2018年 08月 23日
ゴイシシジミやヒカゲ3種など
8月12日 つづき
ヤマキチョウを求めてあちこち移動する間に撮影したチョウを紹介します。
まずは林内に笹が多い場所では・・・例年ゴイシシジミが飛んでいる場所があります。
広大に広がる笹なので、ゴイシシジミの発生場所は毎年変わります。
e0224357_22043196.jpg
笹の葉の裏にアブラムシが大量に発生している一画で・・・
この新鮮な♀1頭だけが産卵の時を待っているようにジッと佇んでいました。
♀は翅は丸みがあり♂とは区別できます。
e0224357_22061924.jpg
場所に寄っては何頭も飛んでいる場所もありました。
♂は前翅が尖った感じがします。
e0224357_22055746.jpg
産卵行動も見られましたが、ヤマキ探しの途中ですからゆっくり撮影
する暇はありませんでした。


ヤマキマダラヒカゲは新鮮で・・・2化でしょうか?
例年ならボロが獣糞に多数集まっている気がしますが・・・1頭だけ?・・・
e0224357_23135705.jpg
クロヒカゲは例年並みで綺麗でした。
e0224357_23171871.jpg
ジャノメチョウの♂はボロでしたが♀は綺麗な個体が多い様でした。
e0224357_23175900.jpg
e0224357_23183332.jpg
そう言えば・・・・いつもは沢山いるアサギマダラも殆どいませんでした。
e0224357_23005312.jpg
クジャクチョウは高原の民家の近くに1頭だけ・・・証拠写真です。
e0224357_23365534.jpg





ヤマキチョウの生息する高原にはいろいろな夏のチョウが見られますが
肝心のヤマキチョウは全く飛ばず・・・・
他のチョウも総じて少な目で、特にヒョウモンの仲間の激減ぶりは心配になります。







-

今回は


by konty33 | 2018-08-23 12:50 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://konty33.exblog.jp/tb/27513848
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by naoggio at 2018-08-24 14:40 x
kontyさんこんにちは。
いつも感心しますが、本当に1枚1枚丁寧に撮られておいでですね。
ゴイシシジミのオスは確かにけっこう尖ってますねえ。
思い出してみるとオスあまり撮ったことがないような気がしてきました。
確かにヤマキの高原、ヒョウモン類全くと言っていいくらい見かけませんでした。不思議です。
Commented by konty33 at 2018-08-24 22:45
naoggioさん 
基本的にこう撮りたいとの思いが無意識に働いているかもしれませんが、
思い通りにはなりませんから適当に撮っています。
ゴイシシジミの新鮮な♀はアブラムシのついた笹を背景に広角でじっくり撮れ気に入っています。
たぶん♂も撮られていると思いますが、意識しないと♀の佇みの写真が多いかもしれませんね。
ヒョウモン類は暑すぎて夏の休眠から覚めないのかとも思っていますが如何でしょうか。


<< ヒメシロチョウなど      高原のチョウは何処へいった? >>