人気ブログランキング |
2012年 02月 26日
静岡のキリシマミドリの卵探し
2月26日
晴天の予報でしたから地元でモンキチョウでも探そうと考えていたのですが、朝起きるとどうも天気が悪そうです。
そこで、この冬3回目の地元でのキリシマミドリシジミの卵探しに計画変更です。
過去2回はまったく見つからず、今回こそはと思いつつ、遅めの出発です。


予定の場所に到着しましたが、生憎のみぞれ模様です。傘を片手に山道を約1時間ほど歩きました。
アカガシの大木が多いこの山で、まずは杉林の林縁でアカガシのひこばえを探します。
ありました。こんな感じのところで見つかるはずです。
e0224357_21295886.jpg

あっけなく、林内の50cmほどのアカガシの痩せた冬芽の基部で1卵見つかりました。
e0224357_21301689.jpg

少しアップで見るとこんな感じです。(薄暗い中でこの写真を撮るのに30分以上掛かってしまいました。)
e0224357_21322175.jpg

この林内では、冬芽に3卵ついているのも見つけることができました。
e0224357_21421827.jpg


この付近は探し尽くしたので、更に1時間ほど探しながら山道を歩きましたが、良い感じの環境にアカガシが見あたりません。
考えを少し変えて、登山道の脇にある3mほどのアカガシも見て回ると上の方の芽にありました。
e0224357_2148552.jpg

同じようなところでもう2卵ありました。ひょろっとした枝を曲げてコンデジで撮影しました。
e0224357_21495666.jpg

上の写真では、卵が白く見えるだけですが、トリミングすると表面の突起が分かります。
e0224357_21555119.jpg

e0224357_22313755.jpg


途中で、キリシマより一回り小さなムラサキシジミの卵もいくつか見つかりました。キリシマより小さく模様も違います。
e0224357_21585859.jpg


小雨が降ったり、みぞれになったり、晴れ間が差したりと不安定な一日でした。
こんな感じで5時間ほど撮影しながら山中を歩き回りましたが、3度目にしてそれなりの成果に恵まれやれやれです。

by konty33 | 2012-02-26 22:20 | | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://konty33.exblog.jp/tb/17430585
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by cactuss at 2012-02-26 22:36
雨の中、キリシマミドリの卵の発見、すばらしいですね。
今まで一度も撮影した事がないので、うらやましいです。
ひこばえにも産んであるんですね。
Commented by yoda-1 at 2012-02-27 04:18
これは素晴らしい成果ですね。
自力で発見できる人を文句なしに尊敬してしまうYODAです。
オオミドリシジミなどのFavonius属に比較して、突起がえらく丸っこいのですね。
ムラサキシジミの卵もなんともゼフに近い形態であります。
Commented by ドクターT at 2012-02-27 05:56 x
私もみぞれの降る中鈴鹿でキリシマの卵探しをしていましたが、成果はありませんでした。ムラサキシジミは成虫越冬と思ってましたが、卵で越冬するものもいるのですね?
Commented by banyan10 at 2012-02-27 08:57
キリシマの卵は3度目の挑戦ですか。
雨の中で綺麗に撮影できていますね。
僕も3月に考えているので参考になりますが、何度も行けないと思うので無理かもしれませんね。(^^;
Commented by himeoo27 at 2012-02-27 20:25
キリシマミドリ卵撮影おめでとうございます。
私はやっと県内の公園でミドリシジミの卵を見つけて嬉しかったです。
Commented by konty33 at 2012-02-27 21:52
cactussさん  
3℃ほどあったので、寒くは感じませんでしたが、小雨やみぞれが時々降ってきたので、上着やズボンはびしょびしょでした。
卵はひこばえが多いと聞きました。探しやすいですが、林内のやや薄暗い環境がいいのでしょうか?
学生時代は木に登っていましたが、今では絶対ムリですから・・・。(笑)
Commented by konty33 at 2012-02-27 21:58
yodaさん
3度目の探索でやっと見つかりましたが、成虫を見たことがない場所での探索なので手こずりました。
大体の場所だけは地元の会誌を参考にし、以前から可能性を感じていた場所を広範囲に探しました。
突起は丸みがある感じですが、あまり特徴のないタイプです。
Commented by konty33 at 2012-02-27 22:04
ドクターTさん
鈴鹿なら数が多そうですが、そこら中アカガシだらけですから産卵場所を特定するのが難しいでしょうか?
鈴鹿は雪が無いのでしょうか?一度行ってみたいところです。
ムラサキシジミはご指摘の通り成虫越冬ですから、おそらく死卵です。
孵化殻や寄生蜂にやられた物や死卵がよく見つかります。
Commented by konty33 at 2012-02-27 22:09
banyanさん
家を出るときは徐々に天気が回復すると思っていたのですが、到着したときは、みぞれ交じりの小雨でした。
しかし、時々降る程度だったので何とか撮影できました。
成虫が見られる場所なら、確実に探せる様な気がしますが、鈴鹿でも見つからないようですから、行ってみないと分かりません。
Commented by konty33 at 2012-02-27 22:15
himeooさん
ミドリシジミも見つけると嬉しいですよね。この冬久しぶりに探したのがやはりミドリシジミからでした。
しかし、現場で枝を引っ張りながらの撮影は、相当苦労しますね。
手が震えるし、何度も枝が持って行かれるし、暗くてピントが合いにくいし、撮影に時間が掛かってしまい、ピンぼけ写真の山です。(笑)
Commented by fanseab at 2012-02-29 21:11
小生と同じ日にキリシマ探索でしたか?休眠芽に付いた水滴
がこの日の天候を暗示していて雰囲気のある越冬卵画像に
仕上がったのではないでしょうか。
キリシマ卵は産卵からさほど間もない頃探索経験がありますが、
できたら今シーズンチャレンジしたいと思っています。
Commented by konty33 at 2012-03-01 21:34
fanseabさん
それぞれ違った場所ですが、卵探しに奮闘したわけで・・・・・。
芽が濡れているので確かに空模様を思い出せる画像になりましたが、シャープさにはマイナス面もあります。
ひどく水がついている芽は、ティッシュで吸わせてから撮りましたが、これ以上は取りきれませんでした。
ウラキンよりはずっと探しやすい種ですから、神奈川でもきっと見つけることができるのでしょうね。


<< またしても ゼフィルスの越冬卵探し      ゼフィルスの越冬卵探し >>