2018年 06月 17日
メスアカのテリ張と暗がりのウラクロ
6月9日 つづき
オオミドリの次はメスアカのテリ張の時間です。
ダメもとで昔見られたメスアカミドリシジミのテリ張の場所に行ってみました。
木の成長などで環境が少しずつ変わり、以前のテリ張場所では見られませんでしたが
低い位置に偶然降りてくれる幸運に恵まれました。
e0224357_09224860.jpg
膝の高さに降りてくるとは思いませんでした。
e0224357_09233761.jpg
しかし、降りてきたのは2,3回だけ・・・
開翅してくれたのは良かったのですが、反対向きで残念でした。
前から撮れればかなり新鮮だったと思います。
e0224357_09245345.jpg
跡は3m以上の高い枝の先端とか・・・・
e0224357_09261728.jpg
開翅してくれなかったりとか・・・
e0224357_09264168.jpg
低いところでも目線の高さでは何ともなりません。
e0224357_09273379.jpg
この近くではクモガタヒョウモンがイボタに吸蜜に来ていました。
e0224357_09303120.jpg
足元の枯れすすきの踏み音で逃げてしまい上手く撮影できませんでした。
イボタの周りではウラゴマダラシジミが発生初期で遠くから証拠写真のみです。
e0224357_09585509.jpg
イボタの葉裏からは蛹が見つかりました。
e0224357_09594032.jpg
ここでは久しぶりにメスアカに出会え何とか翅表も撮影できました。



久しぶりついでに・・・帰り道にある以前行っていたウラクロシジミの生息地の様子を見に行きました。
綺麗な♂が暗がりを飛び交う中・・・・♀がマンサク周りで活動中でした。
e0224357_09365011.jpg
暗くて肉眼でも良く見えません。
ISO感度を目いっぱいい上げてもブレブレの証拠写真です。
e0224357_09370301.jpg
葉の上で静止しているか歩いているところしか撮影できませんが、
葉の裏に消えた時には産卵していたかもしれません。
6月2日に別の場所で撮影した産みたての卵を載せておきます。
e0224357_09482544.jpg
まだ緑っぽく見えるのは産んで間もないためです。
e0224357_09483716.jpg





結局、この日は朝から9種のゼフを撮影できました。
(ミズイロ、アカ、ウラナミアカ、クロ、アイノ、オオミドリ、メスアカ、ウラゴマ、ウラクロ)
上手くいけばウラミスジも見れる予定でしたが、こちらは来週以降に持ち越しです。



-


--


by konty33 | 2018-06-17 21:41 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://konty33.exblog.jp/tb/27346129
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ウラナミジャノメの交尾ほか      オオミドリのテリ張と産卵行動 >>