2018年 05月 15日
オレンジを追いかけて
5月6日 
GW最終日、久しぶりに地元から離れアルプスへ行ってきました。
今回の狙いは少し早いですが・・・各地で発生情報があるクモマツマキチョウです。
最盛期には早い時間から飛びますが、朝は少し雲で日差しが遮られていたこともあり
この日の飛び出しは遅く撮影できたのは11時過ぎでした。
e0224357_21574814.jpg
時々強い風が吹き日差しが遮られると・・・草地に落ちる様に静止します。
e0224357_21585491.jpg
撮影機会は少なく、クモマツマキを追いかける体力も限界に・・・・
すると・・・やっとまだ花が少ないハタザオで吸蜜してくれました。
e0224357_22002198.jpg
e0224357_22021684.jpg
日が陰ると吸蜜中でも休止モードに・・・
e0224357_22025031.jpg
でもこれが最後のチャンスで・・・
あとは時々飛んでも吸蜜してくれませんでした。


この日はスジボソヤマキチョウの求愛、産卵、卵、幼虫などを観察しました。
ボロボロになった翅が痛々しく吸蜜シーンも絵になりませんね。
e0224357_22062506.jpg
求愛シーンも・・・痛々しく・・・
e0224357_22065944.jpg
クロウメモドキやクロカンバからは卵や幼虫も見つかります。
クロカンバの新芽付近の枝に産み付けられた卵です。
e0224357_22091930.jpg
卵の色も白から黄色、オレンジと変化していきます。
e0224357_22105964.jpg
産卵シーンはこんな感じで・・・ぶら下がってお尻を枝に回して・・・
e0224357_21212253.jpg
孵化した卵は透明で、先の方に幼虫が抜け出た穴が空いています。
e0224357_22142606.jpg
新芽からはまだ2,3mmの孵化して間もない幼虫も見つかります。
e0224357_22120786.jpg
e0224357_22123090.jpg




狙いのクモマツマキは滅多に出現せず・・・
スジボソヤマキの卵や幼虫などを観察しながら時間を潰しました。
クモマツマキは飛んで来ても静止しないので、撮影機会は極めて少なかったです。







-



by konty33 | 2018-05-15 21:34 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://konty33.exblog.jp/tb/27276556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ダンダラ at 2018-05-16 20:03 x
チャンスが少なかったとはいえクモツキがきれいに撮影されていますね。
スミレ吸蜜は、上からの撮影が多くなってしまいますが、横からのアングルが素晴らしいです。
Commented by konty33 at 2018-05-16 22:17
ダンダラさん 
まだ発生初期のためか2個体を確認できたのみで
目の前に現れた回数も少なかったです。
シャッターを切る寸前で何回か飛ばれて・・・
実際に写っていたのはこれで全てです。
スミレの時は翅を畳んだので横に回りました。
Commented by 22wn3288 at 2018-05-17 07:48
クモマツマキチョウはやっぱり綺麗ですね。
見事に撮影されていますね。
ボロボロになったスジボソヤマキチョウも生態が良く分かって貴重だと思います。
Commented by konty33 at 2018-05-17 20:58
22wn3288さん 
今回は発生初期だったのでオレンジが濃くてとても綺麗に見えました。
何時間も歩いて・・・追いかけて・・・フラフラになりながら
やっと撮影できた感じです。
スジボソヤマキはボロボロでヤマキとは全く異なるチョウだと言うことがよく分かりますね。


<< クモマツマキチョウの産卵行動      アゲハ類の五目撮り >>