2018年 05月 21日
ヤマキチョウとトラフシジミの産卵
5月19日
ヤマキチョウの産卵シーズンが始まったと連絡をいただき山に向かいました。
草原や林縁のクロツバラを探すとよく卵は見つかりますが・・・・
産卵シーンの撮影となると気象条件や運も必要でなかなか難しいものです。
幸運にもこの日は一度だけヤマキチョウが狙いのクロツバラに立ち寄ってくれました。
e0224357_21215306.jpg
ちょうど産卵が終わって飛び立つところです。
トリミングすると・・・お尻の先に産みたての卵があるのがよく分かります。
e0224357_21225997.jpg
翅にややシミがあるものの・・・大きな破損もない比較的綺麗な個体です。
e0224357_21240544.jpg
ほんの数分でしたがこのクロツバラに執着して産卵していました。
e0224357_21254063.jpg
すぐ目の前でも産卵してくれました。
e0224357_21261089.jpg
卵は葉裏の太い葉脈付近に産み付けられることが多い様に思います。
黄色の卵は暫く経過した卵です。
e0224357_21272615.jpg
産みたての卵はこんな色です。
e0224357_21280311.jpg
時には葉表に産むこともあるようです。
e0224357_21284593.jpg
この日は♂は良く飛んでいましたが、♀は2回だけ・・・・
産卵中でも♂が飛んで来ると産卵を邪魔されて連れて行かれます。
e0224357_21315035.jpg

クロツバラにはトラフシジミも産卵します。
e0224357_21342140.jpg
卵は蕾の根元にありました。
e0224357_21402017.jpg
卵の表面の凹凸もよくわかる様に拡大してみました。
e0224357_21360322.jpg
産卵を終えると日陰で暫く佇んでいました。
e0224357_21422147.jpg
暫くするとまた産卵です。
e0224357_21431937.jpg
産卵を終えると今度は開翅していました。
e0224357_21441339.jpg




今回はクロツバラに絡む2種を観察することが出来ました。

ヤマキチョウは夏に見たこともない場所でもこの時期は良く飛びますが、
なにしろ条件の揃った産卵確率の高い日でもほんの数分のワンチャンスでしたから・・・
一度のチャレンジで産卵シーンを撮影できたのは大変ラッキーでした。




-


by konty33 | 2018-05-21 23:03 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://konty33.exblog.jp/tb/27287847
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 22wn3288 at 2018-05-22 15:05
ヤマキチョウの産卵シーン 良く撮れましたね。
卵もアップされて確認出来、素晴らしいです。
同じく トラフシジミもいいですね。
Commented by konty33 at 2018-05-22 23:06
22wn3288さん
産卵が始まったとの情報が貰えたのに加えて、天候にも恵まれ撮影できました。
卵はこれから更に増えると思いますが、既に簡単に見つかるくらいありました。
トラフシジミの産卵もここでは初めて見ることが出来ました。


<< ヤマキチョウの求愛      クモマツマキチョウの産卵行動 >>