2016年 06月 27日
初夏の高原?のチョウ達
6月26日
梅雨前線が南下し概ね晴天になるとの予報を信じて山地性ゼフのテリ張を期待していました。
ところが、とても寒くて(気温13~15℃)日差しも殆んど差さないので早々に諦めて高原の草原に向かいました。
取り敢えずの狙いは昨年は撮影機会が無かったコヒョウモンモドキです。
久しぶりに見たのでとても小さく感じました。
e0224357_21292870.jpg
草原のあちらこちらで静止していましたが、歩くと意外と敏感に飛び出します。
e0224357_21305750.jpg
葉の上に静止するとすぐに開翅するので裏が撮れないので下から狙いました。
e0224357_21322235.jpg
2頭並んで静止するシーンがよく見られました。
e0224357_21333171.jpg
求愛することもありましたが、交尾は未成立でした。(誤求愛?)
e0224357_21342580.jpg
やけに黒色化した個体も見られました。

e0224357_21351253.jpg

この草原にはコヒョウモンヒョウモンチョウも沢山見られました。

e0224357_21392637.jpg
e0224357_21400508.jpg
ヒメキマダラセセリとの2ショットも・・・・
e0224357_21410203.jpg



初夏の高原は暑くて熱中症を心配しなければいけない事もありますが、この日は寒気のせいで気温も上りません。
それでも、ちょうどこの時だけは日差しもあり、暖かく感じました。
久しぶりのコヒョウモンモドキとヒョウモンチョウでしたが、とても新鮮で良いタイミングだったと思います。
次回もう少しだけ草原の続きを掲載予定です。




-






by konty33 | 2016-06-27 21:57 | タテハ類 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://konty33.exblog.jp/tb/24488884
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by zephyrus at 2016-06-28 03:02 x
いつも拝見しております。名古屋のKこと、zephyrusです。
フィールドでも、浜松のKさんと一緒の時に、時々お会いしております。(今年はまだお会いしていませんでしたね。)
クモツキ、ベニカラ、各種ゼフ等、今年も綺麗な写真を沢山撮られており、うらやましい限りです。
さて、コヒョウモンとされている蝶ですが、ヒョウモンチョウの方ではないか?と思いました。
前翅外縁が直線的なことと、前翅下部の内側から2番目の黒紋が中心寄りなどといった特徴から、そう感じた次第です。
場所もなんとなく、あそこではないかと勝手に想像しています。(笑) もし私の想像している場所だとしたら、ヒョウモンチョウも多いです。
またどこかでお会いしたいですね。色々と楽しいお話をお聞きしたいです。では。
Commented by テクてっく at 2016-06-28 19:42 x
こんばんは。先日はお世話になりました。
きれいな固体ばかりでいい撮影が出来ましたね。
私は2頭揃っての撮影は出来ませんでしたが
一応フォトパスにUPしました。
Commented by konty33 at 2016-06-28 21:23
zephyrusさん 
ご無沙汰しております。ご覧いただいているとは知りませんでした。有難うございます。
ご指摘のとおり間違えていましたので早速訂正しておきました。
思い込みが激しいので最初に蝶を見た瞬間に勘違いしてしまいました。
この場所は初めての場所だったので、どんな種類がいるのかも勉強不足でした。
また何処かでお会いできると思いますが、その節は宜しくお願いします。
Commented by konty33 at 2016-06-28 21:35
テクてっくさん 
こちらこそありがとうございました。
あまりの寒さでどうしたのもかと思い止んでしまいました。
ここでは何とかチョウの姿がみられてホッとしています。
フォトパス拝見させていただきます。


<< 草原のヒメシジミ      梅雨時期のアサマシジミとクロツバメ >>