人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2022年 09月 24日
庭で見つかるヤマトシジミの幼虫
9月17日 
台風の影響で週末は豪雨の予報だったため、出掛けるのを完全に諦めていました。
しかし、予報は外れて・・・突然雨が降ることがあるものの意外と晴れ間もあったので、
自宅で草取りや庭木の剪定をしながら、ヤマトシジミの幼虫を探してみました。

食草のカタバミは庭のそこら中にあるので、いつも探すとだいたい見つかります。
庭で見つかるヤマトシジミの幼虫_e0224357_21073538.jpg
沢山あるカタバミから効率的に幼虫を探すためには・・まず下の写真のような食痕を探します。
庭で見つかるヤマトシジミの幼虫_e0224357_21080233.jpg
葉の裏を探すとこんな感じで幼虫が見つかります。
庭で見つかるヤマトシジミの幼虫_e0224357_21095894.jpg
新しい食痕があっても必ず幼虫が見つかるとは限りませんが・・・
食痕を頼りに探すのが効率的だと思います。
庭で見つかるヤマトシジミの幼虫_e0224357_21102440.jpg
凄まじい食痕がある大きな株を上から葉を採っても幼虫が見つからず
諦めかけたとき地面近くの茎で大きな幼虫が見つかりました。
庭で見つかるヤマトシジミの幼虫_e0224357_21131264.jpg
幼虫の大きさは様々ですが、孵化して間もない小さな幼虫も見つかります。
庭で見つかるヤマトシジミの幼虫_e0224357_21111298.jpg
卵は幼虫以上に沢山ありますが、とても小さいので鮮明に写すのには苦労し・・・・
今回はお見せできる写真がなかったので、後日撮りなおしました。
庭で見つかるヤマトシジミの幼虫_e0224357_19352000.jpg
すると先日の幼虫が蛹になっていました。
庭で見つかるヤマトシジミの幼虫_e0224357_19370938.jpg
終齢幼虫が前蛹になろうとしているものもいました。
庭で見つかるヤマトシジミの幼虫_e0224357_19391811.jpg







自宅の庭ではヤマトシジミ、ベニシジミ、ジャコウアゲハ、イチモンジセセリなどが発生しています。
今回は一番ポピュラーなヤマトシジミの幼虫を探してみましたが
成虫はいつも1,2頭しか見かけないので、幼虫の方が多く感じました。





-









# by konty33 | 2022-09-24 19:40 | 幼虫 | Trackback | Comments(0)
2022年 09月 18日
クズの花を食べる幼虫
9月10日 つづき
河川敷にはいつの間にかクズの花が咲き始めました。
この時期の楽しみのひとつがウラギンシジミの幼虫探しです。
この幼虫の容姿はとても面白く、毎年必ず探してしまいます。
花に穴が空いていると高確率で見つかります。
クズの花を食べる幼虫_e0224357_22075363.jpg
同じ花穂に2頭いることもあります。
クズの花を食べる幼虫_e0224357_22105014.jpg
こちらは周りにウラナミシジミの卵も点々と見られますが・・・
花に穴を空けて頭を突っ込んでいました。
クズの花を食べる幼虫_e0224357_21524991.jpg
こちらの幼虫の周りにも食痕が見られます。
クズの花を食べる幼虫_e0224357_21541686.jpg
大きな終齢幼虫もいました。
クズの花を食べる幼虫_e0224357_21553929.jpg
花穂の先に静止している小さな幼虫もいました。
クズの花を食べる幼虫_e0224357_21555858.jpg
探せば次々と見つかります。
クズの花を食べる幼虫_e0224357_21564373.jpg
勿論、表面模様が特徴的な卵もありました。
大きいのですぐに見つかります。
クズの花を食べる幼虫_e0224357_21590759.jpg
クズの花を食べる幼虫_e0224357_22133752.jpg
時々ウラナミシジミらしき幼虫もいました。
クズの花を食べる幼虫_e0224357_21573644.jpg
2頭が並んで見つかることもありました。
クズの花を食べる幼虫_e0224357_22022567.jpg
この幼虫も沢山見つかりました。
クズの花を食べる幼虫_e0224357_22024496.jpg





成虫も飛んでいましたが、見向きもせず幼虫を探しました。
河川敷の小道ぞいを20mくらい探しただけですが、思いのほか簡単に沢山見つかりました。
まだ、花穂の先まで咲き終わるまで暫くは見られると思うので、次回は成虫も含めて撮影したいと思います。







-










# by konty33 | 2022-09-18 22:14 | 幼虫 | Trackback | Comments(0)
2022年 09月 12日
ヤナギの周りのクロコムラサキなど
9月10日
地元では河川敷の整備などで年々ヤナギの林が少なくなっており・・・
数年前と比較するとコムラサキの生息範囲も数も相当少なくなったと感じています。
今回はヤナギの残っている河原を狙って行ってみました。

最初に登場したのはアカボシゴマダラですが・・こちらは年々数が増えている感じです。
ヤナギの周りのクロコムラサキなど_e0224357_21243027.jpg
ヤナギの周りのクロコムラサキなど_e0224357_21225620.jpg
その内にコムラサキも何処からともなく現れ・・2ショットに・・・・
ヤナギの周りのクロコムラサキなど_e0224357_21302657.jpg
狙っていたクロコムラサキ(コムラサキ黒色型)も見られました。
ヤナギの周りのクロコムラサキなど_e0224357_21334896.jpg
しかし、どうしても翅表の紫が薄くしか輝きません。
ヤナギの周りのクロコムラサキなど_e0224357_21432917.jpg
ヤナギの周りのクロコムラサキなど_e0224357_21502698.jpg
コムラサキの普通型と黒色型の2ショットです。
ヤナギの周りのクロコムラサキなど_e0224357_21362471.jpg
開翅してくれませんが、クロコムラサキ率が高い集団です。
ヤナギの周りのクロコムラサキなど_e0224357_21370239.jpg
ヤナギの周りのクロコムラサキなど_e0224357_21411446.jpg
ヤナギの周りのクロコムラサキなど_e0224357_21445705.jpg
穴の中にはクワガタがいるようで時々姿を現します。
ヤナギの周りのクロコムラサキなど_e0224357_21434684.jpg
キタテハもよく見られましたが集団はありませんでした。
ヤナギの周りのクロコムラサキなど_e0224357_21510054.jpg
ヤナギの周りのクロコムラサキなど_e0224357_21503795.jpg






9月になり朝晩は多少涼しくなったとはいえ、日中は日差しが強くとても暑かったです。
ヤナギ周りではキタテハ、アカボシゴマダラ、ルリタテハなどが賑やかしとなりましたが
コムラサキの個体数はここ数年でもかなり少なく感じました。















# by konty33 | 2022-09-12 21:04 | Trackback | Comments(0)
2022年 09月 06日
ヒメウラナミジャノメ2化の定点観察
9月4日
コロナワクチンの追加接種の影響により発熱し、2日後もまだ本調子ではありませんが・・・
時期を逃したくないとウラナミジャノメの定点観察に行ってきました。

最初の内は日差しが強く、擦れ個体が多かったので全てスルーしました。
やっと縁毛が揃った新鮮個体を見つけ・・・小さな雲が日差しを遮ってくれる時が撮影チャンスです。
ヒメウラナミジャノメ2化の定点観察_e0224357_22092989.jpg
まだ真夏を思わせる強い陽射しで、とても暑いので日陰で休みながらゆっくり歩きます。
ヒメウラナミジャノメ2化の定点観察_e0224357_22101047.jpg
笹の上で正対して撮れました。
ヒメウラナミジャノメ2化の定点観察_e0224357_22111076.jpg
サルトリイバラの葉上で翅をパタパタさせているところです。
ヒメウラナミジャノメ2化の定点観察_e0224357_22154692.jpg
こちらは産卵シーンですが、お尻が写っていません。
ヒメウラナミジャノメ2化の定点観察_e0224357_22164000.jpg
この後すぐに産んだ卵だけは撮影しておきましたが青緑で綺麗です。
ヒメウラナミジャノメ2化の定点観察_e0224357_20114395.jpg
その後も歩き回っていたので、産卵シーンを狙いましたが上手く撮れず・・・
翅をパタパタさせて歩いているシーンです。(この枯草に産みそうだったんですが・・・・)
ヒメウラナミジャノメ2化の定点観察_e0224357_22172347.jpg
開翅する個体はよく開翅します。
ヒメウラナミジャノメ2化の定点観察_e0224357_22182143.jpg
開翅したまま暫く動きませんでした。
ヒメウラナミジャノメ2化の定点観察_e0224357_22184885.jpg
撮影中も気にはなっていましたが、意外と手前の草被りが多いです。
ヒメウラナミジャノメ2化の定点観察_e0224357_22192969.jpg

ヒメウラナミジャノメ2化の定点観察_e0224357_22240075.jpg
ツルボで吸蜜も久しぶりに撮影できました。
ヒメウラナミジャノメ2化の定点観察_e0224357_22220430.jpg
シダに止まるのも定番です。
ヒメウラナミジャノメ2化の定点観察_e0224357_22233327.jpg
病み上がりのような感覚と暑さによる疲れでフラフラだったので帰ろうかと思っていると・・・・
空が急に暗くなり・・・大粒の雨が降り出しました。
幸いドシャ降りにはならず木陰で雨宿りしていると・・すぐに上がったので助かりました。
ヒメウラナミジャノメ2化の定点観察_e0224357_22244610.jpg
最後にヒメウラナミジャノメも載せておきます。
どうしてウラナミジャノメと比較し魅力がないのか不思議な感じです。
ヒメウラナミジャノメ2化の定点観察_e0224357_20130774.jpg





体調が万全ではなくあまり精力的には探せませんでしたが、
2化も個体数はそこそこ居てくれることが確認できました。
雨が止んだらまた日差しが一段と強く、蒸し暑いので早めに帰宅しました。






-









# by konty33 | 2022-09-06 20:15 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(0)
2022年 08月 26日
やっと出会えたヤマキチョウ
8月19日 つづき
午後になり涼しい山からいつもの高原に下りて来ると気温が10℃も上がりました。
ここでの狙いはヤマキチョウですが、乾いた空気が気持ちよく暑さはあまり感じません。
生息地を散策すると・・アザミで吸蜜中の♂を見つけました。
やっと出会えたヤマキチョウ_e0224357_10544969.jpg
逆光で透けた翅がとても綺麗です。
やっと出会えたヤマキチョウ_e0224357_10555400.jpg
ちょっとした角度で印象が変わります。
やっと出会えたヤマキチョウ_e0224357_10561740.jpg
青空バックの1カットです。
やっと出会えたヤマキチョウ_e0224357_10585695.jpg
順光だと白く飛んでしまいがちですが、翅脈がクッキリ見える角度が良い感じです。
やっと出会えたヤマキチョウ_e0224357_10582054.jpg
やっと出会えたヤマキチョウ_e0224357_11000764.jpg
背景がイマイチですが広角での1カットです。
やっと出会えたヤマキチョウ_e0224357_11011868.jpg






狙いのヤマキは♂だけでしたが、先日のリベンジを果たせました。
ヤマキの活動時間にギリギリだったので他のポイントは行けませんでした。
こんな好天が2,3日続けば良いのですが、この夏は天候不順なため
夏のチョウはこれで終わりかもしれません。






-









# by konty33 | 2022-08-26 07:55 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(0)