2018年 12月 11日
地元の公園のムラツ越冬集団 2
12月9日 
日中でも約10℃で西風が強い日になりました。
先週に続いて地元の公園にムラサキツバメの集団越冬の様子を見に行きました。
このところ12月とは思えないような暖かさだったためか移動してしまったようです。
e0224357_20440387.jpg
この集団は蝶友から教えてもらいましたが、先週はなかった集団で17頭いるようです。
風が強く葉が大きく動くので撮影は大変です。
インターバルタイマーを使用してコンデジで上から撮影すると・・・・・
e0224357_20495823.jpg
先週近くにあった集団は1,2頭になっていたのでこちらに移動したのでしょう。

次に確認した日陰の集団ですが先週は5頭だったのに8頭に増えていました。
e0224357_20530231.jpg
公園内を一回りして昼頃見に行くと更に数が増えて10頭に・・・・・
e0224357_20563565.jpg
低い場所でムラサキツバメムラサキシジミが一緒に集団を作っていました。
到底探せそうもない場所ですが、これも蝶友に教えてもらいました。
ムラシが3頭、ムラツが3頭だと思っていましたが、枯葉の上にもムラツが1頭いるようです。
e0224357_21025029.jpg
その後暫くして近くで開翅する個体を見つけました。
e0224357_21062138.jpg
あまり綺麗ではありませんが、♂と♀を1頭ずつ飛び出し撮影できました。
e0224357_21055893.jpg
更にそれから暫くしてから先程の集団を見ると数増えているようです。
ムラシは3頭のままですが、ムラツが5頭に増えていました。
きっと先ほど開翅していた個体がここに合流したのでしょう。
e0224357_21014578.jpg
このすぐ近くでは腰の高さでムラツの集団を見つけました。
こんなに低い場所は珍しいと思います。
5頭と4頭・・・・合わせて9頭ですが、日中なのに気温が低い為か寝たままです。
e0224357_21123225.jpg
2頭だけのも・・・
e0224357_21274655.jpg
公園中を歩き回っていると・・・・
陽だまりでムラサキシジミが飛んでいるのを見つけました。
e0224357_21164232.jpg
ここちら側から見ると右翅は綺麗そうなのですが・・・・・
反対側(左翅)はボロボロでした。
e0224357_21221482.jpg




この日は日中でも10℃を少し超える程度で飛び出す個体は殆ど見られませんでした。

脚立に乗って撮影中に脚立の天板がふたつに裂けて・・・・
顔、足、腰、胸・・・体中に軽いケガを負ってしまいました。
室内用の脚立は地面が柔らかい場所では使用してはダメですね。
丈夫な脚立を購入して再訪できたらと思います。(笑)





-




# by konty33 | 2018-12-11 22:23 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 05日
地元の公園のムラツ越冬集団
12月2日 
朝晩の気温が下がってきましたが、日中は12月とは思えない暖かさです。
そんな中、ムラサキツバメの集団を見つけたと連絡を頂いたのでいつもの公園へ・・・・
まずは教えてもらった木を探すと・・・・・すぐに見つかりました。
e0224357_22143423.jpg
これでも7頭くらいいるようです。
決して大きな集団ではりませんが、この公園ではこんなものかなと・・・・
一通り公園を周ってからコンデジを柄の先につけて上からも撮影しました。
e0224357_22173099.jpg
その次を探しているとき自分でも新たな集団を見つけることが出来ました。
こちらは時間が経過してからの目覚めた時の様子です。
12頭いるようですからまずまずの大きさの集団です。
e0224357_22211346.jpg

普通に探すととても見つかるとは思えない葉影の暗い場所にも6頭ほどいました。
e0224357_22221657.jpg
マテバシイが多い公園ですが、何故か毎年必ず見つかる木で今年も見つかりました。
結構立派な集団で12頭ほど確認できます。
e0224357_22241742.jpg
ここでもコンデジを柄の先に取り付けて、インターバルタイマーを使用し上から撮影しましたが、
集団の上に葉が被っており、その葉をカメラで押し上げながら・・・・
位置を合わせるのが難しく・・・こちらも何回も撮りなおしました。
e0224357_22254772.jpg
通常この公園ではマテバシイの3~4mの高さで見つかることが多いですが、
目の高さにも小さな集団(5頭)があると教えて貰いました。
こちらは100mmマクロで目の前で撮影できました。
e0224357_22324653.jpg

日差しが差し込み気温が上がると寝ていた個体が立ってきますが・・・・
この日の午前中は日差しも弱めで飛び出すまで見ている時間がありませんでした。
再訪して日中の活動や集団移動なども確認できたらと思います。




帰りにマテバシイが多いもう一つの公園にも立ち寄ってみましたが・・・・
台風の塩害で葉が枯れていたり、いつもと違う感じで見つかりません。
クロコノマチョウだけが整備された林内に佇んでいました。
e0224357_22352565.jpg
側溝の中も好きな様子で・・・・
e0224357_22360861.jpg
ウバメガシの根元で頭を突っ込んで吸蜜しており、手前の蔓をどかしても逃げないので
広角にもチャレンジ・・・・・
e0224357_22551336.jpg





今年は台風の影響などでムラサキツバメはダメだと諦めていましたが、
この公園では例年になく多くの集団を見つけることが出来ました。









# by konty33 | 2018-12-05 22:58 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 28日
ムラサキの輝きが見られる公園
11月25日
やっと朝晩の気温が低下して例年より遅れ気味の紅葉も少しづつ色づいてきました。
マテバシイの多い公園の片隅で日差しが林間の下草に差し込む時間になると・・・
何処からともなくムラサキツバメが地表の下草に降りてきます。
e0224357_22011923.jpg
運よく割ときれいな♂を見ることが出来ました。
e0224357_22031598.jpg
♂の翅表は青色に鈍く輝くように見えますが、意外と再現が難しいです。
e0224357_22045080.jpg
時々マサキやツツジなどの低木の上にも止まりますが、
すぐに高いところへ飛び去ってしまいました。
e0224357_22061248.jpg
勿論♀も降りてきますが綺麗な個体は少なかったです。
e0224357_22083717.jpg
e0224357_22094559.jpg
頑張ってそっと近づき広角で周囲の雰囲気を入れてみました。
e0224357_22105272.jpg
地面に降りてきた目的は日光浴だけではなく、葉の上や地面から水分を補給しているようです。
e0224357_22215299.jpg

ここではムラサキシジミもよく見られます。
まずはアラカシの上で日向ぼっこ・・・・
e0224357_22174874.jpg
e0224357_22180643.jpg
地表の草の上にも降りてきます。
e0224357_22184579.jpg
e0224357_22192953.jpg




このように紫を輝かせた2種の個体は結構見られるのですが・・・
今年は越冬集団をまだ見つけられていません。
もう少し寒くなったら見つけたいと思います。




-


# by konty33 | 2018-11-28 22:29 | シジミ類 | Trackback | Comments(4)
2018年 11月 21日
カメラ片手に近場を散策
11月18日 
このところ大変忙しく週末の遠征どころではありません。
この日は10時過ぎになってやっと時間が取れたので近場を歩いてみました。
近場ではこれと言った狙いが思い当たらなかったので・・・・・
草地でイチモンジセセリの幼虫探しをしてみました。
e0224357_22123645.jpg
孵化して間もないと思われる小さな幼虫が見つかりました。
ひとつ見つかると近くで沢山見つかるもので・・・
少しだけ大きくなった幼虫も見つかりました。
e0224357_22135840.jpg
撮影のために葉を持ったりしていると・・・・
危険を感じたのか頭を外に出して糸の補修を始めました。
e0224357_22153748.jpg
葉先の近くに巣を作る幼虫もいました。
e0224357_22164667.jpg
この幼虫は巣から少しだけ顔を出して葉先を食べている様でした。
e0224357_22175136.jpg
巣が周りに見当たらない葉で歩いている幼虫も・・・・偶然見つかりました。
e0224357_22223953.jpg
イチモンジチョウの幼虫をいつも探すスイカズラでは幼虫を見つけることが出来ず・・・・
近くのカラムシではアカタテハの巣をみつけました。
e0224357_22290756.jpg
アップで見ると綺麗に丸く括られているのが分かります。
e0224357_22300175.jpg
幼虫がいるかと中を確認すると・・・・蛹でした。
e0224357_22313432.jpg
アカタテハは成虫越冬のはずなので、その内に羽化するのでしょう。


この日見かけた成虫はボロのヤマトシジミやキタキチョウくらいでしたが、
ある場所ではツマグロヒョウモンがやけに多く見られました。
e0224357_22331300.jpg




日暮れが早いので・・・・あっと言う間に一日が終わりました。
ウラギンシジミやムラサキシジミなど・・・
もう少し色々なチョウが見られると思いましたが、殆ど見られませんでした。



-




# by konty33 | 2018-11-21 22:39 | 幼虫 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 04日
海岸近くで秋のチョウを探す
10月28日 
少しずつ朝晩の気温が下がり朝晩は上着が必要になってきました。
ムラサキツバメが集団を作るにはまだ早そうですが、マテバシイの多い公園に行ってみました。
ハマウドのような花で吸蜜している個体を見つけましたが、今年はかなり少なそうです。
e0224357_21252196.jpg
浜辺のポイントに移動すると・・・・
ムラサキシジミがポツポツといましたが、気温が高いせいか開翅は殆どしません。
暫く見ていると開翅する瞬間もありました。
e0224357_21360858.jpg
時々セイタカアワダチソウなどで吸蜜していました。
e0224357_21371101.jpg
近くでセンダングサが咲く道沿いを歩いてみるとアサギマダラや・・・・
e0224357_21283822.jpg
キタテハも散見されます。
どちらも意外と敏感で思うようには撮れません。
e0224357_21325539.jpg
e0224357_21331928.jpg
道端のセンダングサはイチモンジセセリでいっぱいでした。(殆どスレ)
e0224357_21343633.jpg
ウラナミシジミも何頭かいました。
e0224357_21404405.jpg
砂浜に降りるとハマエンドウの花にウラナミシジミが産卵していました。
e0224357_21434768.jpg
花には驚くほど沢山の卵がビッシリと産みつけられています。
e0224357_21450932.jpg
e0224357_21452429.jpg
TG3でアップすると表面模様が確認できます。
e0224357_22585472.jpg
この花には・・・・・チャバネセセリも吸蜜に立ち寄りました。
e0224357_21464702.jpg



どれも普通種ばかりですが、近場で秋のチョウを狙ってみました。
2週前にはヤクルリがいた場所にも立ち寄りましたが、この日は全く見られませんでした。
それにしても凄まじいウラナミシジミの卵の数には驚きました。




-



# by konty33 | 2018-11-04 22:59 | 五目チョウ | Trackback | Comments(2)