2018年 08月 10日
クロツバラを食すチョウ達ほか
7月16日 つづき
帰り道に立ち寄ったクロツバラが沢山自生する高原では、まずミヤマカラスシジミを狙いました。
食樹のクロツバラの周りを時々飛ぶ姿が見られます。
e0224357_22240724.jpg
新鮮な個体がそこそこ見られましたが、以前より個体数がやや減った印象でした。
クロツバラの枝先などに静止します。
e0224357_22255417.jpg
殆どが前翅に性標がある♂でした。
e0224357_22272883.jpg
白線が消失した♀もいました。
e0224357_22283664.jpg
100mmマクロでアップにすると白線がないので違和感がありますね。
e0224357_22292097.jpg
この種のチョウは日差しもないのにどうして体を傾けるのでしょうか?
静止姿が特徴的ですね。
e0224357_22320919.jpg
次に探したのがやはりクロツバラを食すヤマキチョウの幼虫や蛹です。
e0224357_22321359.jpg
枝先から葉がなくなるほどの食痕があれば・・・目立つので分かり易いです。
e0224357_22324585.jpg
広い草原にクロツバラだらけなので探すのは大変かと思いましたが・・・
意外と沢山見つかりました。
e0224357_22334278.jpg
鹿が生息する地域では(最近はどこでもいますが・・・)新芽を食べるので
ヤマキの食痕と紛らわしいこともあります。
e0224357_22340336.jpg
基本的には葉の中心の葉脈に沿って静止しています。
e0224357_22343681.jpg
これはまだ小さい幼虫ですね。
食痕も小さいです。
結局、蛹は見つからず・・・この地の発生は遅そうです。
e0224357_22361945.jpg
ヤマキの幼虫を蛹ながらホシチャバネセセリも探しました。
夕方だったので無理かと思いましたが1つだけ見つかりました。
縁毛が綺麗なので結構新鮮だと思いますが、一瞬で見失いました。(笑)
e0224357_22373054.jpg
コキマダラセセリは綺麗でした。
e0224357_22405288.jpg
長い口吻(ストロー)を花の奥まで突っ込みます。
e0224357_22401731.jpg
求愛も見られました。
写真では分かりませんが、翅が振動しています。
e0224357_22403103.jpg




久しぶりに訪れた高原でしたが、夕方だったにも関わらず狙いの種は一応見つかりました。
他にも色々見られるので、時期をずらして時々訪れたいと思います。








-


by konty33 | 2018-08-10 07:51 | 幼虫 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://konty33.exblog.jp/tb/27473686
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 22wn3288 at 2018-08-11 08:22
白線の無いミヤマカラスシジミ 面白いですね。
斑紋異常の少なそうな種のように思われますが、異常が出るのですね。
Commented by konty33 at 2018-08-12 18:19
22wn3288さん
時々この様な白線が消滅する個体がいる様です。
私はここまで明確な消滅は初めてですが、
以前に薄くなった個体を撮影した事があります。
しかし、狙って見つけられないですね。


<< ヤマキチョウの羽化ラッシュ      ヤマキチョウ初見 >>