2015年 09月 12日
クロセセリの吸蜜
9月12日
お誘いいただいたので、久しぶりに日帰り遠征に行ってきました。
今回の狙いはミョウガで育つクロセセリです。
かつては九州以南にしか生息しなかったのですが、今は生息範囲を四国や中国地方にも拡大しています。
今回は人為的な移入と言われている地域で今回初めて撮影に挑みました。
e0224357_2282012.jpg

新鮮な個体も時々見られますが・・・・・
少し傷んだ個体が殆どでした。
e0224357_2293451.jpg

ムクゲの花?がお好みのような・・・・・
長い口吻を目いっぱい伸ばして吸蜜します。
e0224357_22105526.jpg

♀だと思いますが、吸蜜の合間にも花の中で休憩していました。
e0224357_22115779.jpg

アベリアにも吸蜜に来ていました。
e0224357_2223317.jpg

ここでも長い口吻を伸ばしていました。
e0224357_22234990.jpg

葉の上で休止する姿はよく見られますが、目線より高くて・・・・・
e0224357_22264664.jpg

時々低い場所に止まってくれました。
e0224357_21385895.jpg

翅をたたんだ状態で横から見ると前翅の白紋も殆ど見えないので魅力半減です。
e0224357_21365627.jpg



少し遠いと感じましたが、初めてのクロセセリを堪能できました。
機会があればミョウガにいる幼虫や卵も観察してみたいですね。

by konty33 | 2015-09-12 22:32 | セセリ類 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://konty33.exblog.jp/tb/23667319
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kazenohane at 2015-09-13 09:09
おはようございます。
新鮮な個体は、見栄えがしますね。
白と黒のコントラストが美しいです。
ムクゲやアべりアの花を訪れるシーンも、いいものですね。
八重山では、何度も見かけていますが、
翅が破損した個体ばかりでした。
ミョウガが食草ですか、南の島はゲットウのようです。


Commented by konty33 at 2015-09-13 22:04
kazenohaneさん 
新鮮な個体は飛んでいても黒く見えて、静止すると白い紋が大きくて魅力的に見えます。
傷んでくると茶色っぽく見えコントラストが低下し迫力がなくなってきますね。
ゲットウは初めて聞きましたが、やはりミョウガの仲間なのですね。
八重山とは生息環境も全く異なると思いますが、南方系のチョウの雰囲気が感じられました。
Commented by hirax2 at 2015-09-14 12:45
私はまだ撮ったことがないクロセセリ羨ましく拝見しました。
近くに居ませんので、以前京都の移入したポイントで探しましたが
見られませんでした。クロと大きな白紋のコントラストが綺麗ですね。
Commented by konty33 at 2015-09-14 21:49
hirax2さん 
一人だと大変ですが、お誘いいただいたので行くことが出来ました。
初めての経験で撮影に適した時期もよくわかりませんが、
次回行く機会があれば、いろいろな生態観察が出来ると良いなと思っています。
本州では他には見られない大きな白紋が印象的ですね。
Commented by kenken at 2015-09-15 23:44 x
ん?この石に芙蓉の花・・・見たことのあるような・・・
いつが適期は分からない・・・確かにそんな蝶ですね、いったい何化なんでしょうね。
ナガサキアゲハなんぞ吸蜜に来ませんでしたか?
Commented by konty33 at 2015-09-17 21:12
kenkenさん
わっ、わかっちゃいましたか。(笑)
もう1週間ほど早ければ新鮮なのかと思いましたが、
いつ行っても同じような感じでしょうか?
新鮮なナガサキアゲハでも来てくれれば良かったのですが
この日はこのチョウ以外のの訪花はありませんでした。
Commented by kenken at 2015-09-17 23:29 x
行ったところ勝負みたいなもんですね、鮮度は。
過去の経験では、9月初旬が良いかなという感じです。
すぐ近くにミョウガあったハズなのですが幼虫探しはされませんでしたか?
Commented by konty33 at 2015-09-18 22:30
kenkenさん 
やはり9月初旬ですか。
その年の発生周期のズレはあるでしょうから、難しそうですね。
幼虫も少しだけ探しましたが、見つかりませんでした。
もう少しじっくり探せば見つかったかも・・・・と思います。


<< 可愛い外来種      真夏のヤクシマルリシジミ >>