人気ブログランキング |
2012年 03月 10日
ウラクロシジミの卵探し
3月10日
昨日からの雨は今朝も降り続いていました。
天気予報では西へ向かえば雨が上がりそうなので、思い切って三重方面に向かうことにしました。
鈴鹿山地にはマンサクが多いところがあるとのことで、花が咲くころなので探しやすいと考えました。
狙いは、ウラクロシジミの卵ですが、はたして見つかるかどうか全く自信はありません。

山の麓の駐車場に到着すると晴れ間が広まり良い感じです。
渓流沿いに登っていくとありましたマンサクは狙い通り花をつけていたのですぐに見つかました。
e0224357_22224744.jpg

早速、探してみると見つかりました。芽の付け根に綺麗な卵が産まれています。
e0224357_22253411.jpg

マンサクの花のついた芽に卵がないかと探しましたが見つかりません。
そこで、無理矢理マンサクの花をバックに季節感を出してみました。
e0224357_22272425.jpg

超アップでも写してみました。三脚にカメラを固定し、枝を引っ張っての撮影です。
e0224357_2228979.jpg

e0224357_22303615.jpg

いくつかのマンサクの手が届くところだけをチェックし、数卵の卵を見つけることができました。
「マンサクが多い」とだけの適当な情報でしたが、意外と少ないマンサクから運良く卵が見つかってよかったです。

この山は鈴鹿らしくアカガシやウラジロガシが多い山でした。(昨年の夏に♂の開翅を撮影した谷ではありません)
e0224357_22554757.jpg



アカガシと言えばキリシマミドリシジミも見つかるかも知れないと思い、帰り道に探してみました。
すると1卵だけ見つけることが出来ました。
e0224357_2239413.jpg

超アップでも撮影しました。(前の葉が邪魔だったのでとって撮影しました)
e0224357_22403538.jpg

キリシマの卵を探しているとき少し小さめで黄色く輝く卵が見つかりました。
アップで撮影してみたらキリシマでは無いことがよく分かります。何の卵でしょうか?
独特の模様がついていますが種名は分かりません。
e0224357_22455020.jpg


山道で面白い形の石を見つけました。何だか人の横顔に見えます。
e0224357_22495018.jpg



明日は予定がありフィールドに出られそうもありませので、今日は思い切って遠出してみました。
狙いが的中し、ウラクロに加えてキリシマも撮影出来て喜んでいます。

6時過ぎに帰宅するとこちらは小雨、1日ほとんど雨だったようですから、西方に遠出して正解でした。
今日は、相当スギ花粉が飛んだのか目が真っ赤になりました。マスクはしていたのですが・・・。

追記;
昨日の夕方、近所のウラゴマの様子を見に行ったら孵化が始まっていました。
幼虫は見つかりませんでしたが、その内もう少し大きくなったら見つけてご紹介したいと思います。

by konty33 | 2012-03-10 23:12 | | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://konty33.exblog.jp/tb/17499098
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by himeoo27 at 2012-03-11 21:00
色々な卵良く見つけられますね!
ウラゴマダラシジミが孵化したとなると、
憧れのイボタガの羽化ももう直でしょうか?
Commented by 22wn3288 at 2012-03-12 08:44 x
極く小さなシジミチョウの卵が良く見つかりますね。
種類により違いがあるのも教えて頂きました。
新しい世界を見る思いです。
Commented by yoda-1 at 2012-03-12 12:55
卵での遠征で、しかも成果を出せるとは、素晴らしいです。
アップ画像もいいですね。
100mmマクロ+?でしたかね?
しかし、もうマンサクが咲いているのですか。埼玉周辺でも探してみたくなりました。

Commented by konty33 at 2012-03-12 20:59
himeooさん 
今回は雨を避けて西方面での探索場所を急に決めなければならず、見つかるかは一か八かの賭でした。
イボタガは、昨年は4月になってからでしたが・・・、そろそろ見られる時期が近づいてきましたね。
探してもなかなか見つからないですが、夜に灯りで集めた方が確実でしょうか?
Commented by konty33 at 2012-03-12 21:05
22wn3288さん 
卵探しも慣れてくると意外と見つかる物のようです。
ウラクロシジミは、比較的見つけやすい卵なので良い場所にマンサクを見つけられれば、簡単かも知れません。
種類によって表面模様が変わるのは不思議な物ですね。
この模様の違いを見てみたくなるのが飽きない理由かも知れません。
Commented by konty33 at 2012-03-12 21:23
yodaさん 
卵が撮影対象になるとは昨年までは考えていませんでしたが、今年ははまってしまいました。
皆さんのブログの影響は大きいですね。
撮影機材は、リバース、レイノックス、2重連と色々と試しましたが、写りや使いやすさがイマイチでした。
最終的には、高倍率マクロレンズ+リングフラッシュに行き着きました。
手持ちで簡単に撮れるのが気に入っています。
マンサクは平野部では2月中旬ごろから咲きますが、今回は山間部でまだ咲き始めの感じでした。
Commented by banyan10 at 2012-03-13 20:55
マンサクの花とウラクロはいいですね。
最後の卵は蛾なのでしょうかね。
僕も以前にたぶんアラカシで同じような卵を見つけています。もっと黒いのや赤いのもありましたが、形状は同じです。
Commented by konty33 at 2012-03-13 22:45
banyanさん 
実家の庭にあったのでマンサクの花を見ると子供の頃のことを思い出します。
可憐な花が春の訪れを教えてくれシーズンの開幕を告げてくれますね。
最後の卵は何だかサッパリわかりません。黒や赤もあるのですか。
直感的には蛾だと思うのですが・・・。まさかカメムシでは無いですよね。


<< ウラゴマダラシジミの孵化      またしても ゼフィルスの越冬卵探し >>