2017年 09月 28日
地元で秋のチョウを探索
9月24日 続き
そろそろツマグロキチョウの秋型が発生していると思い探してみました。
まず見つけたのは湿った地面で吸水している個体でした。
e0224357_22150296.jpg
次のポイントでは・・・
活動している個体数は極めて少ない様子でしたが・・・・
ヤハズソウで吸蜜するツマグロキチョウを捉えることが出来ました。
e0224357_22101364.jpg
しかし、曇りがちな空模様の為か・・・・・
すぐに休止モードにななってしまいました。
e0224357_22135849.jpg
他には特に目ぼしいチョウも見られませんでしたが・・・・
ツマグロヒョウモンはよく見かけました。
e0224357_22244689.jpg
定点観察場所とも言えるいつもの場所でミヤマシジミの様子を確認しました。
成虫も少ないながら見られましたが・・・・
e0224357_22025581.jpg
コマツナギの根元から・・・・
初めて蛹を見つけることが出来ました。
アリが周りをウロウロと監視していました。
e0224357_22023894.jpg
幼虫は簡単に見つかる様になりました。
e0224357_22050065.jpg
幼虫を見つけるには、アリの動きの観察が早道の様です。
e0224357_22072738.jpg
アリが襲っているように見えますね・・・
e0224357_22091190.jpg
近くではメドハギにキチョウが産卵していました。
e0224357_21305017.jpg
ヤナギの木には擦れたコムラサキが群がるシーンも・・・
e0224357_21263566.jpg
イチモンジセセリは多くなりキマダラセセリも見られました。
e0224357_21284872.jpg
いろいろなチョウを撮影して自宅に戻ると・・・・・
陽も傾き薄暗くなりかけているのに・・・
庭のノウゼンカズラにモンキアゲハが吸蜜していました。
e0224357_21313243.jpg
最後にこの日撮影したチョウをコラージュにしてみました。
既に傷んだ個体が多いですが、いろいろなチョウに出会えました。
e0224357_22013763.jpg
イチモンジセセリ、ヒカゲチョウ、ナガサキアゲハ
ヒメアカタテハ、ヒメジャノメ、カラスアゲハ
チャバネセセリ、ベニシジミ、モンキチョウ


秋の一日をのんびりと楽しむことが出来ました。
日ごろは、出来るだけ綺麗なチョウの写真を撮りたいと思っていますが、
今回は擦れた普通種も記録として掲載してみました。




-




by konty33 | 2017-09-28 22:15 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://konty33.exblog.jp/tb/26077082
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2017-09-29 20:08
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by konty33 at 2017-09-29 23:25
鍵コメさん 
承知しました。


<< 晩秋のヤクルリ      ウラナミシジミとウラギンシジミ >>