人気ブログランキング |
2015年 06月 28日
オオムラサキセンターに立ち寄る
6月20日
朝のひと仕事を終えてからオオムラサキセンターに立ち寄りました。
ここではゲージの中でオオムラサキが沢山飼育されています。
e0224357_21561377.jpg

ちょうど羽化が始まったようで、まだ幼虫も沢山いました。
e0224357_2156321.jpg

e0224357_21564942.jpg

成虫にはメロンが支給されていました。
e0224357_21572095.jpg

e0224357_21573338.jpg

オオムラサキだけでなくミヤマカラスシジミもいました。
e0224357_21593891.jpg

クロウメモドキの枝を這い回って、産卵モードのようでした。
e0224357_2204320.jpg

この時は本当に産卵しました。
e0224357_2211121.jpg

卵が見えたシーンもありました。
e0224357_222985.jpg

何故かメスグロヒョウモンが交尾していたりします。
e0224357_2243290.jpg

野外ではホシミスジがユキヤナギの周りを沢山飛んでいました。
e0224357_224125.jpg

帰り道でアサマシジミがいないかと立ち寄った場所ジョウザンミドリシジミが見られました。
e0224357_22245476.jpg

新鮮で傷一つないのですが、ススキの中に入って開翅しても撮影角度がありませんでした。
e0224357_2222893.jpg

シータテハも近くで見られました。
e0224357_22233132.jpg



オオムラサキが野外で見られなかったので、飼育の個体を見てきました。
エノキが枯れ木になるほど沢山の幼虫がいたので、これから沢山の成虫が羽化することと思います。
野外でもそろそろ成虫が見られるのでしょうね。

by konty33 | 2015-06-28 22:31 | タテハ類 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : https://konty33.exblog.jp/tb/23337926
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kazenohane at 2015-06-29 22:44
こんばんは。
オオムラサキセンターという施設があるんですね。
ここでは、自由に撮影をさせてくるのですか?
NHKでオオムラサキの番組が放映されましたので、
ここは、しばらく賑わいそうですね。
それにしてもメロンを食べるとは、いい待遇ですね(^^♪
Commented by 22wn3288 at 2015-06-30 08:17
オオムラサキセンターは適期に行けば確実に見ることが出来、安心ですね。
幼虫や蛹を観察することも容易だったように記憶します。
羽化の瞬間に立ち会えることもあるそうですね。
Commented by konty33 at 2015-07-01 23:20
kazenohaneさん 
ネットで見てみるとわかるように、各種の標本だけでなく
オオムラサキを中心にいろいろと飼育されています。
子供を連れた家族連れが中心ですが、自由に撮影もさせてもらえます。
なぜ高級なマスクメロンが与えられているのか謎ですが
オオムラサキが夢中なのも分かりますね。
Commented by konty33 at 2015-07-01 23:25
22wn3288さん 
少し早かったかなと思いますが、何頭か成虫がいました。
これから本格的に成虫の時期になると思います。
もともと行く予定ではありませんでしたが、自然のオオムラサキが
見られなかったので久しぶりに寄ってみました。
適期に行ったことはありませんが、この数ですから
羽化シーンに立ち会える確率は結構高いと思います。
Commented at 2016-06-23 09:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by konty33 at 2016-06-23 22:22
eurosさん 
オオムラサキセンターの近くではミヤマカラスシジミを見たことがなく分かりませんが、
クロウメモドキは意外なところにひっそりと生えていたりしますから
何処かで生息しているかもしれませんね。
このセンターに立ち寄ったのはこの時が初めてで、今年は特に行く予定はありませんが
もし機会があれば立ち寄ってみます。
また、周辺各地のクロウメモドキも心配なので気にしてみてみたいと思います。
Commented at 2016-06-25 05:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by konty33 at 2016-06-28 20:54
eurosさん 
あのあたりの野外でミヤマカラスシジミを見たことはありませんが、成虫がいるなら近くにクロウメモドキがあるはずです。
林縁付近で見つかることが多いと思っていますが如何でしょうか。
ヤマビルがいるのですね。あのあたりでは全く未警戒でした。
Commented at 2016-07-03 19:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by konty33 at 2016-07-04 22:25
鍵コメさん
ありがとうございます。
場合によっては遠出するかもしれませんね。
ヒルも心配ですが、今年マダニに食いつかれ医者で切除してもらうハメになりました。(笑)
Commented by axinite at 2016-07-05 05:16
euros です。
おやおや「外科手術」になりましたか。
それは大変でした。
私は二回、自分で処置しました


<< 雨上がりのキマダラルリツバメのテリ張      ウラミスジシジミの開翅2連発 >>