2012年 03月 19日
ウラキンシジミの卵探し
3月18日
ギフチョウが飛ぶ指標にしている自宅のソメイヨシノやモクレンはまだ咲きそうもなく、今年の春は遠いようです。
それでも時期が来たのでそろそろギフチョウが見られないかと浜松の山に出かけてみましたが・・・・・・。
現地に到着すると例年見られるアブラチャン、ダンコウバイの黄色い花が全く咲いていません。勿論、スミレもカタクリもです。
それに、晴れの予報がはずれて天気は下り坂です。山頂近くのアセビは咲いていますが殆ど花がありません。
この状況では10日くらい早い感じです。


仕方なく、ウラキンシジミの卵探しに目的を変更し、美濃地方まで足を伸ばしました。
とは言ってもこれまでウラキンの卵は探したことはありませんので、食樹を見分ける自信もイマイチありません。
成虫が見られる場所を中心に林を随分探してやっとアオダモ(コバノトネリコ)らしきひこばえが見つかりました。
e0224357_21252645.jpg

アオダモの芽の形は上の写真のような特徴があります。

その内、草むらの真ん中に大きなアオダモが見つかり、樹皮や芽の特徴から徐々にアオダモが分かるようになってきました。
産卵に適当な林の中でアオダモを探していると古い卵が見つかり、アオダモに間違いないと確信しました。
e0224357_21385124.jpg

産卵場所の特徴は、探蝶逍遥記のfanseabさんのブログなどを参考にさせていただき分かっているつもりです。
次々と適当な太さのアオダモを確認していくとツルツルの樹肌の小さなシワや亀裂の中などに古い卵が沢山見つかりました。
3時間くらいかかってやっと今年産まれた卵を見つけることができました。
e0224357_2146639.jpg

上の写真の左下の赤丸のところに今年の卵塊があります。右上の赤丸の中には古い卵もありました。
超接写でも撮影してみました。卵表面の模様の特徴がよくわかります。よく見ると7卵塊のようです。
e0224357_21485660.jpg

この卵塊の見つかった隣の木からも卵を見つけることができました。
今年の3卵の内、1卵は寄生蜂?にやられたようで、古い卵も横にありました。
e0224357_21573465.jpg

1卵だけのもありましたが、これも同じ木から見つかりました。
e0224357_21582523.jpg



ウラキン以外では、アベマキの下枝からはミズイロオナガシジミの卵も芽の基部から見つかりました。
e0224357_220513.jpg

超接写で見るとこの卵も表面の凹凸の特徴がよく分かり面白いですね。
e0224357_2215628.jpg



結局、昼頃から4時間も掛かってしまいましたが、卵探しを充分満喫できました。
ウラキンシジミは初めてだったので自信がなかったですが、なんとか見つけられて喜んでします。
次週もギフチョウには早そうなので、卵探しをしてしまいそうです。

by konty33 | 2012-03-19 22:24 | | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : https://konty33.exblog.jp/tb/17560704
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yoda-1 at 2012-03-19 23:11
よく独り捜しで、あの難解なアオダモが判るようになるものだと敬服します。
しかも、ミズイロオナガまで発見するとはもう嫉妬の渦におぼれそうであります(笑)
これらの安定した超マクロは、MP-E65にいってしまったのでしょうか?
Commented by 22wn3288 at 2012-03-20 09:27 x
今年のギフチョウはやはり遅くなりそうですか。
シジミチョウ類の卵探しは すごい の一言です。
Commented by himeoo27 at 2012-03-20 20:04
ミズイロオナガシジミの卵の超接写素晴らしいの1事です。
一昨日、雑木林の枝を伐採していたので、枝の先端付近を中心に10分ほど探してみましたが、雨が降ってきて早々に見つけるのを諦めました。
Commented by konty33 at 2012-03-20 22:36
yodaさん 
いつか狙ってみようと図鑑やネットで何となく分かっていた程度でしたが何とかなる物です。
ミズイロオナガは、平野部の感じ良い雑木林でどこでも見つかりますが、形や模様が面白く見つけると嬉しくなります。
MP-E65は少し重いですが気軽に撮影でき使いやすいですよ。
Commented by konty33 at 2012-03-20 22:39
22wn3288さん 
この日の様子ではギフチョウは相当遅くなる感じがしました。
もっとも、これからの天気や気温次第では急に早まることも考えられます。
昨年はギフチョウを追いかけていろいろと出かけましたが、今年は卵探しが楽しくて辞められません。
Commented by konty33 at 2012-03-20 22:49
himeooさん 
ミズイロオナガの卵は扁平で凹凸もはっきりしていますから、ピントが合いやすく綺麗に見えます。
枝の伐採しているときはチャンスですが、どの部分の枝が切られたかを見ながら探せると参考になりますね。
小雨くらいで諦めてはダメです。この日も時々雨がぱらついていましたが、傘を片手に探し続けていました。

Commented by midori at 2012-03-21 22:01 x
成虫を探すのでさえ困難な美蝶ゼフたちの卵発見凄いです。
感動ものです。そっと持って帰って羽化シーンに出会いたい
なー...さぞ美しいことでしょうね(*^_^*)。
Commented by hirax2 at 2012-03-21 22:34
冬場の観察の王道といえば越冬卵探しですが、これだけの成果を上げてるには地道な作業で頭が下がります。素晴らしい業績ですね。
冬場に弱いhirax2としては見習わなければなりません。
Commented by konty33 at 2012-03-21 22:56
midoriさん 
成虫を見たことがないような場所でも卵が見つかったり、成虫をよく見るのに卵がなかなか見つからなかったり色々です。
基本的には卵は持ち帰りませんが、伐採林のクロミドリや撮影中に折れてしまったときには持ち帰ることも多少あります。
成虫になるまでの観察後、出来たら生息地に返してやりたいところです。
Commented by fanseab at 2012-03-21 23:00
ウラキン越冬卵発見・撮影おめでとうございます。
卵塊だと微構造が表現しやすくていいですね。
このような状態での撮影は小生、来年の課題です。
Commented by konty33 at 2012-03-21 23:01
hirax2さん 
今年は皆さんのブログに影響されて、超マクロの機材を入手したので卵探しにはまっています。
雪さえなければ発生地に行って卵探しも楽しい物です。
地道な作業の楽しさを覚えてしまうと「辞められない~止まらない♪・・・・」ですよ。
自分でもここまではまるとは思っていませんでした。
Commented by konty33 at 2012-03-21 23:15
fanseabさん 
貴殿のブログが参考になり、殆ど食樹を見分けることも出来なかったのに卵を見つけることができました。
古い卵しか見つからなかった時はどうしようかと焦りましたが、粘ってみるものですね。
今回の卵塊を見つけたときは少し興奮してしまいました。
この表面模様を超接写するのが夢でしたから・・・。
Commented by cactuss at 2012-03-23 23:07
一人で黙々と4時間も卵を探し続ける根気に敬服します。
超マクロはMP-E65を使用していたのですか。
ここまで鮮明に大きく写るとせひ見つけたいという気力がわくのでしょうか。
Commented by konty33 at 2012-03-23 23:33
cactussさん 
今回はあっという間の4時間でした。古い卵が時々見つかるので途中で諦めるわけにも行かず、結構楽しくて意外と集中していました。
このレンズは今年になって購入しました。それまでは色々試しましたが納得がいかず・・・つい衝動買い?
確かに奇麗に撮影できるようになるとこれまでとは違った新鮮な世界を発見したような気になり気力が自然に湧いてくるようです。


<< ミヤマカラスシジミほかの卵探し      ウラゴマダラシジミの孵化 >>