2018年 05月 26日
保護地のオオルリシジミ
5月20日
この日はオオルリシジミの保護地へ様子を見に行きました。
前日までと比べ朝の気温は相当下がり、冬に逆戻りの感じでしたが・・・
お蔭であまり飛びまわらず、観察会の皆さんにも良いモデルになってくれました。
e0224357_20434081.jpg
♀は新鮮な個体も見られるものの♂は既にスレばかり・・・
e0224357_20451979.jpg
e0224357_20455201.jpg
♀は新鮮な個体も多く見られました。
クララの上で開翅してくれました。
e0224357_20464137.jpg
e0224357_20475078.jpg
縁毛が綺麗に揃った新鮮な個体は翅裏も綺麗です。
e0224357_21272651.jpg
e0224357_21022533.jpg
少し気温が上がると吸蜜もよく見られました。
e0224357_20485277.jpg
e0224357_20494679.jpg
交尾も2組見られましたが、♂が酷いボロで写真としてはもう一つ・・・・
e0224357_20511574.jpg
e0224357_21293152.jpg
産卵シーンも撮影しておきました。
e0224357_20562562.jpg
花穂に産み付けられた卵は簡単に見つかります。
e0224357_20575375.jpg
拡大してみると・・・・
e0224357_20583644.jpg




何年かここに行っていますが、いつも新鮮な♂の時期を逃しています。
交尾や産卵を見られるのは良いですが、新鮮な♂の開翅も見てみたいです。
この日は観察会だったので、沢山の人たちがそれぞれ写真を撮ったりして楽しんでいました。





-


by konty33 | 2018-05-26 05:57 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://konty33.exblog.jp/tb/27295511
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 22wn3288 at 2018-05-28 08:53
自然のオオルリシジミはいいですね。
開翅で瑠璃色が確認出来ますね。
長く生き続けることを願います。
Commented by konty33 at 2018-05-28 22:12
22wn3288さん 
オオルリシジミはクララのある環境を保護しないと
生き残れないので、地元の皆さんのご努力に感謝します。
♀はとても新鮮な時期でラッキーでした。


<< 好天に恵まれ五目狙い      ヤマキチョウの求愛 >>