2018年 04月 21日
ウスバシロチョウの吸蜜源は様々
4月19日 つづき
午後はウスバシロチョウの生息地に行ってみました。
例年ならGWに入ってから行きますが・・・やはり今年は早い様で既に飛んでいました。

ここではクサイチゴのような白い花が、一番のお気に入りで群がって吸蜜してました。
e0224357_22175701.jpg
e0224357_22215937.jpg
e0224357_22323160.jpg
枝が広がったキイチゴの仲間にも沢山集まっていました。
e0224357_22224128.jpg
撮影しているとトゲがそこら中に刺さってチクチク痛いです。
e0224357_22230249.jpg
e0224357_22331713.jpg
キンポウゲに似た黄色い花(ヒキノカサ?)でも・・・
e0224357_22241512.jpg
背景を飛ばそうと出来るだけ下からカメラを構えていると・・・
足の裏やふくらはぎが攣って暫く痛くて大変でした。
e0224357_22244520.jpg
以前ここではハルジオンが定番でしたが、最近は花が少なくなっていました。
e0224357_22255431.jpg
e0224357_22263608.jpg
少しだけ咲いていたシロツメクサでも吸蜜していました。
手前は♀ですね。
e0224357_22273582.jpg
タンポポにも顔を埋めていました。
e0224357_22285319.jpg
こちらはタビラコの仲間でしょうか。
e0224357_22283314.jpg
カラスノエンドウでも
e0224357_22305837.jpg
ヒメオドリコソウでしょうか。頭を突っ込んで吸蜜していました。
e0224357_22010988.jpg
他にも上手く撮影できず掲載しませんが、カキドオシなどでも吸蜜していました。
こうして観察すると・・・そこら辺に咲いている花なら何でもいいみたいです。

また、湿った地面から水分を吸水することもあるようです。
e0224357_22312872.jpg
苔の水分を吸水するのも確認しました。
e0224357_22031015.jpg
交尾済みの♀が2♂に狙われているシーンも見られました。
e0224357_22343096.jpg
他にも♀が草むらの地面を這いずり回っていた個体がいたので、暫く見ていると・・・
産卵場所を決めたのか・・・・お尻を曲げてじっとしていました。
この時は産卵しているかは確認できませんが・・・・
e0224357_22351603.jpg
直後にその場所を確認すると・・・やはり枯れ枝に産卵していました。
産みたての卵は薄いピンクです。
(暫くすると白くなります)
e0224357_22353491.jpg
午後からだった為か穏やかながら風がずっとやまないので
ぶら下っていても風であおられて・・・翅が不自然に・・・
e0224357_22364570.jpg



基本的には好天で穏やかな日和でしたが・・・意外と風があり・・・
翅を閉じてしまったり、風で揺らされて、思うような構図にはなってくれません。
それでもなんやかんや言って・・・時間を掛けて撮影しなんとかなりました。
まだ新鮮な個体が多かったので交尾を期待しましたが、全て交尾済みで残念でした。






-


by konty33 | 2018-04-21 22:09 | アゲハ類 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://konty33.exblog.jp/tb/27211556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 22wn3288 at 2018-04-22 07:53
もう ウスバシロチョウ が出ましたか。
今年は早いですね。
綺麗なシーンで素敵です。
ゴールデンウイークでは遅いでしょうか。
Commented by konty33 at 2018-04-22 21:42
22wn3288さん 
ウスバシロチョウもやや早いと思います。
既に♀は交尾済みで産卵まで確認できました。
GWも4/末ならなんとかなるかもしれませんが
早めでないと段々スレが進みますね。


<< 地元でギンイチの生息確認      ギンイチ 例年より早い発生 >>