2017年 12月 03日
時期遅れのサツマシジミなど
11月26日 続き
今年はサツマシジミを撮影するチャンスがありませんでしたが・・・・
今頃になって地元で時期遅れの個体と出会えました。

シャッターチャンスは♂♀ともに1回だけでしたが、証拠写真が撮れました。
一緒にいた蝶友が見つけてくれ・・・ビワの周りに執着していた♀です。
e0224357_22333067.jpg
暫く周囲をゆっくりと飛んでおり・・・・産卵シーンでも確認できたら良かったのですが、
突然高く飛びあがり見失いました。

暫く近くを散策していると♂が飛んできて・・・・下草に静止しました。
e0224357_22354720.jpg
1カットだけ撮影したところで一気に飛び見失いました。
♂♀が確認できたので、この辺りでも毎年見られる様になるかもしれません。


暖かな日になったので、他にもいろいろなチョウが飛びました。
ウラナミシジミはまだ綺麗な個体も見られました。
一瞬、サツマシジミと紛らわしい・・・・です。
e0224357_22395173.jpg
ウラギンシジミも一瞬サツマかと・・・・つい思ってしまいます。
e0224357_22420929.jpg
ヤマトスジグロシロチョウは流石に大き過ぎですが・・・
e0224357_22432990.jpg

他にもヤマトシジミ、ベニシジミ、キチョウなど・・・・まだ健在でした。
師走も近づき寒くなりましたが、ムラサキシジミやムラサキツバメ以外も頑張っていますね。


それにしてもサツマシジミとは・・・・偶然の出会いでした。
来シーズンは見落とさない様に視野を広げて観察しないとダメだと思いました。




-


by konty33 | 2017-12-03 21:41 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://konty33.exblog.jp/tb/26234727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 地元の越冬卵探し      ムラサキシジミの吸蜜と開翅 >>