<   2018年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2018年 05月 30日
暑さでバテバテ・・・・ヒメヒカゲは曇りが良い
5月24日 つづき
午後はヒメヒカゲの様子を見に行きました。
背の高い木がない場所なので日光を遮るものがありません。
水分をしっかり摂って・・・午後の一番気温が高い時間の観察となりました。
暑いので日差しを避けて静止することが多い様な・・・・
e0224357_19485667.jpg
1箇所目では♂が発生したところ・・・と言った感じでしたが、
晴天の為かなかなか止らず、止まっても近づけなかったので望遠レンズの出番です。
e0224357_19493398.jpg
陽が強く照っているのでしっとりとした感じには撮れませんが・・・
開翅してくれました。
e0224357_19505113.jpg
翅表、翅裏ともに傷もなく新鮮さが分かります。
e0224357_19510310.jpg
こちらの新鮮個体が杜松の木に止まってくれました。
日差しが強くギラギラとした感じですね。
e0224357_19532017.jpg
もう1箇所も行ってみると・・・・
こちらは個体数はまずまずでしたが、とにかく暑くて長居は出来ません。
e0224357_19563316.jpg
個体数が多いためか・・・100mmマクロで撮影できる個体も見つかりました。
e0224357_19580452.jpg
こちらの♂は新鮮に見えても少し擦れがあるようですね。
e0224357_19582583.jpg
ここでは既に♀も意外と多く見られました。
e0224357_20014145.jpg
この個体を追いかけていると時々産卵しているようです。
いつもこんな感じですが、お尻の先には卵も見えます。
e0224357_20025373.jpg
卵を拡大すると・・・・縦に縞模様が見えます。
e0224357_20044946.jpg
もう少し横からも・・・
e0224357_20055704.jpg




曇りの日か朝一に行くことが多いヒメヒカゲですが、
今回は快晴でこの時期としてはとても気温が高い日でした。
こんな日に炎天下でいたら熱中症になりそうなので水分補給に気を使いました。




-




by konty33 | 2018-05-30 21:36 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(2)
2018年 05月 29日
地元の平地性ゼフ3種
5月25日 
今年は発生が極端に早い種もあり適期の読みが難しい状況です。
例年タイミングの指標としていたクリの花が咲き出したので地元のゼフィルスを見に行きました。
まず見つけたのはウラナミアカシジミですが、傷んだ個体ばかりでした。
その中から綺麗そうな♀を狙って・・・
e0224357_20530123.jpg
今年は個体数も少なめでした。
吸蜜しながら移動していくので、良い角度になるのを待って撮影しました。
e0224357_20543236.jpg
アカシジミもいましたが、こちらは更に鮮度が落ちます。
e0224357_20560268.jpg
だいぶ大きくなった梅の実に止ったところです。
e0224357_20563591.jpg
ウラゴマダラシジミも栗の花で吸蜜していましたが・・・ボロボロでした。
クリにはクスサンの幼虫は沢山いました。
毒はなく、触っても何も問題ないそうです。(絶対触りたくないですが・・・)
e0224357_21000796.jpg
近くの雑木林ではミズイロオナガシジミが発生を始めたようで、こちらは新鮮でした。
e0224357_21041375.jpg
e0224357_21034895.jpg
e0224357_21035653.jpg
この森にはルリシジミが多く見られます。
クロガネモチの花や・・・
e0224357_21062775.jpg
終わりかけのイボタの花で吸蜜していました。
e0224357_21183005.jpg


いよいよゼフのシーズンになりましたが、各地の適期に訪問するのは難しいです。
今回は出遅れましたが、何処かで適期に出会いたいです。



-




by konty33 | 2018-05-29 13:03 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 28日
好天に恵まれ五目狙い
5月19日と20日の番外編
オオルリシジミの観察を早めに終えて、幼虫も含めた五目狙いで移動しました。
まずは、ミヤマチャバネセセリを探しました。
e0224357_22025561.jpg
このチョウは地元ではなかなか見られないので、喜んで撮りました。
ただ既に時期遅れで・・・綺麗そうな個体を狙いましたがスレは隠せません。
e0224357_22041486.jpg
ウラギンヒョウモンもいました。
e0224357_22064103.jpg
ウスバシロチョウはあちらこちらで見かけました。
e0224357_22084014.jpg
このチョウはなかなか止まらず、待っている時間もないので・・・・
適当に撮りましたが、青空バックのウツギ吸蜜はもう少しゆっくり撮りたかったです。
e0224357_22421577.jpg
ここではウメの木でオオミスジの幼虫を探したくなります。
終齢幼虫(下写真中央)が見つかりましたが、分かりにくいですね。
e0224357_22185138.jpg
エノキからは・・・オオムラサキの幼虫が沢山みつかりました。
e0224357_22434556.jpg
オオムラサキの幼虫を探しているとアカスジキンカメムシもいました。
e0224357_22094733.jpg

前日にヤマキチョウのところで新鮮なギンイチモンジセセリも見かけました。
e0224357_22122609.jpg
e0224357_22454641.jpg
ダイミョウセセリも新鮮でした。
下翅の白い輪郭が綺麗です。
e0224357_22171879.jpg
まだ春先の代表のミヤマセセリも健在でした。
流石にスレています。
e0224357_22464119.jpg




他にもヤマキマダラヒカゲ、アサマイチモンジなどが新鮮でした。
記録として普通種でも見かけたものをできるだけ撮影していますが、
時間を掛けている暇はないので、全部適当になってしまいます。




-


by konty33 | 2018-05-28 22:14 | 幼虫 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 26日
保護地のオオルリシジミ
5月20日
この日はオオルリシジミの保護地へ様子を見に行きました。
前日までと比べ朝の気温は相当下がり、冬に逆戻りの感じでしたが・・・
お蔭であまり飛びまわらず、観察会の皆さんにも良いモデルになってくれました。
e0224357_20434081.jpg
♀は新鮮な個体も見られるものの♂は既にスレばかり・・・
e0224357_20451979.jpg
e0224357_20455201.jpg
♀は新鮮な個体も多く見られました。
クララの上で開翅してくれました。
e0224357_20464137.jpg
e0224357_20475078.jpg
縁毛が綺麗に揃った新鮮な個体は翅裏も綺麗です。
e0224357_21272651.jpg
e0224357_21022533.jpg
少し気温が上がると吸蜜もよく見られました。
e0224357_20485277.jpg
e0224357_20494679.jpg
交尾も2組見られましたが、♂が酷いボロで写真としてはもう一つ・・・・
e0224357_20511574.jpg
e0224357_21293152.jpg
産卵シーンも撮影しておきました。
e0224357_20562562.jpg
花穂に産み付けられた卵は簡単に見つかります。
e0224357_20575375.jpg
拡大してみると・・・・
e0224357_20583644.jpg




何年かここに行っていますが、いつも新鮮な♂の時期を逃しています。
交尾や産卵を見られるのは良いですが、新鮮な♂の開翅も見てみたいです。
この日は観察会だったので、沢山の人たちがそれぞれ写真を撮ったりして楽しんでいました。





-


by konty33 | 2018-05-26 05:57 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2018年 05月 23日
ヤマキチョウの求愛
5月19日 つづき
ヤマキチョウの産卵を撮影が主目的で出かけましたが、
2回目に出てきた♀は産卵の途中で♂の求愛を受けていました。
♀はお尻を上げて拒否姿勢ですが・・・
e0224357_22454970.jpg
♂は構わず上に・・・・
e0224357_22054791.jpg
♀は嫌がり飛び立ちますが・・・
e0224357_22064465.jpg
執拗に♂は周りを飛び回ります。
e0224357_22070890.jpg
その内に♂がもう1頭飛んできて三角関係?に・・・・
e0224357_22092772.jpg
3頭で飛び立ち・・・・少しだけ目線の高さで飛んでくれました。
e0224357_22102962.jpg
その内に1♀3♂になりましたが・・・
不覚にも冷静さを失いピンボケの証拠写真となってしまい・・・
あっと言う間に高いところへ・・・・
e0224357_22140313.jpg
これで、全てを引き連れて消えてしまいました。


待っている間に♂は時々飛んで来て・・・
吸蜜シーンは何回か見られました。
e0224357_22391637.jpg
畑の隅に少しだけ咲いていた芝桜にも・・・
e0224357_22401960.jpg
e0224357_22403720.jpg



こんな感じでこの日は意外に沢山の♂を見ることが出来ました。
越冬明けですから翅が破れたりしていますが、綺麗さはスジボソヤマキとは比較になりません。
求愛を受けていた♀は、夏と遜色ないほど綺麗に感じました。



-


by konty33 | 2018-05-23 22:07 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 21日
ヤマキチョウとトラフシジミの産卵
5月19日
ヤマキチョウの産卵シーズンが始まったと連絡をいただき山に向かいました。
草原や林縁のクロツバラを探すとよく卵は見つかりますが・・・・
産卵シーンの撮影となると気象条件や運も必要でなかなか難しいものです。
幸運にもこの日は一度だけヤマキチョウが狙いのクロツバラに立ち寄ってくれました。
e0224357_21215306.jpg
ちょうど産卵が終わって飛び立つところです。
トリミングすると・・・お尻の先に産みたての卵があるのがよく分かります。
e0224357_21225997.jpg
翅にややシミがあるものの・・・大きな破損もない比較的綺麗な個体です。
e0224357_21240544.jpg
ほんの数分でしたがこのクロツバラに執着して産卵していました。
e0224357_21254063.jpg
すぐ目の前でも産卵してくれました。
e0224357_21261089.jpg
卵は葉裏の太い葉脈付近に産み付けられることが多い様に思います。
黄色の卵は暫く経過した卵です。
e0224357_21272615.jpg
産みたての卵はこんな色です。
e0224357_21280311.jpg
時には葉表に産むこともあるようです。
e0224357_21284593.jpg
この日は♂は良く飛んでいましたが、♀は2回だけ・・・・
産卵中でも♂が飛んで来ると産卵を邪魔されて連れて行かれます。
e0224357_21315035.jpg

クロツバラにはトラフシジミも産卵します。
e0224357_21342140.jpg
卵は蕾の根元にありました。
e0224357_21402017.jpg
卵の表面の凹凸もよくわかる様に拡大してみました。
e0224357_21360322.jpg
産卵を終えると日陰で暫く佇んでいました。
e0224357_21422147.jpg
暫くするとまた産卵です。
e0224357_21431937.jpg
産卵を終えると今度は開翅していました。
e0224357_21441339.jpg




今回はクロツバラに絡む2種を観察することが出来ました。

ヤマキチョウは夏に見たこともない場所でもこの時期は良く飛びますが、
なにしろ条件の揃った産卵確率の高い日でもほんの数分のワンチャンスでしたから・・・
一度のチャレンジで産卵シーンを撮影できたのは大変ラッキーでした。




-


by konty33 | 2018-05-21 23:03 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(2)
2018年 05月 17日
クモマツマキチョウの産卵行動
5月12日 
この日もクモマツマキチョウが見たくて山に行ってきました。
気温が高いからか飛び続ける♂を追いかけるだけで止まってくれません。
やっとワンチャンスはスミレ吸蜜でした。
e0224357_21350290.jpg
ハタザオの成長は少し遅れているように思いましたが・・・
この日は♀も発生していいて、産卵行動が見られました。
e0224357_21374295.jpg
e0224357_21381833.jpg
立て続けに産卵行動が見られました。
e0224357_21392671.jpg
花の周りをグルグル回って産卵位置を確認している様子です。
e0224357_21412395.jpg
お尻を曲げて完全に産卵していると思いましたが・・・・
飛び立った後も卵は見当たりませんでした。
他のハタザオも確認してみましたが、卵は見つかりませんでした。
まだ、産卵準備が出来ていないのでしょうか?

♂は余りにも飛び続けるばかりなのでこちらの体力が続かず、早めに下山しました。


帰りにホシミスジの幼虫を探してみました。
ユキヤナギは花も終わり、すっかり葉が伸びていましたが・・・
意外と幼虫の成長は遅めな感じで、大きなものでも1cm位でした。
e0224357_21462969.jpg
小さなものはまだ越冬巣の中に戻っていました。
e0224357_21475408.jpg




この日もかなり歩きましたが、撮影機会はたいへん少なく残念でした。
それでもオレンジを目の前で見るとテンションが上がりますね。
とても幸せなひと時でした。



-


by konty33 | 2018-05-17 21:06 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(2)
2018年 05月 15日
オレンジを追いかけて
5月6日 
GW最終日、久しぶりに地元から離れアルプスへ行ってきました。
今回の狙いは少し早いですが・・・各地で発生情報があるクモマツマキチョウです。
最盛期には早い時間から飛びますが、朝は少し雲で日差しが遮られていたこともあり
この日の飛び出しは遅く撮影できたのは11時過ぎでした。
e0224357_21574814.jpg
時々強い風が吹き日差しが遮られると・・・草地に落ちる様に静止します。
e0224357_21585491.jpg
撮影機会は少なく、クモマツマキを追いかける体力も限界に・・・・
すると・・・やっとまだ花が少ないハタザオで吸蜜してくれました。
e0224357_22002198.jpg
e0224357_22021684.jpg
日が陰ると吸蜜中でも休止モードに・・・
e0224357_22025031.jpg
でもこれが最後のチャンスで・・・
あとは時々飛んでも吸蜜してくれませんでした。


この日はスジボソヤマキチョウの求愛、産卵、卵、幼虫などを観察しました。
ボロボロになった翅が痛々しく吸蜜シーンも絵になりませんね。
e0224357_22062506.jpg
求愛シーンも・・・痛々しく・・・
e0224357_22065944.jpg
クロウメモドキやクロカンバからは卵や幼虫も見つかります。
クロカンバの新芽付近の枝に産み付けられた卵です。
e0224357_22091930.jpg
卵の色も白から黄色、オレンジと変化していきます。
e0224357_22105964.jpg
産卵シーンはこんな感じで・・・ぶら下がってお尻を枝に回して・・・
e0224357_21212253.jpg
孵化した卵は透明で、先の方に幼虫が抜け出た穴が空いています。
e0224357_22142606.jpg
新芽からはまだ2,3mmの孵化して間もない幼虫も見つかります。
e0224357_22120786.jpg
e0224357_22123090.jpg




狙いのクモマツマキは滅多に出現せず・・・
スジボソヤマキの卵や幼虫などを観察しながら時間を潰しました。
クモマツマキは飛んで来ても静止しないので、撮影機会は極めて少なかったです。







-



by konty33 | 2018-05-15 21:34 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(4)
2018年 05月 13日
アゲハ類の五目撮り
5月3日
空き時間を利用して自宅近くの里山へ出かけました。
先日はモンキアゲハだけしか撮影できなかったので、今回はそれ以外の五目狙いです。
まずは、狙っていたナガサキアゲハがミカンには来たのですが・・・・
♂だけで・・・短時間の吸蜜なのでピントはもう一つです。
e0224357_21244719.jpg
綺麗そうな個体が時々飛んで来るのですが、シャッターチャンスはめっぽう少ないです。
e0224357_22570210.jpg
結局、綺麗な♀は現れずじまいでした。
次に狙っていたのがカラスアゲハですが、今一つ新鮮さに難があります。
e0224357_21281779.jpg
e0224357_22563460.jpg
カラスアゲハは比較的よく飛んでくるのですが・・・・スレばかり・・・
e0224357_21331369.jpg
綺麗そうな個体を選んで撮影しましたが・・・
新鮮な個体が見つからず、魅力半減です。
e0224357_21350668.jpg
♀も一度だけ飛んできましたが、暗がりの奥の花へ・・・
e0224357_21430740.jpg
アオスジアゲハはとても忙しく移動するので、1カット撮影するのがやっとでした。
e0224357_21443957.jpg
なぜかこの日はモンキアゲハが飛んできません。
天気が良かった割には、全体的に個体数が少なく・・・新鮮個体も少なかったです。

<番外編>
今年初めての新鮮なイチモンジセセリがミカンに吸蜜に来ていました。
e0224357_21501452.jpg
ヒメウラナミジャノメは既にスレ個体が殆ど・・・
e0224357_22384513.jpg
ススキ上の交尾もスレ・・・でした。
e0224357_22481328.jpg
コジャノメは新鮮でした。
e0224357_22500839.jpg


アゲハ類は個体数も少なく擦れ個体が多かったです。
自宅近くでは珍しい種はいませんが、来年は新鮮個体を狙いたいですね。




-


by konty33 | 2018-05-13 21:18 | アゲハ類 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 10日
今年初めてのギフチョウ観察
5月1日
今年はあろうことか未だギフチョウを見ていなかったので少し立ち寄ることにしました。
ここでは殆どがスミレ吸蜜です。
綺麗なスミレに止ってくれました。
e0224357_20460568.jpg
飛び立つシーンも偶然撮れました。
e0224357_21190405.jpg
でも全開翅で障害物なく撮影するのは難しいです。
e0224357_20482893.jpg
もう少し下から撮りたいのですが、吸蜜が短いので構える時間がありません。
e0224357_20493112.jpg
逆光になると発色も不自然です。
e0224357_20501844.jpg
林の中のショウジョウバカマにも吸蜜しましたが、横からになってしまいました。
e0224357_20515713.jpg
スミレでも正面から撮れる確率は低く、こんなことも多いです。
e0224357_20535055.jpg
枝などで静止した時はゆっくり撮れることが多いのですが・・・・
この日は気温は高いためかすぐに飛んでしまいます。
e0224357_20554747.jpg
e0224357_20560139.jpg
下の写真は♀のイエローバンドっぽいですね。
e0224357_20572520.jpg
こちらは破損していますが、こちらの方がイエローバンドらしいです。
e0224357_20585530.jpg



探索に時間を費やしたかったので、ギフチョウの撮影は朝の9時半ごろまとしました。
多少、後ろ髪を引かれながらこの地を後にしました。
とにかく今年最初のギフチョウ観察がやっとできました。




-


by konty33 | 2018-05-10 21:50 | 春のチョウ | Trackback | Comments(0)