2018年 08月 19日
各種の夏のチョウ
8月11日 つづき
キベリタテハ以外のチョウも記録のために掲載しておきます。
例年だとシータテハ、クジャクチョウ、エルタテハなどが見られますが・・・
今回は日差しが弱かったこともあり、キベリ以外は殆ど見られませんでした。
アザミに1,2頭のギンボシヒョウモンが吸蜜していました。
e0224357_20062393.jpg
e0224357_20063557.jpg
他には目ぼしいチョウは見られず・・・・
途中で見つけたアカセセリは♀が新鮮でした。
e0224357_20104609.jpg
e0224357_20095288.jpg
e0224357_20102017.jpg
ムモンアカシジミのポイントに立ち寄ると・・・・
タラの花で吸蜜しているのもや・・・・
e0224357_20123151.jpg
幹を這うもの・・・・
e0224357_20141111.jpg
開翅する姿も見ることが出来ました。
e0224357_20145049.jpg
交尾するカップルも少ないながら見ることが出来ました。
e0224357_20152687.jpg
目の前に降りてきたカップル・・・しかし、すぐにバレてしまいました。
e0224357_20162006.jpg
梢では時々交尾している姿が確認できます。
e0224357_20180593.jpg


例年と比較しチョウの数も種類もたいへん少なく感じました。
来年も継続的に定点観察していと思います。





-


by konty33 | 2018-08-19 22:38 | 五目チョウ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://konty33.exblog.jp/tb/27508425
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 22wn3288 at 2018-08-21 08:45
綺麗なアカセセリですね。
アカセセリの名が分かるような色ですね。
↓ キベリタテハが白樺の木に止まる いいシーンですね。
地面や岩、人工物に止まる場面が多いので、自然らしく見れて素晴らしいです。
Commented by konty33 at 2018-08-21 21:18
22wn3288さん 
今年は既に時期遅れでしたが、たまたま1頭だけが新鮮でした。
キベリタテハはいつも地面かコンクリートどまりが多いのですが、
今回は自然な写真が撮れました。
決して数は多くなかったですが色々なシーンを見せてくれました。


<< 高原のチョウは何処へいった?      避暑を兼ねてキベリと遊ぶ >>