2012年 02月 05日
庭のジャコウアゲハの蛹たち
2月5日
比較的暖かな静岡ですが、氷が張ったり、雪が降ったり、今週は、連日とても寒い日が続きました。
2月2日の朝は海岸近くの自宅でも車の上などは雪で白くなりました。
e0224357_2114836.jpg


さて、ミドリシジミに続いてゼフの卵を探して静岡県内中部を探索しましたが、成果がありません。
そこで、今日は自宅の庭でジャコウアゲハの蛹の数を数えてみることにしました。
まずは、昨年も同じ場所で蛹が観られた玄関前の柱の上です。(蛹1)
e0224357_2145492.jpg

家の基礎のコンクリートに今年も付いていました。(蛹2)
e0224357_218625.jpg

玄関横のラティスにも毎年蛹をつくります。(蛹3) 向こう側に芋切り干しが干してありました。
e0224357_21111065.jpg

犬小屋の上を覆う鉄パイプの端にもありました。(蛹4)
e0224357_21125097.jpg

犬小屋の屋根の下にもついていました。画面右上です。(蛹5)  ここは昨年夏の抜け殻が3つありました。
e0224357_211648100.jpg

西側の外壁の下でも見つかりました。(蛹6)  ここは気温が上がらないので毎年羽化が遅れます。
e0224357_21181128.jpg

立てかけてあった板の裏にも冷たい西風を避けるようにありました。(蛹7)
e0224357_21201821.jpg

庭の隅に転がっていたボロのサッカーボールにも蛹が見つかりました。サッカーボールは初めてです。(蛹8)
犬(ショコラ)も興味がある?ようです。
e0224357_2122565.jpg

犬小屋の後のラティスの隙間(約15cm)にもありましたが、カメラを隙間に突っ込んで感で撮りました。(蛹9)
e0224357_21511441.jpg

全部で9個の蛹を見つけることが出来ましたがいずれも人工物です。
狭い庭ですが自生するウマノスズクサで発生したものです。
毎年秋には食草を全て食べ尽くし終齢幼虫が庭のあちこちを這い回っており、これらが蛹になったものです。
蛹の色が明るい茶色系と少し灰色系の2種類ありますが、何が違って色が変わるのでしょうか。
羽化するのは、もう少し先の4月中旬ごろでしょう。

今回の撮影に使用したのはリコーGR Digital Ⅳですが、”虫林さん” が紹介されたフィルムケースディフュザーを試してみました。
e0224357_2145762.jpg

逆光や暗がりで殆ど全てストロボを使用していますが、良い感じではないでしょうか?

by konty33 | 2012-02-05 22:39 | | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : https://konty33.exblog.jp/tb/17327964
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yoda-1 at 2012-02-06 12:56
これはkonty家の自然度が高い証ですね。
よくもこれだけ見つかるものです。
次回、正面画像もお願いします。雄と雌で蛹の幅が違うのにビックリするハズです。
Commented by 22wn3288 at 2012-02-06 13:53 x
沢山の蛹が見つかるのですね。
成虫の密度も相当高いのでしょうか。
自然に近いご自宅ですね。
Commented by konty33 at 2012-02-06 21:07
yodaさん ジャコウアゲハだけは多いですが、決して自然環境が残っているわけではありません。
ウマノスズクサは草刈りされた環境に多いので、畑の土手などにありましたが、人為的に管理されなくなり急激に減少しています。
そのため、自宅の汚い庭はウマノスズクサを絶好の発生地として産卵に来るようです。
正面画像を小雨降る中、今撮ってきましたが雌雄が分かるのですか。イマイチ違いが分かりません。
Commented by konty33 at 2012-02-06 21:18
22wn3288さん 以前は庭にはウマノスズクサはありませんでしたが、幼虫を観察するためにウマノスズクサを鉢植えし、放置しておいたら根が地面まで伸びてどんどん増えてしまいました。
何処からか勝手に産卵に来るのですが、それほど成虫が多いわけではありません。
庭には、イボタノキ、アカガシ、コナラ、エノキ、ミカンなど食草はいろいろとありますが、多いのはジャコウアゲハくらいです。
Commented by banyan10 at 2012-02-08 19:57
サッカーボールの蛹は面白いですね。
背景に愛犬というのも見事です。
ジャコウアゲハが庭でたくさん見れるのも良い環境ですね。
Commented by konty33 at 2012-02-08 22:22
banyanさん このボールは愛犬の遊びようで軒下においてあったので蛹化したようです。
少しボールの場所を移動し愛犬をバックに絵を作ってみました。
ヤブニッケイではアオスジアゲハが、ミカンではナガサキアゲハの幼虫が時々みられますが蛹化するまでには鳥などにやられてしまいます。
ジャコウアゲハだけは寄生されたり鳥に狙われず、成虫になる確率が高いようです。
Commented by 虫林 at 2012-02-09 16:22 x
写真を見ていて、もしかして?と思いました。
フィルムケースディフューザーを試されたのですね。なかなか綺麗に撮影されていて良かったです。単純ですけど気楽に使用できて、効果もばっちりです。
Commented by konty33 at 2012-02-09 21:58
虫林さん 同じフィルムケースを使った方法でも、以前行っていた方法だとフラッシュとの位置が近すぎてディフューザー効果がイマイチでした。
ご紹介いただいたフィルムケースディフューザーはなかなか良い感じでで大変満足しています。
接写用のディフューザーとしては気軽さも含めてバッチリなことが検証できました。有り難うございました。
Commented by yoda-1 at 2012-03-20 20:42
kontyさん。
よろしければ、時間があるときに、正面画像をYODAにメールしてみてください。
分類してお返しします。(少し冷や汗ものかも)


<< コムラサキの越冬幼虫探し      ミドリシジミの卵観察 >>