2015年 05月 31日
花が好きなチョウと樹液が好きなチョウ
5月23日 続き
このところチョウの種類も増えていますが、気が付くと季節が進んで撮影できない種が多くいます。
既に新鮮な時期は過ぎてしまった種ばかりですが、見かけたチョウ達を撮影してみました。
ウツギの花に立ち寄ると色々と吸蜜に来ます。
何と言ってもアサギマダラは大きいので目立ちます。
e0224357_14333412.jpg

ウスバシロチョウは花が似合いますね。
e0224357_14365353.jpg

e0224357_1438554.jpg

クモガタヒョウモンも時々飛んできます。
e0224357_14385854.jpg

e0224357_14391324.jpg

他にもアサマイチモンジやサカハチチョウなどが吸蜜していました。

すぐ横ではコナラの樹液を狙ってゴマダラチョウが飛来しました。
e0224357_14433066.jpg

♂はどうやらスズメバチに遠慮して順番待ちのようです。
e0224357_14444283.jpg

♀はしっかり樹液の穴を確保してました。
e0224357_14454218.jpg

他にもヒカゲチョウなどがやって来ます。
e0224357_14504731.jpg

ふと横にあるウメの木に目をやるとオオミスジの蛹もまた見つかりました。
ウメの木があるとついつい探してしてしまうのは、ほとんど病気ですね。
e0224357_14583357.jpg

セセリ類もいろいろ飛んでいましたが、モデルになってくれたのはヒメキマダラセセリくらいです。
e0224357_1503480.jpg



ウツギの花に吸蜜に来るチョウとは対照的にコナラの樹液に集まるチョウもいて・・・・・
それぞれ好みが違うのって面白いものですね。
次回はゼフを掲載できそうです。

by konty33 | 2015-05-31 15:19 | タテハ類 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://konty33.exblog.jp/tb/23188442
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by himeoo27 at 2015-05-31 18:56
これらのチョウの中では落ち着いた
色合いのヒカゲチョウがお気に入り
です。
飴色をしたコウモリがぶら下がった
ようなオオミスジ蛹格好イイですね!
Commented by konty33 at 2015-06-01 22:59
himeoo27さん 
ヒカゲチョウの色合いは落ち着いていますね。
夕方になると急に凄いスピードで飛び交う姿が見られます。
オオミスジの蛹はコウモリのようですか・・・・
言われてみれば、確かにそうも見えますね。
こんなのが見つかるようになると嬉しくなります。



<< 栗の花に集まるゼフなど      ベニモンカラスシジミの産卵 >>