故障もなく頑張ってくれましたが、ついに更新しました。
e0224357_20503821.jpg

今度の車は、これまでの2倍の燃費で遠出にも貢献してくれそうです。

# by konty33 | 2012-01-05 21:17 | | Trackback | Comments(8)