2016年 08月 02日
ヤマキチョウの蛹探索など
7月30日 続き
この日の朝一の目的はヤマキチョウの蛹の探索でした。
今年幼虫を確認している木から探し始めると・・・羽化が近づいた蛹が見つかりました。
e0224357_20565762.jpg
ハッキリと前翅の紋が見えますね。

林縁のクロツバラを丹念に見ていくと普通の蛹も見つかりました。
まだ、上の写真の様に成虫の翅の色が透けて見えることはありません。
e0224357_20575073.jpg
蛹の羽化殻も見つかりました。
e0224357_20551778.jpg
と言うことは・・・・・近くに成虫がると言うことですね。
クロツバラの木の中で静止している成虫がいないか探しましたが見つかりません。

その代り、クロツバラを食樹とするミヤマカラスシジミ♀が見つかりました。
e0224357_21015906.jpg
この付近ではあまり見られないチョウです。
e0224357_21022066.jpg
とても新鮮ですが100mmマクロでは少し遠く近くに来てくれません。
暫く見ていると・・・目線の高さに来たので、少し枝を引っ張って撮影しました。
e0224357_21022989.jpg
近くのスイカズラからはイチモンジチョウorアサマイチモンジの幼虫が見つかります。
e0224357_21155066.jpg
成虫もいるかと思っていると・・・新鮮なアサマイチモンジが地面に止りました。
e0224357_21102914.jpg




今年は幼虫が少なめだった割には蛹の数は殻も合わせると昨年を大きく上回りました。
また、7月中に既に羽化しているとは思わず少し驚きました。
しかし、ここではヤマキチョウの成虫を見ることはありませんでした。

(この場所では何故か新生ヤマキの姿を見ることは稀なのです。
羽化直後に何処か居心地の良い場所に移動するのかもしれません。)




-


by konty33 | 2016-08-02 21:29 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://konty33.exblog.jp/tb/24569949
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 7月のヤマキチョウの成虫は初見      スミナガシと遊ぶ >>