人気ブログランキング |
2013年 05月 23日
河原のミヤマシジミの生息確認
5月18日
午前中に所用をすませ、午後から近くのミヤマシジミの生息地に行ってみました。
数年前までは河原の何処にでも沢山いたのに、急激に減少してしまったので、その生息の確認です。
現地に到着するとすぐに見つけた1頭の♀が、盛んに産卵していました。
e0224357_218567.jpg

いきなり、卵撮影のチャンスが来ました。まずは、コンデジで・・・・
e0224357_21854100.jpg

確か冬にも超接写で撮影しましたが、その時は地面近くの枯れた茎でした。
今回も茎にも葉裏にも産卵していましたが、この時期は新芽に産卵することが多いようです。
産卵直後は、少し緑っぽい色に見えます。
e0224357_2113898.jpg

産卵を終えると近くのミヤコグサで吸蜜していましたが、同じ個体か分かりません。
e0224357_21151821.jpg

この時期はミヤコグサの黄色い花が意外と多く♀はこの花が好みのようでした。
e0224357_21161828.jpg

吸蜜に夢中なので、超接近して広角でも撮影してみました。
e0224357_21194721.jpg

♂はボロがいましたが、綺麗な個体がいないかと探していると・・・・いました。
しかし、背景に何となく写っている緑色のネットが・・・・ここで撮影を止めると採集されてしまいます。
e0224357_21213847.jpg

そこで暫くの間この♂と遊んでもらいました。
e0224357_21234532.jpg

すぐ横にはミヤコグサが咲いていますが、この♂はアカツメクサが好みのようでした。
e0224357_2128370.jpg

暫く、撮影を続けていると・・・・採集者は何処かへ去っていったので助かりました。
なんとか今回は採集されずにすみましたが・・・・困ったものです。
e0224357_21293545.jpg



違う場所では、ヒメキマダラセセリが見られました。
e0224357_21331133.jpg

もう少し近くでも・・・・・
e0224357_21333946.jpg



この日は、時間がなかったのでこれだけで終わりです。
ミヤマシジミは4、5頭と少なかったですが、なんとか生息が確認できて良かったです。
ここまで減少してしまった限られた産地ですから、採集したら本当に絶滅を心配しなければいけません。

by konty33 | 2013-05-23 21:54 | シジミ類 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://konty33.exblog.jp/tb/20539991
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by HOUNOKI at 2013-05-23 22:49 x
この時期のミヤマシジミは、
黄色のミヤコグサやピンク色のアカツメクサの花に、
吸蜜するんですね。
この組み合わせも素敵な絵になりますね。
ここも採集者に狙われていますか。
何とかならないですかね。
Commented by maximiechan at 2013-05-24 05:30
ミヤマシジミ少ないようですね。
卵の写真は相変わらず見事です。
産みたての淡い緑色綺麗です。
採集に関しては本当に何とかならないですかね。
Commented by konty33 at 2013-05-24 22:00
HOUNOKIさん 
例年は、9月にならないとミヤマシジミを見に行かないのですが、
いつも食草のコマツナギの花に吸蜜する姿を見ていました。
この時期は、コマツナギの花が咲いていないので他の花しか仕方がないですね。
ここでは、よく採集者を見かけますが、なんともやるせないです。
Commented by konty33 at 2013-05-24 22:07
maximiechanさん 
ここで随分数が減りました。
変異の個体が見つかったとの情報が流れて、多数の採集者が押し寄せたことが原因と聞いています。
今は、風前の灯火になっていますから、暖かく見守ってあげたいですね。
Commented by 22wn3288 at 2013-05-25 10:56
ミヤマシジミか無事発生していて良かったです。
アカツメクサとのコンビ 綺麗ですね。
卵も始めて見せて頂きました。
Commented by himeoo27 at 2013-05-25 21:52
3コマ目のミヤマシジミの卵の画像素晴しいです。
5月初めタイワンヒメシジミの卵を見つけましたが、
コンデジでは手も足もでませんでした(涙)。
Commented by konty33 at 2013-05-26 20:04
22wn3288さん 
今年もなんとか無事発生しているのが確認できました。
アカツメクサやミヤコグサに吸蜜する姿は、新鮮に映りました。
産卵していたので、卵もすぐに見つかりましたから、卵撮影は容易でした。
他にも探してみるといくつか見つかったので、次は幼虫を見てみたいです。
Commented by konty33 at 2013-05-26 20:07
himeoo27さん 
卵のアップは光の当て方や固定方法に工夫がありますが、専用のマクロレンズが威力を発揮します。
タイワンヒメシジミなるものは見たことがないですから、そちらの方が羨ましいです。
コンデジだと2枚目の写真くらいになってしまいますね。
Commented by cactuss at 2013-05-26 22:56
ミヤマシジミはだんだん減少していく様で、心配ですね。
群馬でも生息地が非常に少なくなりました。
保護活動を進めているところもあるので、増えてほしいものです。
Commented by konty33 at 2013-05-27 21:52
cactussさん 
数年前までは、もの凄く沢山いたのですがある年急に激減しました。
その後は、この場所だけで細々と生き延びているようです。
環境は以前と変わらないように思うのですが・・・まるで殺虫剤を散布して殺してしまったかのように感じます。
コマツナギはそこら中にまだあるのですが、どう保護したらいいのか分かりません。
群馬で少なくなったのは何が原因でしょうか。とにかく、生息し続けて欲しいものですね。


<< アサマイチモンジの産卵と卵      南アルプスのクモマツマキチョウを堪能 >>