2014年 05月 03日
チャマダラセセリは今年も健在でしたが・・・
4月27日
この日は絶滅が危惧されるのチャマダラセセリの確認に行きました。
朝から気温はかなり高く汗ばむ陽気でしたが、飛ぶ気配はありません。
10時半ごろになりやっと飛びました。(見つけてもらいました)
e0224357_2233944.jpg

まずは遠目から撮影し、飛んだら皆さんで行方を追います。
e0224357_22352292.jpg

見失いながらも再発見しながら何カットか撮影できました。
e0224357_22373067.jpg

タンポポに吸蜜してくれましたが、焦ってしまってややピントが甘いです。
e0224357_22382743.jpg

湿ったところでは吸水もしていました。
e0224357_22395898.jpg

同じような画像ばかりですが、産卵も見られず吸蜜も一度だけで見失ってしまいました。
e0224357_22412480.jpg


チャマダラセセリを探しながら、いろいろ浮気しました。
まずは、クロツバラに産卵されたミヤマカラスシジミの卵です。他にも大卵塊があったようです。
e0224357_22471183.jpg

スジボソヤマキチョウは、越冬するとシミだらけで残念な感じです。
e0224357_22502034.jpg

産卵シーンも見られましたが、超ピンボケです。
e0224357_22522313.jpg

卵も生みたて(右)からやや日にちが立っているもの(左)まで、沢山ありました。
e0224357_22523728.jpg


皆さんの注目はやはり越冬しても綺麗なヤマキチョウでしょうか。
遠くから撮影できた吸蜜シーンですが、トリミングしてあります。
e0224357_22585847.jpg

午後は他も場所も探索しましたが、以前見られた場所では見つかりませんでした。

帰りに信州のクロツバメシジミの様子を見に行きました。
まだ発生していないかと思いましたが、ちょうど発生し始めのようでした。
e0224357_2323178.jpg

風にも負けず、夕日に輝く石の上で開翅してくれました。
e0224357_2324327.jpg



ご一緒いただいた皆様、お世話になりありがとうございました。

チャマダラセセリはかなり厳しい状態のようです。
来年以降もここで見られるかは不安な状況なので、今後は探索にも力を入れる必要がありそうです。

by konty33 | 2014-05-03 23:07 | セセリ類 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://konty33.exblog.jp/tb/21957730
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2014-05-05 06:46
おはようございます。
チャマダラセセリ、私は5月3日に行きましたが、一頭見ただけでした。
撮った個体は違うと思いますが、あの場所で出る数はほんと少なくなっている印象が強いですね。
やはり保護と言う言葉を使われる時点で、手遅れに近いのでしょうかね。
Commented by 22wn3288 at 2014-05-05 08:28
チャマダラセセリを綺麗に撮影されていて流石です。
数は少なく絶滅の危険が迫っているようですね。
Commented by HOUNOKI at 2014-05-05 09:35 x
おはようございます。
チャマダラセセリ、あまりいい条件ではないのに、
きちっりと撮影されてますね。
私も今年、初めて拝ませていただきました。
1頭のチャマに10人近くの人が追いかける姿は、
壮観ですが、ちょっと滑稽に見えるかもしれませんね。
もちろん、私も当事者ですが(笑)。
Commented by konty33 at 2014-05-05 17:27
MIYAKOUTAさん 
やはりかなり少なくなっているようですね。
ほんの2,3年前と比較しても著しく減少したように感じます。
保護地として沢山の方に知られることとなり、生息地を踏み荒したからかもしれませんね。
また復活することを期待しています。
Commented by konty33 at 2014-05-05 17:30
22wn3288さん 
この地はかなり危険だと感じました。研究者の方のデータでも証明しているようです。
今後の保護の在り方を考えないといけないかもしれませんね。
Commented by konty33 at 2014-05-05 17:33
HOUNOKIさん 
以前とは違い撮影者の方が圧倒的に数が多くては何ともなりません。
仰るように皆で追いかけるのは滑稽です。
自分でも分かっているのですが・・・ついつい追いかけてしまいます。
来年は、違う生息地を探してみたいと思いました。


<< ギフチョウとヒメギフチョウの混...      ヒメギフチョウの吸蜜と産卵 >>