2016年 06月 04日
崖のチョウ・・・・優雅に舞う
5月29日 続き
クモマツマキチョウに後ろ髪を引かれながら下山した後、ツマジロウラジャノメを見に行きました。
崖の続く林道で見られますが、道端のコンクリートに止まっても絵になりません。
e0224357_21492458.jpg

カメラではなかなか表現が難しいのですが、崖の岩に沿って舞うように飛ぶ姿はとても優雅に見えました。
黒っぽく新鮮な個体が崖の落石防止のフェンスに止まりましたが、全く絵になりません。
e0224357_21463263.jpg

やっと自然の岩に静止したのにピントが合わず上手く撮れませんでしたが、雰囲気だけは伝わるでしょうか。
e0224357_21474254.jpg

e0224357_21475786.jpg

一度だけウツギに吸蜜に来ました。
e0224357_2153137.jpg

日なたで白い花と黒っぽいチョウでは適正露出が分からず苦労します。
ややプラス補正して撮影しました。
e0224357_21533725.jpg

ブットレアの吸蜜とは違い一か所で短時間の吸蜜だけで飛んで行ってしまいました。
午後は飛び回るばかりでシャッターチャンスは少なかったです。
落石かと思ったら、なんと崖の上から大きなカエルが落ちてきました。
潰れて死んだかと思いましたが、元気な様子です。
e0224357_2212252.jpg

カエルが落ちて・・・・まさに落ちが付いたようなので諦めて帰途につきました。



白い縁毛が綺麗な♂が意外と多く、飛ぶ姿は目に焼き付いています。
時々崖の上から優雅にフワフワと降りてきますが、静止することは稀でした。
苔むした自然の岩に静止してくれれば雰囲気が出ますが、そんな機会もなく・・・・・。
いつか何処かでリベンジしたいと思います。



-

by konty33 | 2016-06-04 22:18 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://konty33.exblog.jp/tb/24433927
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by himeoo27 at 2016-06-05 08:29
ツマジロウラジャノメは、北アルプスの信州側の山中と、
栃木県西部の山中とで数えるほどしか出逢えていません
(涙)。私のイメージは「ガレ場を颯爽と舞う」という
感じかな!
Commented by 22wn3288 at 2016-06-05 08:41
ツマジロウラジャノメも見たいチョウの一つです。崖の辺りを飛び上へ上がっていくイメージですか。
雰囲気が出ていますね。
Commented by hirax2 at 2016-06-05 16:36
ツマジロウラジャノメ、一度上高地で撮ったっきり出会えてないですね。羨ましく拝見いたしました。
崖沿いの撮影はなかなか難しいものですね。でも中々雰囲気出ていますよ。
Commented by naoggio at 2016-06-05 21:31 x
今晩は。
当日は大変お世話になりました。お目にかかれて良かったです。
ツマジロウラジャノメも気になっていたので下山も考えたのですが結局だらだらと山上に居残ってしまいました。
ツマジロの純白の縁毛が美しいですね。こんなにくっきりしてましたっけ?
↓のクモツキの写真ですが、マクロで撮られているだけあってきれいで臨場感がありますね。
やはりkonty さんはレベルが違うなあと思いました。
Commented by konty33 at 2016-06-06 22:36
himeooさん 
このチョウはあまり沢山いるイメージはありませんね。
これまでは見つかるとカメラを向ける序のチョウでした。
少し驚いた時などは急に速度が上がりますが、この日は
颯爽とした感じより、ゆったりと優雅な印象的でした。
Commented by konty33 at 2016-06-06 22:39
22wn3288さん 
どの種もそうかもしれませんが新鮮なこのチョウは
とても魅力的です。
苔むした岩との組み合わせを狙いましたが、思い通りにはなりません。
もう少し度々静止してくれると撮影し易いのですが・・・・。
Commented by konty33 at 2016-06-06 22:44
hirax2さん 
上高地では相性が悪く撮影できた試がありません。
狙って確実に撮影できるところはあまり知りませんので、
これだけを狙って山奥の林道に行くのもリスクがあります。
多少は雰囲気が伝わりますでしょうか。
Commented by konty33 at 2016-06-06 22:54
naoggioさん 
こちらこそ大変お世話になり有難うございました。
下山しても確実に撮影できるわけでもないし、
山上でも良い写真が撮れたようなので良かったと思います。
白の縁毛が魅力的ですよね。新鮮さの証です。
掲載のクモツキは300mmで撮影しています。
最初の♀はマクロでしたがピンボケでした。(笑)


<< ミドリシジミの翅表の輝き      今シーズン最後のオレンジ >>