2013年 09月 22日
ツマジロウラジャノメとの出会いに感激
9月21日
チャバネセセリ卵探索もサッパリ成果がなく、ブログネタがなくなるのも淋しいものです。
当てもなくネタ探しに山の方に行ってみると思わぬところでツマジロウラジャノメに出会えて感激しました。
翅表もとても綺麗な♀の個体なので、時期からいって3化でしょうか。(2化かも?)
e0224357_19521626.jpg

いつも敏感なチョウですが、100mmマクロで撮影できることもあるのですね。
e0224357_1952873.jpg

崖のチョウらしい画像が撮れましたが、たった一輪咲いていた花に吸蜜も・・・・・
e0224357_1971810.jpg

e0224357_1975977.jpg

吸蜜が終わるとまた崖の岩に静止しました。
e0224357_1985498.jpg


テングチョウがいたので逆光で透かしてみました。これでも綺麗なのですが翅表が見たいですね。
e0224357_19114119.jpg

飛翔で翅表を見ることができました。
こんなタイミングでシャッターを切った覚えは全くないのですが・・・・出会い頭です。(300mmノートリミング)
e0224357_1922788.jpg

日中は暑くなったのでミヤマカラスアゲハの吸水も見られましたが、こちらは翅表の輝きは撮れませんでした。
e0224357_19383260.jpg


最後に、今年6月/初に別の場所で撮影した1化のツマジロウラジャノメを貼っておきます。
この1枚だけだったので、お蔵入りになっていましたが・・・登場できてよかったです。
e0224357_193335.jpg



ツマジロウラジャノメは、7月~8月に山奥で時々出会う程度であまり撮影機会は多くありません。
当てもなく訪れた場所で、こんな時期に撮影したことは勿論初めてです。
いつもこんなサプライズがあれば嬉しいのですが・・・・。

by konty33 | 2013-09-22 20:07 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : https://konty33.exblog.jp/tb/21102162
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by LUFFYY at 2013-09-22 20:18
やっぱり師匠ですな。
画像が鮮明過ぎ・・・
私が、まだ出会えてない蝶
ありがとうございました。
Commented by midori at 2013-09-22 21:05 x
ツマジロウラジャ♀きれいですね。崖のチョウのイメージですが、やはり
吸蜜シーンが最高です。まさかのところでこの子とは...さぞ興奮したことでしょう(*^_^*)!おめでとうございます。
Commented by maximiechan at 2013-09-22 22:15
タイトルだけ見た時は「えっ」という感じでしたが、
こんな時期に本当にいたのですね。
1枚目を見たときは衝撃を受けました。
素晴らしい出会い、そして写真に感動しました。
Commented by 22wn3288 at 2013-09-23 08:33 x
綺麗なツマジロウラジャノメですね。
こんなサプライズ 大歓迎ですね。
吸蜜のシーンも素晴らしい。
Commented by HOUNOKI at 2013-09-23 09:43 x
夏の蝶と思い込んでいましたので、
この時期に、こんな新鮮なツマジロウラジャノメが
見られるとは、驚きですね。
黒地の翅に白班が輝いて美しいですね。
ジャノメ好きの心を捉える写真でした。
Commented by himeoo27 at 2013-09-23 15:40
新鮮なツマジロウラジャノメ、更に100mmで撮れる程の
フレンドリーな個体とダブルに嬉しいサプライズでしたね!
テングチョウの飛び立ちも決まっていて素敵です。
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2013-09-23 20:40
息を呑む美しさですね。
ツマジロウラジャノメが9月でこんな綺麗な姿を見せるとは
知りませんでした。
テングチョウも、
透かすといつも見ているチョウとは違うチョウに変わりますね。
見ていて心に沁みます。
Commented by konty33 at 2013-09-23 20:59
LUFFYYさん 
狙って撮れたら素晴らしいですが、こんなの偶然です。
新鮮なツマジロと出会えて久しぶりに興奮しました。
初めてフレンドリーに遊んでもらいました。
Commented by konty33 at 2013-09-23 21:07
midoriさん 
翅の縁毛まで綺麗に揃った新鮮なツマジロに会いたくて、夏に随分さがしましたが
思いもしないタイミングで綺麗な個体に出会えると嬉しいですね。
吸蜜シーンも久しぶりに見ることができたので、来年は狙って撮りたいです。
Commented by konty33 at 2013-09-23 21:11
maximiechanさん 
ひょっとしてボロの♀が産卵でもしていないかな?と少し期待していましたが、
意表を突かれた感じで自分でも驚いています。
崖の岩に静止した定番の姿ですが、すぐ近くで正面から開翅が撮れたので満足しています。
Commented by konty33 at 2013-09-23 21:14
22wn3288さん 
偶然の出会いとは言え、期待以上の成果に大満足です。
こんな嬉しいサプライズは滅多にない事ですね。
たった一輪しか咲いていなかった花に吸蜜してくれたのも良かったです。
Commented by konty33 at 2013-09-23 21:18
HOUNOKIさん 
夏に見ることが多いので夏の蝶の印象はありますね。
しかし、今年は6月、8月、9月と3回見ることができました。
何処に行っても多くは見られないので、貴重な出会いだと思います。
やはり♀の白紋も輝いて見えて、ジャノメ好きにはたまりませんね。
Commented by konty33 at 2013-09-23 21:25
himeooさん 
仰るとおりで、敏感で300mmの世界でしたから、今回はフレンドリーな個体と出会えてとても嬉しかったです。
最初は300mmだったのですが、近くに静止したので100mmを取り出すのに慌ててしまい、良いシーンを取り損ねました。
テングチョウは帰宅して写真を見た時、いつの間に撮れていたのか驚きました。

Commented by konty33 at 2013-09-23 21:30
MIYAKOUTA5040さん 
このチョウは、ゆったりとした飛び方のわりに意外と翅の傷みが早いので
これまで綺麗な個体をなかなか撮影できませんでした。
この時期に新鮮な個体が見られることも驚きですが、図鑑によると3化も有りのようなので納得です。
テングチョウはいつも変わらぬ写真になりがちですが、今回は少し面白いカットが撮れました。


<< 河原のミヤマシジミ観察 その2      イチモンジセセリの産卵と卵 >>