2017年 09月 25日
ウラナミシジミとウラギンシジミ
9月24日
朝晩は多少涼しくなりましたが、日中はまだまだ暑い日が続いています。
疲れが溜まっていたので遠出は諦めて地元の河原に様子を見に行きました。
クズの蔓が一面に広がった場所では、ウラナミシジミが多く見られる時期になりました。
歩いていると・・・運よく交尾を見つける事が出来ました。
e0224357_21402350.jpg
クズの葉をあちらこちらと点々と飛びまわり落ち着きません。
センダングサの花の上にも止まりますが、クルクル回って落ち着かず・・・
e0224357_21375853.jpg
クズの花にも止まらないかと思っていたら自ら飛んで止ってくれました。
e0224357_21414778.jpg
クズの花を探すと卵が沢山見つかりました。
e0224357_21441604.jpg
花に食痕があると幼虫も見つかります。(恐らく終齢幼虫)
e0224357_21451721.jpg
あまり食痕が目立たない若齢幼虫も偶然見つかりました。(アリが周りにいます)
e0224357_21463101.jpg
クズの花を探しているとウラギンシジミの孵化殻が見つかりました。
ウラナミシジミよりかなり大きくて良く目立ちます。
e0224357_21492336.jpg
同じ花房の次ぐ近くには若齢幼がいました。
e0224357_21510299.jpg
2cm以上ありそうな終齢幼虫もいました。
e0224357_21520843.jpg
少し分かりにくいので100mmマクロで・・・・
e0224357_22133927.jpg
成虫はまだ少なかったですが、新鮮な秋型♂がいました。
e0224357_21544596.jpg
♀は葉裏に隠れるように佇んでいました。
e0224357_21564703.jpg
番外編ですが・・・・
アカメガシワの実にオレンジ色の大きなカメムシがいました。
綺麗だったので撮影しましたが・・・南国にいるアカギカメムシでしょうか?
e0224357_22012101.jpg



夏も終わり秋のチョウたちが賑わうようになりました。
両種ともこれから益々数が増えて行くことと思います。





-


by konty33 | 2017-09-25 22:17 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://konty33.exblog.jp/tb/26070583
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 地元で秋のチョウを探索      ミヤマシジミの産卵と卵 >>