人気ブログランキング |
2014年 01月 12日
ハヤシミドリとアカシジミの越冬卵
1月11日
寒気が入って少し寒い朝でしたが、冬用タイヤも装着したので安心して山に出かけられるようになりました。
第1の目的はホシミスジの幼虫でしたが、ここならと狙っていたポイントでも発見出来ません。
午前中は、何も成果がなかったのですが、静かな湖面に映る「逆さ富士」を見ることができました。
e0224357_19572749.jpg


結局この日も幼虫探しを諦めて、午後からは卵探しになりました。
まず、この付近で確実昨年も探したカシワを食すハヤシミドリシジミの産卵状況を確認してみました。
昨年と変わらず・・・・・と言いたいところですが、枝が誰かに切り刻まれており昨年とは明らかに様子が違います。
それでも、手をつけられていない木を暫く探しやっと卵を見つけることができました。
e0224357_1911166.jpg

冬芽の基近くの一年枝のフカフカの部分を拡大してみると・・・・・
e0224357_1913524.jpg

多産地では次々に見つかるのですが、ここではそうはいきません。特に今年は少ないようです。
この四つ俣の枝では、カメラが近づけず拡大撮影出来なかったので雰囲気だけですが・・・・。
e0224357_19184978.jpg

カシワは葉が残っているので冬芽では見落とすためか、1年枝の基部で見つかるのが普通でしょうか。
e0224357_19191094.jpg

これは撮影し易いところだったので、超接写でも撮影してみました。
e0224357_19224492.jpg

昨年、夏に別の場所で撮影した成虫も追加しておきます。狙っていた♂の開翅は昨年撮れませんでした。
e0224357_2310297.jpg


少し遅い昼食を摂りながら、コナラの芽も何となく見ていると・・・・・あれっ!ウラミスジ?
しかし、良く見てみるとアカシジミのようです。2卵ついているので一瞬間違えてしまいました。
ガードレールの外側の崖っぷち・・・・南向きの陽当たりの良い1mくらいの高さでした。
e0224357_1929825.jpg

もう少し拡大して撮影するとこんな感じです。
e0224357_19315840.jpg

あまりカモフラージュがされていませんが、きっとこの枝の表面から毛が取れなかったのでしょう。
e0224357_19333868.jpg

2卵まとめてついているアカシジミの卵は初めて見ました。
同じ木を探すとすぐ近くからもう1卵見つかりました。
e0224357_19485721.jpg

昨年、夏に別の場所で撮影したアカシジミの産卵シーンを追加しておきます。この時はミズナラでした。
e0224357_2311334.jpg



雪の残った場所では足が冷たくなりますが、風もない日中は陽を浴びていると汗ばむほどです。
ただ、山際では陽が沈むのが早く4時過ぎには探索どころではなくなります。
そんなわけで、次のポイントに移動する時間もなく帰途につくしかありませんでした。
この時期でも、毎週1日はフィールドに出たいですが、来週はどこへ・・・・・。

by konty33 | 2014-01-12 20:26 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://konty33.exblog.jp/tb/21562580
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by himeoo27 at 2014-01-12 21:34
アカシジミは、卵の表面を偽装するので
見つけ難いように思います。毎度のこと
ながら凄い探索能力ですね!
Commented by konty33 at 2014-01-12 23:23
himeooさん 
カモフラージュが完全なら見つけにくいですが、今回はラッキーにもそうではありませんでした。
偶然見つけた感じでアカシジミの気持ちには未だなれず、探すコツが全く納得いっていません。
それでも見つかったから自分でも驚いています。
Commented by 22wn3288 at 2014-01-13 08:12
逆さ富士が綺麗ですね。
卵の探索 何時もながらお見事ですね。
Commented by konty33 at 2014-01-14 22:19
22wn3288さん 
静岡に30年以上住んでおり、富士五湖にもかなり行きましたが、完全な逆さ富士を見たのは初めてでした。
毎回、越冬幼虫を見つけてみたいと頑張っているのですが、見つけられないのが情けないです。


<< 越冬卵の五目撮り      ウラキンとウラゴマの越冬卵探し >>