2018年 08月 30日
クロコノマチョウの卵塊と若齢幼虫
8月中旬
夏休み後半は遠征の時間がとれず自宅付近のクロコノマチョウの生息地の確認しました。
小さな沢沿いの湿潤地に、ススキやジュズダマに卵を産む場所があります。
e0224357_22203143.jpg


卵は塊状に産みますが、24個の卵塊を見つけたので写真をまとめました。
卵塊の形や数のバラツキがよく分かります。
e0224357_20480425.jpg
今回の調査結果ですが・・・
サンプル数は24、平均で4.75卵、最大9卵、最小2卵、標準偏差1.59でした。


アップで見てもツルツルな表面で面白くありませんが、艶々しています。
e0224357_20530714.jpg
ススキの葉裏からも真珠のような卵が見つかります。
e0224357_21015761.jpg
よく見ると卵の中に模様が見られるものもありました。
e0224357_20541518.jpg
段々卵の中で孵化の準備が進んでいくのがよくわかります。
e0224357_22230448.jpg
卵塊の中で1卵だけ早く孵化し、殻を食べたようにも見えます。
e0224357_20555082.jpg
孵化する瞬間を観察できれば良かったのですが上手くタイミングは会いません。
孵化後間もない幼虫の群れもいくつか見られました。
e0224357_20575773.jpg

だいたい葉の葉脈に沿って並んでいます。
e0224357_20581688.jpg
葉の縁から食べていきます。
e0224357_20584424.jpg
大きさの異なる2頭が寄り添っていました。
e0224357_22241456.jpg
食事中の幼虫も・・・
e0224357_22244666.jpg




昨年の5月に産卵シーンを撮影した場所ですが、久しぶりに探してみました。
この時期はススキよりジュズダマが好きなようで一株から何卵塊も見つかることも・・・
ここでは幼虫は大きく成長する前に大体いなくなってしまいますが、
継続して観察すると面白そうです。




-


by konty33 | 2018-08-30 20:10 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://konty33.exblog.jp/tb/27525383
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ヤマキチョウ その1 吸蜜真っ盛り      ゴマシジミの産卵と卵 >>