タグ:蛹 ( 17 ) タグの人気記事

2016年 09月 21日
ツマグロキチョウの卵から蛹、成虫まで
9月17日
前の週末はツマグロキチョウのポイン近くに行きながら、時間がなく見ることが出来ませんでした。
そこで今回は所要の序にツマグロキチョウを見たくて立ち寄りました。
まず見つけたのは綺麗な秋型でした。
e0224357_21522179.jpg
周りを見るとまだ夏型の方が圧倒的に多い様です。
e0224357_21531937.jpg
幸運にも夏型の交尾に出会いました。
e0224357_21535751.jpg
食草のケツメイにぶら下がる姿も絵になります。
e0224357_21544272.jpg
このようなケツメイが周りに沢山あったので幼虫も探してみました。
e0224357_21552858.jpg
食痕を頼りに探してみると・・・・葉の上に幼虫を見つけました。
e0224357_21564199.jpg
終齢幼虫と思われる大きさです。
e0224357_21572794.jpg
まだ小さな幼虫も見つかりました。
e0224357_21582781.jpg
アップで見ると食事中のようです。
e0224357_21590267.jpg
こうなると蛹も見たくなり・・・・・少しムキになって探すと・・・・・
葉が殆ど食べられたような場所の近くで見つかりました。
e0224357_22011188.jpg
もう一つ緑色した蛹も見つかりました。
e0224357_22015907.jpg
ケツメイが密集した中から見つかったので指で摘まんで撮影しましたから不自然な感じが否めません。
後は卵となりますが・・・・・産卵しそうな飛び方の♀を見つけました。
暫く見ていると・・・・・産卵しました。
e0224357_22053305.jpg
葉の中央葉脈に産卵するのでお尻が写りにくいし、正対して撮れるのも時の運です。
e0224357_22071345.jpg
産卵した卵をアップで撮影しましたが、表面のディテールが上手く表現できずTG3の限界を感じました。
e0224357_22093401.jpg


こうして成虫だけでなく幼虫、蛹、そして卵シーン、卵、交尾と一通りの生態写真が撮れました。
もう少ししたら、秋型の交尾や逆光吸蜜シーンなどの写真も撮れたらと考えています。





-



by konty33 | 2016-09-21 22:50 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(4)
2016年 07月 19日
狙いのオオヒカゲとまさかヤマキチョウ(蛹/幼虫)
7月16日 続き
雨雲レーダーによると雨は降っていないはずなのに、実際には雨が降っていたので・・・・
ネット情報に頼らず空を眺めながら天気の良さそうな場所へ移動しました。
ある地域を離れると霧も晴れ意外と良い天気なので、次の狙いはオオヒカゲとなりました。
e0224357_22114392.jpg

いつもの場所でオオヒカゲを確認しファインダーを覗くと白くぼんやりとなり違和感が・・・・・
確認すると先ほどの雨のせいでフィルターの内側の水滴が原因でした。
しかし、フィルターが外れず拭くことも出来なかったのでオオヒカゲが撮れません。
取り敢えずコンデジで1カット撮ることが出来たのが上の写真です。
結局、車に戻りフィルターを割るハメになりました。(涙)
e0224357_22064142.jpg
ここは初めての場所で一面にスゲの自生する湿地が広がっており素晴らしい環境です。
e0224357_22100188.jpg
スゲの葉に静止するのも撮影できました。

e0224357_22105101.jpg

e0224357_22112143.jpg

蛹も見つかりました。
e0224357_22143770.jpg

まだ発生初期で、これから個体数が増えるものと思われます。
蛹の羽化殻もありました。
e0224357_22152570.jpg



いつもの場所では殆どオオヒカゲが見られなかったので新たな生息地の発見に繋がりました。
とても敏感で周りの斜面の灌木に逃げ込んでしまうのが難点です。
フィルターを割るのは痛手でしたが、まずまずの成果に満足しています。


この近くにはクロツバラがあり、局所的にヤマキチョウの幼虫や蛹も観察できました。
昨年は2つ蛹を見つけましたが、今回は3つ見つかりました。
まさか2年連続で見つかるとは思いませんでした。
e0224357_22205851.jpg

e0224357_22215502.jpg

終齢幼虫も居ました。
e0224357_22224219.jpg

e0224357_22223189.jpg


今年は産卵シーンも撮影しており、卵は沢山産んであるのを確認していますが、
最終的には殆どが鳥に食べられたりしていなくなります。
蛹が見つかったのでぶら下がり個体も見てみたいところです。




-



by konty33 | 2016-07-19 22:56 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 28日
ベニモンカラスシジミの産卵
5月23日
今年もベニモンカラスシジミの様子を見に行くことにしました。
道路工事の影響でかつてウツギなどの花に様々なチョウ達が飛んでくる場所もなくなり・・・・
昨年とは随分環境が変わりました。
何カ所かの生息地を回るもののどうも様子が違います。
それでも、暗がりのクロウメモドキ上で1頭の♀を見つけることが出来ました。
e0224357_2235430.jpg

白帯が少し流れ気味の新鮮な♀でした。
枝に静止していますが・・・・お尻が隠れて止まり方が何だか変な感じです。
下の写真が反対側から撮影したものですが、お尻の先に生みたての卵があり驚きました。
e0224357_2265785.jpg

トリミングしてみると3卵あるのがよく分かります。
産卵だけに3卵・・・・??
e0224357_2284498.jpg

今まさに産み終えたところのようで、この写真を撮った後すぐに飛んで行ってしまいました。
角度を変えて卵の写真を撮りましたが・・・・4卵ありました。
e0224357_22114482.jpg

一カ所に4卵の卵塊は初めてです。
TG-3でもう少しアップにしてみても表面の細かな凹凸は表現できませんでしたが、
ずんだ餅のような綺麗な卵です。
e0224357_22131551.jpg

他の場所では成虫は見つかりませんでしたが、蛹を見つける事が出来ました。
e0224357_22145616.jpg

午後16時近くなってこの日2頭目の♀を見つけることが出来ました。
e0224357_22163285.jpg

やはり暗がりの食樹の上です。
この個体は飛んでも食樹のクロウメモドキから離れません。
e0224357_2220854.jpg

歩いて移動し始めるとお尻を曲げたりして産卵行動が始まりました。
e0224357_22213096.jpg

お腹は曲げているものの産卵はしていないようです。
e0224357_22223153.jpg

いつ産むかいつ産むかと目を凝らして見つめますが・・・・しばしお休みモード
e0224357_22234517.jpg

広角でも撮れてしまいました。
e0224357_22245035.jpg


そしてまた産卵モードに入りました。
e0224357_22255185.jpg

今度は長い時間お腹を曲げて静止しており、どうやら産卵しているようです。
しかし、お腹の先が隠れて確認できません。
産卵中はこのように口吻が伸びきってだらしがないのでしょうか?
この枝には上に2つ実がついているのが目印ですが、飛び立った後この位置に卵が確認できました。
e0224357_2228172.jpg

TG-3でもアップにして撮影しました。
e0224357_22283744.jpg

今回2卵のようですね。
この後すぐに飛び立ちましたが、産卵したのは16時40分過ぎなので1時間近くも産卵行動を見ていたことになります。


環境変化にも影響のない生息地もあり、なんとか個体を見つける事が出来ました。
今回はウツギの吸蜜でなく産卵だったので珍しいシーンが見られて喜んでいます。
一方、安定して見られた場所では今回は見られず・・・・この先が心配です。

by konty33 | 2015-05-28 22:37 | シジミ類 | Trackback | Comments(6)
2014年 11月 03日
クロコノマチョウの幼虫と蛹と成虫
10月25日
10月は繁忙な毎日が続きフィールドに出かける機会も激減です。
そんな訳でこの日も所要の序に立ち寄った場所で1時間弱のフィールドです。
クロコノマチョウの羽化直の蛹ぶら下がりでも見られないかと考えたのですが・・・・
そんな上手くは行かず、木陰に静止した個体をやっと見つけただけでした。
e0224357_2204172.jpg

羽化直は開翅することもあると期待したのですが、そんなこともなく・・・・
もう1頭見つかけましたが、変わり映えのしない写真しか撮れません。
e0224357_2222872.jpg

食草のジュズダマからは幼虫も見つかりました。
e0224357_223264.jpg

蛹もありました。
e0224357_2231683.jpg



これだけ見つけたところで時間切れになりました。
少ないながらまだ幼虫もいるので11月になってからも羽化するようです。
来年はもう少し良いタイミングで時間があるとき出かけられたらと思います。

by konty33 | 2014-11-03 22:15 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(6)
2014年 10月 13日
ジュズダマを食べるクロコノマチョウ
10月上旬
2週続けて週末に台風がやって来たので、所要も重なりチョウを見る機会がありません。
少し前のことですがクロコノマチョウの幼虫が見られると教えて貰ったので探してみました。
側溝の中に生えるジュズダマを探すと幼虫がすぐに見つかりました。
e0224357_2163551.jpg

多くの幼虫が見られたジュズダマは真ん中の葉脈を残して激しく食われていました。
e0224357_218173.jpg

このような株からは複数の終齢幼虫が見つかります。
e0224357_2110090.jpg

1枚の葉裏から大きさの異なる3つの幼虫が見つかることも・・・・・
e0224357_21104091.jpg

幼虫を探している時、ジュズダマの中から成虫が飛び出しました。
近くの木の下に静止したのが確認できたので慎重に近づいて撮影しました。
e0224357_21121846.jpg

この1カットしか撮れませんでしたが、コンデジの広角でも撮影できました。
e0224357_21135231.jpg

これだけでは面白くないので、幼虫の顔を比べてみました。
意外と個性的で、個体毎に少しづつ顔の模様が異なるのが面白いです。
e0224357_21142371.jpg

この日は蛹を見つけられませんでしたが、後日、前蛹と蛹も撮影できました。
e0224357_21162998.jpg

蛹のすぐ横には幼虫の頭の殻が付いていました。
e0224357_2117861.jpg

根元近くの逆U字型に垂れ下った葉裏で蛹は見つかりました。
e0224357_2119710.jpg




時間がない中で立ち寄った場所でしたが、クロコノマチョウの変態の一部が観察できました。
狭い範囲ですが意外と多数の幼虫が見られたので、これから発生するはずの成虫も楽しみです。

by konty33 | 2014-10-13 21:28 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(6)
2014年 08月 21日
信州の高原でヤマキチョウに興奮
8月13日 続き
この時期になるとヤマキチョウの姿を見ない訳にはいきません。
この日は天気が回復したので絶好のチャンスと思い、例年とは違う場所で探索しました。

ヤマキチョウはアザミに取り付くと夢中で吸蜜しますが、ここはアザミが少なく1カットのみ。
e0224357_20394180.jpg

コウゾリナが圧倒的に多かったので、こちらは沢山撮影できました。
e0224357_20404914.jpg

逆光で撮れると美しいと思うのですが、日差しが弱めだったり角度が悪かったりで上手くいきません。
e0224357_20433823.jpg

逆光気味には撮れるのですが・・・・思うような角度では止まってくれず・・・・難しいですね。
e0224357_2047745.jpg

コンデジを使用してシラカバを背景に広角も撮れました。
e0224357_21391518.jpg

オトギリソウにも吸蜜するのですが、撮影機会は少ないです。
e0224357_20491821.jpg

そのうちに雲が多くなり、吸蜜モードから休止モードに急変です。
e0224357_2051849.jpg

何回驚かして飛ばしても他の葉裏に隠れてしまいます。
ここまでは♂ばかりでしたが、♀を探すと曇り空の下でも吸蜜してくれました。
e0224357_20531966.jpg

オニユリに吸蜜しろと願ったら・・・・意志が通じたようでした。
e0224357_20534369.jpg

しかし、流石に曇り空が続くと♀も休止モードになってしまいました。


場所を移動したら天気が回復し、そこでもヤマキチョウを見ることができ驚きました。
♀を追いかけるように飛ぶ♂です。
e0224357_20584583.jpg

トリミングしていますが、♂は♀の上に乗るようになったので交尾するかと思いましたが・・・・
♀はお尻を上げて求を愛拒否しているようです。
e0224357_2103758.jpg

こんなシーンを目の前で2回も見ることが出来ました。
目の高さを♂♀が暫く飛んでいましたが、♀がいきなり下草に降り、そこへ♂が上から乗りました。
下の写真は、この状態で暫く静止していた珍しいシーンです。(100mmマクロでほぼノートリ)
e0224357_214282.jpg

♂も♀もこの後どうしていいのか困ってしまい、固まっているように感じました。
当然かもしれませんが、交尾には至りませんでした。
ここでもユリの吸蜜が観察できましたが、ボタンズルの吸蜜は初めて撮影しました。
e0224357_2171496.jpg


8月11日 続き
さて、以前ヤマキチョウの幼虫を紹介しましたが、蛹の探索にも注目しておりました。
幼虫を観察した場所で、遂に蛹が見つかりました。
しかも、翅の模様が浮き出ているではありませんか。
翌日(12日)に羽化するのではと雨の中見に行きましたが、羽化しませんでした。
e0224357_21171291.jpg

もう一つ蛹が見られましたが、こちらはまだ模様が見えませんね。
e0224357_21194370.jpg

結局、羽化シーンは見ることが出来ず残念です。



今回は初めての場所(しかも2箇所)でヤマキチョウの成虫を見ることができ、その美しさを堪能しました。
通常の吸蜜シーン以外に、珍しい求愛シーンの写真も撮れたので大変満足するとともに興奮しました。
羽化しそうな蛹も見つかったので、羽化シーンが見られれば完璧だったと思います。
次回はヤマキチョウを堪能した帰り道での出来事をご紹介します。

by konty33 | 2014-08-21 21:35 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(10)
2014年 08月 03日
チョウ相が薄くなった林道は夏枯れ?
7月26日
そろそろオオゴマシジミでも発生していないかと思い林道を歩きました。
少しフライングのようで、発生は確認したものの撮影には至りませんでした。
林道で見かけたチョウたちは、例年と比較し極めて少ない印象でした。
数少ないながらコヒョウモンは健在でした。
e0224357_2292222.jpg

やや傷んでいたもののクガイソウの紫にオレンジが生えます。
ヒヨドリバナにも吸蜜に来ていました。
e0224357_2210783.jpg

e0224357_22111163.jpg

その他いろんな花に・・・・・
e0224357_22112335.jpg

葉の上で開翅していたのは新鮮な♀のようです。
e0224357_22121024.jpg

見ていると求愛が始まりました。♂が飛んできたかと思うと・・・・・
e0224357_2215826.jpg

アタックしますが・・・・
e0224357_22153039.jpg

完全に拒否されています。
e0224357_22165630.jpg

8/2に再訪した時に見つけたコヒョウモンと思われる蛹を追加しておきます。
図鑑で調べ直したらご指摘のようにコヒオドシのようです。
e0224357_2244451.jpg

キラキラ輝く綺麗な蛹です。横からの写真も・・・・
e0224357_22445283.jpg


他にはミドリヒョウモンがやや多かったくらいで、目に付くチョウが殆どいません。
オオウラギンスジヒョウモン♀がいたので撮影しました。
e0224357_2222637.jpg

e0224357_22221668.jpg

今年、撮影機会がなかったサカハチチョウが見られました。
e0224357_22254441.jpg

例年多く見られるヒメシジミもかなり少ない様子でした。
e0224357_2226022.jpg



アサギマダラも極端に少なく、キバネセセリ、カラスシジミ、ツマジロウラジャノメなど
例年見られる種が見られませんでした。
そもそもの狙いのオオゴマシジミは、後日リベンジすることが出来ました。

by konty33 | 2014-08-03 22:28 | タテハ類 | Trackback | Comments(10)
2014年 06月 09日
ベニカラ 奇跡の一枚
6月1日
ここ数年毎年何回かベニモンカラスシジミの生息地に通っていますが、各地点の環境が大幅に変化しています。
午前中は以前見られた地点で探しましたが、それらしき個体を見かけても確実な確認には至りませんでした。
午後に探索した場所で♂のテリ張を確認でき、奇跡の一枚を撮影できました。
e0224357_2123076.jpg

暗い空間を飛ぶので飛翔撮影が難しいと思いますが、100mマクロで偶然翅表が撮影できました。
シャッター速度1/4000、ISO2000、絞りf=2.8でギリギリの条件でした。
飛翔もタイミングが合わないと翅表が撮れず翅裏の連写になってしまうことがあります。
e0224357_21211840.jpg

まるで空間に浮いて静止しているように見えますが・・・・・
折角、ピントが合ってもベニモンが写らないと嬉しくありませんね。

この日はこの時期にしては例年になく蒸し暑い日で、日向の気温が高すぎる為か
日陰の枝に静止しては、時々卍を見せてくれました。
e0224357_21135489.jpg

全てストロボを使用していますが、スローシャッターなのでブレ画像の大量生産でした。
e0224357_2116505.jpg

時々暫くいなくなりますが、数時間にわたってテリ張を観察できました。
e0224357_21524825.jpg

e0224357_21533056.jpg

ストロボが上手く発光しないとチョウが暗くなってしまいますが、この方が自然かもしれません。
e0224357_21343196.jpg

口吻が伸びて何かを吸収しているようですが、この日は暑さのせいか・・・
暑さにハアハアしている犬の舌のようにダラッと伸ばしたシーンがよく見られました。
e0224357_21543846.jpg

別の場所では、羽化前の蛹も見つけることが出来ました。
e0224357_2138553.jpg



今年はあまりに忙しく、探索に費やす時間が少なかったですが、なんとか撮影に成功しました。
いつまでも生息を確認できることを祈らずにはいられません。

by konty33 | 2014-06-09 22:02 | シジミ類 | Trackback | Comments(14)
2013年 11月 21日
サツマとクマソのおまけ付き
11月16日 つづき
谷間に差し込む日差しも少し悪くなったし、帰りの渋滞も考えて早めに帰途につくことにしました。
帰り道に翔さんにご案内いただき立ち寄った場所では・・・・海岸沿いに咲くツワブキにサツマシジミ♀が吸蜜していました。
e0224357_2223463.jpg

既に発生から日が経っているので、擦れた個体でしたが、海を背景に撮影には抜群です。
e0224357_2224960.jpg

綺麗な個体がいなかったので、11月初旬に1カットだけ撮影した新鮮なサツマシジミ♀を張っておきます。
e0224357_2242491.jpg


さて、次の場所ではソテツが沢山あり、クロマダラソテツシジミが近くの花壇で吸蜜していました。
e0224357_2264390.jpg

既にピークは過ぎているようでしたが、♂は開翅して綺麗な翅表を見せてくれいました。
e0224357_228414.jpg

紫の花の周りには、かなり新鮮な個体もいました。
e0224357_2293168.jpg

他の花では擦れた個体しか見られません。
e0224357_22101346.jpg

e0224357_2210244.jpg


ソテツで羽化が近い小さな蛹が1つ見つかりましたが、新芽がなく幼虫は見つかりませんでした。
e0224357_22111554.jpg


順番が逆になってしまいましたが、朝からとても良い天気でしたから、海が見える丘の上で日の出も撮影しました。
e0224357_22154465.jpg




ルーミスに加えてサツマやクマソとこの時期にしては充実した撮影が出来ました。
来年は、もう少し早い時期に泊まりで出かけて新鮮なサツマシジミでも狙ってみたいと思います。

by konty33 | 2013-11-21 22:33 | シジミ類 | Trackback | Comments(10)
2013年 07月 22日
オオヒカゲの蛹と♂♀発生確認
7月14日 つづき
アイノミドリなどを撮影した後、探索しながら次の目的であるオオヒカゲの発生状況の確認に行きました。
まだ、発生には数日早いと考えていましたが、まさにこの日が発生日のようでした。
小さな発生地で食草であるスゲの仲間を丹念に見て回ると羽化直の個体が蛹殻の近くでぶら下がっていました。
e0224357_20274710.jpg

角度を変えて撮ったものや半開翅した写真もあったのですが・・・・
パソコンに移動したときトラブルが発生しデータが消えてしまい証拠はこれしかありません。
近くを探すともう1頭ぶら下がっていました。(こちらも写真はありません)
蛹もあるに違いないと探してみると・・・・・3つ見つかりました。
e0224357_20331622.jpg

e0224357_20335849.jpg

羽化直の個体も敏感で、近づくと草が揺れて大きな翅をゆっくり動かし飛び立ちました。
フワフワと飛ぶ姿は、オオヒカゲならではの迫力があります。
e0224357_20375899.jpg

近くの樹幹や枝に静止しますが、すぐに薄暗い藪に紛れて見失ってしまいます。
e0224357_20382867.jpg

写真を見ると違う個体のようで、結局3頭見つかったと思います。
e0224357_2039320.jpg

神経質で敏感な種ですが、慎重に近づくと広角でも撮影できます。
e0224357_20463339.jpg

蛹殻の近くに静止していたときは、何度か半開翅しましたが、それ以外では開翅はなかなか見られません。
一度だけ一瞬チャンスがありました。
e0224357_21231.jpg

この日に見つけた個体は、どれも羽化直の♂でした。




7月21日
難しいとは思いましたが失った写真を撮り直せないかと・・・・・1週間後に再訪しました。
羽化直探しには遅すぎる15時すぎに到着し、まず、蛹を探してみると・・・・1つを残して2つは羽化したようです。
すると、近くで♀が飛び出し、追いかけて撮影することが出来ました。
e0224357_205577.jpg

すごく敏感でなかなか近づけません。
おまけに薄暗い林の中に逃げ込まれるとシャッター速度も遅くなり写真を撮るには苦労します。
繁みの隙間から300mmで狙うことも多いし、100mmマクロでいける場合もあります。
e0224357_20562796.jpg

運良く開けた場所に出てきたときなどは、広角で撮影できる事もあるから不思議です。
e0224357_20571738.jpg

この日は2個体の羽化直と思われる♀が観察できました。



♀の羽化が何時だったか分かりませんが、とても新鮮な♀でした。
午前中にここに訪れていたら、蛹殻の近くに静止する個体が見つかったかも知れません。
図鑑によると夕方には活発に飛ぶとありますが、羽化直のためか暗がりでじっとおとなしくしていました。
2週にわたる訪問で、新鮮な♂と♀が観察できましたが、こうなると交尾や産卵、卵も観察したくなりますね。

by konty33 | 2013-07-22 21:24 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(4)