2018年 04月 19日
ギンイチ 例年より早い発生
4月19日
先週末は台風のような嵐だったので・・・
お休みをとって久しぶりにフィールドに出掛けました。

午前中はギンイチモンジセセリを探してみました。
e0224357_21475307.jpg
数が少なく、見つけても飛びまわって止まらないのでシャッターが押せません。
e0224357_21484828.jpg
少し擦れた個体は撮影できましたが、新鮮な個体は撮れませんでした。
e0224357_21500407.jpg
この個体だけはとてもフレンドリーで広角でも撮らせてくれました。
e0224357_22033109.jpg
このチョウは晴天より曇りの方が撮影し易いようですね。



フジやツツジが咲いているので、例年ならGWに入ったころの感じです。
ギンイチも例年ならGWころで良いはずですが、今年は早い感じです。
真冬のようだった前回とは正反対で・・・顔に汗が滲むほどでとても暑く感じました。
あまり数が少ないので1時間ほどで切り上げ次に向かいました。



-



by konty33 | 2018-04-19 22:08 | セセリ類 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://konty33.exblog.jp/tb/27208017
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 22wn3288 at 2018-04-20 08:22
ギンイチモンジセセリが出始めましたね。
今年は早いのでしょうか。
気温も高い日がありますので、その影響でしょうか。
Commented by konty33 at 2018-04-20 20:07
22wn3288さん
ツツジやフジの花は1週間くらい早いと思います。
同様にギンイチも少し早いと思いますが如何でしょうか。
これから数が増えて4/末にピークがくると良いのですが・・・
Commented by fanseab at 2018-04-21 20:36
ご無沙汰しております。
ギンイチも雌で既にこれだけ擦れているので、そちらでは発生が例年より早いのでしょうか?
多摩川縁では、ほぼ例年並みのように思えるのですけどね。
Commented by konty33 at 2018-04-21 22:31
fanseabさん
こちらこそご無沙汰しています。
正確にはこの時期この場所に見に行ったことはなく
分かりませんが、例年はGWに入ってからも新鮮な個体が
みらるので、この擦れ個体を見て今年は早いのだと
思い込みました。
そちらでは例年並みの発生との事なので、引き続き
個体数の増減を観察する必要がありますね。


<< ウスバシロチョウの吸蜜源は様々      季節が逆戻り・・・霰が降る >>