<   2018年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2018年 02月 25日
冬の楽しみ・・・越冬卵と越冬幼虫探し
2月18日 
久しぶりにフィールドに出るチャンスでしたが・・・所用を片付けてからの遅い出発でした。
時間も遅いので近場で見つけられるヒサマツミドリシジミを探してみることにしました。

風が強く枝が揺れて見るのに苦労し・・・・
気温が比較的高い割には・・・とても寒く感じられ・・・
何箇所か周ってみても・・・
冬芽も少なくなかなか見つけられず・・・
やっと1卵見つけた1卵です。
e0224357_19485170.jpg
いつものようにTG-3で拡大撮影・・・
思いのほか綺麗に撮れました。
e0224357_19494353.jpg
ヒサマツは諦めてミスジチョウの越冬幼虫を探してみました。
こちらは葉裏(外側)に静止していました。
e0224357_19513519.jpg
カエデの枯葉が枝に残っているのを探しますが・・・・
幼虫がいない枯葉もそれなりに残っています。
幼虫がついている葉柄は糸で補強されているため葉が落ちません。
e0224357_19520417.jpg
もう一つ葉の表(内側)に静止しているのも見つかりました。
e0224357_20061331.jpg
分かりにくいのでもう少し拡大してみます。
e0224357_20065675.jpg
結局、ミスジチョウも2つしか見つけられず・・・・
早々に帰途につきました。

この時期・・・既に杉の花粉が飛び始めていると聞きますが・・・・
今年も花芽をいっぱいつけていましたが、まだ大丈夫でした。
e0224357_19552270.jpg


ニット帽もイヤーマフも忘れてしまい耳がとても冷たかったです。
快晴で徐々に風がおさまってきたのでなんとかなりましたが、
本当に寒い日ならアウトでした。





-





by konty33 | 2018-02-25 14:35 | | Trackback | Comments(2)
2018年 02月 11日
地元の冬
2月10,11日 
寒い日々が続いていますが・・・
雪国とは違ってここ静岡では探せばいろいろな幼虫が見つけられます。
この週末は所用の移動の途中にある公園などで幼虫探しをしてみました。

まずは例年通りですが・・・・スイバでベニシジミの幼虫を探しました。
すぐに食痕を見つけましたが・・・幼虫はすぐには見当たりません。
20分くらい探してやっと見つけたのはまだ1cmにも満たない小さな幼虫でした。
e0224357_20415843.jpg
葉の裏側から表面だけを削り取るように食べています。

気温が低いためか日当たりが良くても葉の上に幼虫の姿はなく・・・
スイバの根本に静止しているか、葉を動かしたとき驚いて転げ落ちてしまいます。
だからなかなか見つからなかったのです。
池の土手でそっと驚かさないように探すと葉裏に静止している幼虫が見つかりました。
e0224357_21252755.jpg
翌日も所用で通り掛かった畑脇の斜面で探すと・・・今度はすぐに見つかりました。
e0224357_21281019.jpg
赤い葉っぱで見つかる個体は赤味が強い感じもします。
e0224357_21275107.jpg
雑草の密度が低く幼虫が探しやすそうな小さな株が狙い目のようです。
食痕が見つかればかなりの確率で幼虫が見つかるようになりました。


続いて探したのがイチモンジセセリやチャバネセセリの幼虫です。
e0224357_21353278.jpg
秋に草刈りをしたような場所で、写真のような食痕を見つければ良いわけで・・・
矢印の場所に葉を綴り幼虫がいます。
少し開けてみると・・・空もありますが大体は小さな幼虫がいます。
これはチャバネセセリでしょうか。
e0224357_21374757.jpg
ほかにもいくつか見つけることができました。
下の写真は、根元に食痕があり、上の矢印の部分に幼虫がいました。
e0224357_21384677.jpg
証拠写真です。
幼虫は巣をつくり下向きに静止していました。
頭は繭のような巣の中に突っ込んでいるので同定できません。
e0224357_21403609.jpg

この週末のフィールド全観察時間はたったの2時間ほどです。
狙いの幼虫は見つかりましたが、例年と代わりばえのしない種ばかりですみません。






-



by konty33 | 2018-02-11 21:53 | 幼虫 | Trackback | Comments(0)