2018年 02月 25日
冬の楽しみ・・・越冬卵と越冬幼虫探し
2月18日 
久しぶりにフィールドに出るチャンスでしたが・・・所用を片付けてからの遅い出発でした。
時間も遅いので近場で見つけられるヒサマツミドリシジミを探してみることにしました。

風が強く枝が揺れて見るのに苦労し・・・・
気温が比較的高い割には・・・とても寒く感じられ・・・
何箇所か周ってみても・・・
冬芽も少なくなかなか見つけられず・・・
やっと1卵見つけた1卵です。
e0224357_19485170.jpg
いつものようにTG-3で拡大撮影・・・
思いのほか綺麗に撮れました。
e0224357_19494353.jpg
ヒサマツは諦めてミスジチョウの越冬幼虫を探してみました。
こちらは葉裏(外側)に静止していました。
e0224357_19513519.jpg
カエデの枯葉が枝に残っているのを探しますが・・・・
幼虫がいない枯葉もそれなりに残っています。
幼虫がついている葉柄は糸で補強されているため葉が落ちません。
e0224357_19520417.jpg
もう一つ葉の表(内側)に静止しているのも見つかりました。
e0224357_20061331.jpg
分かりにくいのでもう少し拡大してみます。
e0224357_20065675.jpg
結局、ミスジチョウも2つしか見つけられず・・・・
早々に帰途につきました。

この時期・・・既に杉の花粉が飛び始めていると聞きますが・・・・
今年も花芽をいっぱいつけていましたが、まだ大丈夫でした。
e0224357_19552270.jpg


ニット帽もイヤーマフも忘れてしまい耳がとても冷たかったです。
快晴で徐々に風がおさまってきたのでなんとかなりましたが、
本当に寒い日ならアウトでした。





-





by konty33 | 2018-02-25 14:35 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://konty33.exblog.jp/tb/27102216
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 22wn3288 at 2018-02-26 08:49
ヒサマツミドリシジミの卵 微細な構造で綺麗ですね。
ミスジチョウの幼虫も良く見つかりますね。
枯葉が落ちないように補強してあるとは 流石自然は凄いですね。
Commented by konty33 at 2018-02-27 19:34
22wn3288さん 
ヒサマツの卵はコンデジ(TG-3)で簡単に撮影したのに
よく撮れました。これなら細かな構造までよくわかりますね。
ミスジチョウの幼虫は広範囲に探しましたが
例年より見つけるのに苦労して同じ木から2つ
見つけただけでした。
それにしても見事な擬態で、これなら鳥も見つけにくいのでしょうね。


<< 大卵塊を求めて久々の越冬卵探し      地元の冬 >>