2018年 08月 12日
ヤマキチョウの羽化ラッシュ
8月5日 
海外出張や台風により2週続けてフィールドに出られず、久しぶりに日帰り遠征をしてきました。
自宅では夜も30℃を越えて寝苦しく・・・・こんな時はやはり高原に行きたくなります。


この時期の信州はヤマキチョウの羽化ラッシュのはずで・・・ぶら下がりを狙いました。
あちこちポイントを見て回りましたが・・・・全部羽化殻ばかりでした。
タッチの差で手遅れと思いましたが・・・
ある場所でやっと羽化直のぶら下りを見つけることが出来ました。
e0224357_23002829.jpg
まさに本日羽化したばかりと思われる♀です。
クロツバラのひこばえで・・・目の高さで撮影できました。
翅や蛹殻に陽が当たると透けて綺麗です。
e0224357_23040677.jpg
草むらを歩くと他にも飛び出す個体がいました。
e0224357_23061784.jpg
活性は低く少し飛んでは・・・すぐ近くの葉裏などに静止します。
たいていは写真にならない茂みの中に静止しますが・・・
たまにはこんなところにも止まってくれます。
e0224357_23070790.jpg
いずれも羽化して間もない個体と思われ、活動時間なのに吸蜜はしませんでした。
♂はやや元気に飛びまわっていましたが、それでも長距離は移動せず直ぐに葉裏に静止します。
e0224357_23091565.jpg
e0224357_23094471.jpg
時には葉の上にも・・・・
e0224357_23102221.jpg
驚いたことにもう一つ羽化直ぶら下がりの♀を見つける事が出来ました。
こちらは触覚の動きから覚醒しているのが分かります。
e0224357_23113589.jpg
暫く見ていると・・・・葉の上に這い上がってきました。
口吻が仕舞えないようで、口元がだらしない感じです。
e0224357_23123667.jpg
その後、近くのクロツバラへ小飛びしました。
少し歩いて適当な場所に到着するとじっと佇んでいました。
e0224357_23074847.jpg


例年は蛹も見つかる時期ですが・・・・
今回は全てが蛹殻だったので、例年より早い羽化終了かもしれません。

とは言っても・・日中の活動時間でも吸蜜する個体は見られず・・・
羽化して間もない(不活性な?)感じなので今週は羽化ラッシュだったかもしれません。
来週も再訪して経過観察してみたいと思います。






-



by konty33 | 2018-08-12 18:10 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://konty33.exblog.jp/tb/27477425
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 22wn3288 at 2018-08-13 05:29
羽化直後のヤマキチョウ 綺麗ですね。
清潔感もありますね。
Commented by naoggio at 2018-08-13 07:07 x
kontyさん、お早うございます。
蛹殻にぶら下がったヤマキチョウ、素晴らしいですね !
こうして蝶の生活史を理解した上であらゆるステージで最高の瞬間を狙う。
kontyさんならではですね。
Commented by konty33 at 2018-08-14 20:59
22wn3288さん 
今回は羽化直が結構沢山いました。
こんなことはこれまで経験していないので驚きです。
活性が低くて殆ど飛ばず、とても綺麗ですね。
Commented by konty33 at 2018-08-14 21:13
naoggioさん 
何年か継続してヤマキチョウを観察してきましたが、
今回ほど恵まれたことはありませんでした。
卵から蛹までの観察は比較的容易ですが
羽化直のぶら下りはなかなか観察できません。
そもそも成虫が見られても発生地の特定が難しく不思議なチョウです。


<< 夏のチョウ ムモンアカシジミ      クロツバラを食すチョウ達ほか >>