2016年 06月 19日
早朝にゼフと遊ぶ
6月19日
そろそろクロミドリシジミの時期だと思いクヌギ林に向かいました。
下草にあまり夜露が降りておらず蒸し暑く感じるので、こんな日は下に降ろすのが苦手です。
クヌギの高い枝を叩くと次々飛び出してきますが、遠くに飛んで行ってしまいます。
やっと降りて来てくれた虎の子を撮影しました。
e0224357_22264382.jpg
日が当たり始めると開翅しました。
e0224357_22275436.jpg
新鮮なクロミドリシジミの♀です。
e0224357_22282071.jpg
クヌギの幼木にクロミドリを見つけました。
e0224357_22303253.jpg
ウラミスジシジミ
も降りて来てくれました。
e0224357_22330179.jpg
複数個体が降りてきましたが、日が当たっても開翅してくれませんでした。
e0224357_22341282.jpg
ミズイロオナガシジミも少ないながら見られました。
e0224357_22335449.jpg
ウラナミアカシジミはかなり多く見られました。
e0224357_22362589.jpg
ここではこれまで見たことのないキマダラモドキが複数見られました。
e0224357_22382606.jpg
ヘリグロチャバネセセリもひっそりと静止していました。
e0224357_22393216.jpg



予想通り大半をロストしましたが、新鮮なクロミドリ♀は時期の読みがドンピシャでした。
♂も降りてきましたが草の中に潜ってしまい今回は未撮影です。
ウラミスジも確実に見られるようで良かったですが、開翅の素振りもなく残念でした。



-




by konty33 | 2016-06-19 22:48 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://konty33.exblog.jp/tb/24470073
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 22wn3288 at 2016-06-21 08:32
クロミドリシジミの開翅 素晴らしいです。
綺麗な個体ですね。
ウラミスジシジミも居て、キマダラモドキも居て、素敵ですね。
Commented by konty33 at 2016-06-21 22:29
22wn3288さん 
朝の気温が高めで、少し陽が当たりかけていたので
降りて来てくれた個体は少なかったですが、新鮮さは抜群でした。
嬉しいことにウラミスジはこの場所の定番になりつつあります。
キマダラモドキはここでは初ですが、キマダラヒカゲだと
思い込み確認していませんでした。
よく観察しないとダメですね。


<< オオミドリのテリ張は健在      ひっそりと生き残るウラナミジャノメ >>