2018年 09月 18日
増水の河原でチョウを探せ
9月9日 つづき
このところの雨で川は増水し河原の環境も変貌しており・・・・・
コムラサキやツマグロキチョウを探しましたが見つかりません。
仕方なく、クズの花を食すウラギンシジミの幼虫を探しました。
e0224357_22145379.jpg
この花にいる幼虫が分かるでしょうか?
アップにしてみましょう。
e0224357_22162481.jpg
今年はクズの花の開花が遅れているせいか・・・
ウラギンシジミやウラナミシジミの成虫が殆ど見られませんでした。

クズの葉の上ではツバメシジミが交尾していました。
e0224357_22185532.jpg
少し飛んで移動しましたので青空バックの写真が撮れました。
e0224357_23023938.jpg
夕方はミヤマシジミの様子を見に行きました。
成虫は♂も♀も確認できましたが、活動時間終了間近です。
e0224357_23055018.jpg
e0224357_23042286.jpg
成虫は適当にして・・・・この日の狙いは幼虫の探索です。
e0224357_23064455.jpg
e0224357_23071588.jpg
花を食べるものがいれば、葉を食べるものもいます。
e0224357_23075722.jpg
いづれもアリが必ず周りにいるので探しやすいです。
e0224357_23092074.jpg
そう言えば、今年はミヤマシジミの卵を見ていません。
成虫の活動は終了間際なので・・・今からでは産卵行動を確認できず・・・
もう少し河原が涼しくなったころに・・・卵探しも良いかなと思っています。



土手の草むらに沢山の擦れたイチモンジセセリが飛んでいましたが、
その中にチャバネセセリの綺麗な個体が混じっていました。
e0224357_23135432.jpg
e0224357_23142564.jpg




増水の影響だけでなく、河原の環境も毎年少しずつ変化しています。
木は減るばかりで、球場や人工的な広場が増えたり、荒れ地も画一化されて
チョウの生息環境が悪化している印象です。




-


by konty33 | 2018-09-18 21:41 | 幼虫 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://konty33.exblog.jp/tb/27555356
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ツマグロキチョウの交尾と幼虫      ウラナミジャノメなどの産卵 >>