タグ:幼虫 ( 55 ) タグの人気記事

2012年 09月 26日
初秋のクロツバメシジミの訪花シーン
9月22日 つづき
炎天下で半日シルビアシジミを観察した後、疲れたのでゆっくりするためクロツバメシジミの生息地を訪れたました。
先週に続いての訪問でしたが、先週より大幅に個体数が増えいており、ツメレンゲの花穂も随分伸びてきました。
e0224357_19294820.jpg

日中は好天のためか元気に飛び回るだけで撮影しにくかったですが、暫くすると雲空となり静止することが多くなりました。
トゲトゲで止まりにくそうなエノコログサにも・・・・・・。
e0224357_19211240.jpg

新鮮な個体が多く交尾も期待しましたが、この日の観察では交尾は見られず、各種の花で吸蜜が観察できました。
ニラの花が少しだけあり、入れ替わり立ち替わり何回も来ていました。
e0224357_19231291.jpg

時には2ショットも・・・・
e0224357_19234913.jpg

ヤマゴボウにも何回か吸蜜していました。
e0224357_19243675.jpg

センダングサには、長い間吸蜜していました。
e0224357_19254287.jpg

ツメレンゲが自生する石垣をバックに広角でも・・・・。
e0224357_19285693.jpg

ツユクサにも吸蜜するのですが、タイミングが悪く吸蜜シーンが撮影できませんでした。
e0224357_1932676.jpg

少し薄暗くなると飛ぶ個体はいなくなり、みんな何処かで静止しています。ツユクサにも・・・。
e0224357_19351095.jpg

交尾は見られなかったですが、産卵は何回か見られました。
e0224357_19361849.jpg

こうなると卵も超接写したくなります。しかし、この卵は0.5mmくらい?と小さく撮影は大変でした。
e0224357_19381241.jpg

葉がかなり食われて枯れかけたツメレンゲからは、幼虫も見つかりました。
大きさは1cmくらいで、色も似ていて分かりにくいですが、アリが止まっているのが幼虫です。
e0224357_1941363.jpg

ツメレンゲ全体を見ると明らかに幼虫に食害されているので探しやすいです。
ここには、1cmにも満たない小さな幼虫も2頭いました。(反対側で葉に食い込んでおり写真には写っていません)
e0224357_19455924.jpg

残念ながら、蛹は見つかりませんでしたが、きっと何処かにあったと思います。


今回は、とても新鮮な個体が多く色々な花で吸蜜する姿が観察できました。
交尾を期待したのですが、求愛行動すら殆ど見られませんでした。
2週続けて同じ種類の観察でしたが、それなりに違う生態が観察でき楽しかったです。
ツメレンゲが咲く頃、もう一度行ってしまいそうです。

by konty33 | 2012-09-26 20:02 | シジミ類 | Trackback | Comments(10)
2012年 09月 07日
会社でもムラサキツバメが発生!
8月~9月初
会社の駐車場前に2本のマテバシイがあります。
今年は、6月末の台風による塩害の影響で一時ほとんどの葉が枯れてしまいました。
その後も木の勢いが無くなっていたのですが、夏になってやっと葉が増え新芽も出てきました。
8月になり、その新芽を確認するとムラサキツバメの卵が茎や葉の裏などにパラパラと産卵してありました。
e0224357_21234658.jpg

家に持ち帰り孵化までの様子を撮影することにしました。少し拡大すると卵の表面の凹凸がよく分かります。
e0224357_219593.jpg

超接写にもチャレンジし、深度合成してみました。
e0224357_21111232.jpg

持ち帰ってから2日くらいで孵化しました。
e0224357_2114565.jpg

新芽の柔らかいところを葉裏からかじってありましたが、食欲はすさまじくすぐに大きくなっていきます。
e0224357_21173538.jpg

食草が家にないので、駐車場のマテバシイに戻してやりました。
夏期休暇などもあり暫く見ていなかったのですが・・・・・幼虫はいつの間にか随分大きくなっていました。
e0224357_21224843.jpg

葉を丸めて巣を作り、その中に鎮座していましたが、常にアリが周りをうろちょろしています。
この幼虫はアリの好きな蜜を出してくれるのだそうです。
e0224357_21311659.jpg

その代わり、アリは幼虫を外敵(寄生蜂など)から身を守ってもらっているのだとか・・・・。
この葉を丸めた巣は目立つのですぐに見つかりますが、時には巣から出て歩き回っている幼虫も見られます。
e0224357_21394562.jpg

いつの間にか幼虫がいなくなり、蛹を探すと枯葉の中から1つだけ見つかりました。黒いので羽化が近いようです。
e0224357_21364456.jpg

その蛹を持ち帰り外に置いておくと次の早朝、羽化して翅を伸ばしているころを見ることができましたが・・・・、
カメラの準備をしている間に翅がほとんど伸びきってしまいました。
e0224357_21424021.jpg

風で落ちそうだったので、風がこない玄関前の木に移動して出勤直前に撮影しました。
e0224357_21435714.jpg

この日会社から帰宅したときには、勿論、もういませんでした。
きっと近くのマテバシイで仲間を見つけて繁殖してくれることでしょう。
今年は、数が多そうなので、成虫も含めてもう少しじっくりと観察できたら良いなと思っています。

by konty33 | 2012-09-07 22:11 | シジミ類 | Trackback | Comments(10)
2012年 07月 17日
信州の高原を駆け巡る ウラキンシジミ編
7月14日
当初の予定は早朝よりゼフィルス観察に行く予定でしたが、所用もあり予定変更です。
昨年撮影機会を逸した新鮮なウラキンシジミに狙いを絞り、午後2時頃に生息地に到着しました。
トネリコの多い林の中や林縁で探しますが見つからないので、叩き出してみました。
すると、数頭のウラキンシジミが飛び出し、1頭の♀が灌木に降りてきてくれました。
ウラキンの♀は、名前通り翅裏が金色に輝いて見えます。
e0224357_2054140.jpg

少し距離があり、アップでは撮影できないのでもう一度刺激を与えると林の向こうに消えてしまいました。
この調子でと・・・叩き出しを続けると・・・・また、近くの灌木に降りてきてくれました。
e0224357_205846100.jpg

脚立を使用してやっと目の高さですが、近くで撮影しても逃げませんので手を伸ばして広角でも・・・。
e0224357_216573.jpg

とても新鮮な個体で、開翅してくれないかと暫く待ちましたが翅をスリスリするだけでした。
更に、続けて探索すると・・・・また♀です。少し傷んでいますが、それでも綺麗です。
e0224357_213966.jpg

背景の雰囲気を入れて広角でも撮影しました。
e0224357_214206.jpg

♀ばかりで♂が見られないかと更に続けると・・・どうも飛んで行ってしまうのが♂のようです。
遠くの草地に飛んで行く個体を目で追うと・・・30mほど離れた荒れ地の中に降りたように見えました。
草をかき分け降りた当たりを丹念に探すとギシギシのような草に♂雄が静止していました。
e0224357_21142761.jpg

♂は♀と比べると随分黒っぽく見えて美しくありません。
しかし、新鮮な個体でしたから光の当たり具合によっては♀ほどではないにしても綺麗にも見えます。
e0224357_21155721.jpg

暫く待ってみましたが、これも開翅はしてくれませんでした。
時間帯なのか?それとも曇り空では難しいのでしょうか?


カラスシジミもこの近くに居るはずですが、成虫も蛹も見られませんでした。
ミヤマカラスシジミの発生場所にも寄り、クロツバラの木を確認してみると終齢幼虫が3頭見つかりました。
葉の裏に静止する幼虫や枝を這い回る幼虫に続き、実の中に頭を突っ込んでいる幼虫も見られました。
e0224357_2123226.jpg



このあたりは、標高が高いためか比較的新鮮なウラゴマダラシジミにも出会いました。
e0224357_21242194.jpg

開翅の様子を連続撮影もしてみました。
e0224357_21252433.jpg


目的のウラキンシジミは新鮮な♂♀とも会うことが出来ました。
夏の高原では、いろいろな蝶たちが撮影できましたので、次回以降、種類毎に紹介したいと思います。
昨日あたりから入道雲が広がり夏らしい空で一段と蒸し暑くなり、今日は、梅雨明けも発表されました。
これから、いよいよ夏の蝶の本番ですね。

by konty33 | 2012-07-17 21:46 | シジミ類 | Trackback | Comments(14)
2012年 06月 21日
台風で庭の幼虫たちはどうなった?
6月中旬
6月19日午後、台風4号が接近し徐々に風雨が強くなり、夜には暴風雨となりました。
翌朝被害を確認したところ、昨年の台風で治したばかりのカーポートの屋根や犬小屋のビニールトタンがまた飛ばされていました。
新緑で青々としていた庭木も多くが塩害により一晩で葉が枯れたり被害を受けました。
e0224357_2023688.jpg


さて、今回は自宅庭のジャコウアゲハの幼虫たちの様子をご紹介します。

今年は、庭のウマノスズクサの発育が良くてジャコウアゲハが沢山卵を産んでいきました。
その様子は、以前(5/上)ジャコウアゲハの産卵などを紹介しています。
下は、5月初旬に撮影したジャコウアゲハ♀の様子です。
e0224357_2032887.jpg


あれから1ヶ月半経過しましたが、台風前後の幼虫や蛹たちの様子を観察してみました。
台風当日の朝、ウマノスズクサを食べている幼虫の様子です。まだ台風の影響もなく平和な日常でした。
e0224357_20353883.jpg

今年は、小さな庭中ですが、ほんとうに幼虫が沢山見られます。数えていませんが50以上はいそうです。
e0224357_2037056.jpg

蛹も家の壁や植木鉢などで10個以上見つかりましたが、この時期の蛹は、越冬の蛹と違い綺麗な黄色なんです。
e0224357_20431428.jpg


台風翌朝の様子ですが、ウマノスズクサの葉が風で飛ばされたり、塩害で枯れてしまったり殆どなくなっていました。
そのため、残された茎に群がって必死に食べる幼虫が沢山いて可愛そうでした。
e0224357_20491018.jpg

やや小さめの終齢幼虫は蛹化までもう少し食べ足りないのか、食草を求めて地面を這っていました。
蛹になれず死んでいくか小さな蛹がそのうち見られるかも知れませんね。
台風で飛ばされず残った犬小屋のビニールトタンの蛹は、強風で自身を固定していた糸が切れてぶら下がっていました。
e0224357_2125549.jpg

食草を探して10m以上離れた枯れ枝にもいました。ここで蛹化するのでしょうか。
e0224357_21291693.jpg



家の壁や植木鉢についていた蛹たちは全部無事のようでした。
台風の翌日は、会社でもクスノキからアオスジアゲハの終齢幼虫がいくつか地面に落ちていました。
今回の台風4号が、蝶の生態系に大きな影響を与えていないと良いのですが・・・・・・。

by konty33 | 2012-06-21 21:44 | Trackback | Comments(8)
2012年 05月 31日
自宅近くのウラゴマダラシジミ
5月27日
朝から、地域の奉仕活動で半日潰れたので、午後から近所のウラゴマダラシジミの様子を見に行きました。
食草のイボタの花が咲き始めており、何頭かのウラゴマダラシジミが発生しているのを確認できました。
e0224357_22294828.jpg

ちょうど羽化のピークのようで、どれもそこそこ新鮮です。
e0224357_2231374.jpg

e0224357_22315195.jpg

開翅しそうになったので期待しましたが、待ちきれず残念でした。
e0224357_2232649.jpg

自宅近くのウラゴマダラシジミは、明るい色合いなので、開翅を撮影してみたいのですが・・・・残念でした。

イボタを探してみるとまだ蛹がいくつか見つかりました。
葉の裏にしっかり糸を吐き台座を作り、蛹がついています。
e0224357_22343788.jpg

序でに、4月末頃撮影した終齢幼虫をご紹介しておきます。
e0224357_22365476.jpg


いよいよゼフィルスのシーズンが始まり、これからが楽しいですね。
しかし、暫く都合により遠出が出来なくなりました。
ブログの更新も少なくなると思いますが、今後とも宜しくお願いします。

by konty33 | 2012-05-31 22:46 | シジミ類 | Trackback | Comments(14)
2012年 05月 23日
カラスシジミとミヤマカラスシジミの幼虫探し
5月19日(夕方)
この日は、朝のクモマツマキチョウから始まって、ヒメシロチョウも観察したあと、夕方には幼虫探しもしてみました。
そこで、今回はミヤマカラスシジミとカラスシジミの幼虫探しの様子をご紹介します。
今年の春に卵を確認していた場所なので、すぐ見つかるだろう?と安易に考えていました。
まずは、以前、大きな卵塊が見つかったミヤマカラスシジミからです。
クロツバラを確認すると綺麗に孵化した卵と沢山の食痕が見つかったので、すぐに幼虫が見つかるはずです・・・・。
結構探して、やっと見つかった幼虫は体長3~4mmと小さな2齢?幼虫でした。
e0224357_21311166.jpg

2頭見つけるのにかなり時間がかかってしまい、もう時間がなかったのでコンデジと100mmマクロでの撮影です。
e0224357_21322397.jpg


次は、卵探しの時にも2卵見つけただけだったカラスシジミです。
こちらは、卵の数も少なかったので難航が予想されました。
しかし、こちらは予想に反しハルニレの葉裏から次々と幼虫が見つかります。
どうしたことか10頭くらいすぐに見つかりました。卵探しの時には、相当見落としていることになりますね。
ミヤマカラスシジミよりやや大きな3齢?幼虫になっており、見つけやすかったかも知れません。
e0224357_21415211.jpg

e0224357_2142359.jpg


この付近にはウラキンシジミも卵を観察していますが、まだ終齢幼虫にはなっていないと思われ、落下傘は確認できませんでした。
しかし、ミヤマカラスシジミとカラスシジミの若齢幼虫が確認できたので良かったです。
機会があれば、この後も観察を続けたいと思います。

by konty33 | 2012-05-23 22:32 | 幼虫 | Trackback | Comments(2)
2012年 05月 10日
クロツバメシジミの幼虫から成虫まで観察
今回は、4月22日と5月5日の山梨でのクロツバメシジミ観察のご紹介です。
昨年は、4月24日に成虫を観察したので、今年も4月22日に一度立ち寄りました。
その時は、天気が悪かったせいか成虫が見られず、終齢幼虫などしか見つかりませんでした。
e0224357_2065360.jpg

更に、蛹がないかと付近を探してみると緑色した前蛹が沢山見つかりました。(結構目立ちます)
e0224357_2094485.jpg

石垣の隙間や雨を避けるような石の下側に多いようでした。
付いている場所が分かってきたので、蛹も探してみるといろいろな色の蛹がいくつか見つかりました。
e0224357_20123340.jpg

うす茶色や黒に混じり緑色に透ける綺麗な蛹も見つかりました。この色の違いは何によって決まるのでしょうか。

そんなわけで、後日(5/5)、クロツバメシジミの羽化や羽化直後の成虫を観察したくて再訪したわけです。
羽化しそうな蛹を探し、下の写真のように真っ黒になった蛹が妖しいと思い、3箇所で蛹のある石にテープで印をし・・・・・・・
e0224357_2024569.jpg

その蛹が羽化しないか時々気にしながら成虫の撮影をしました。
確かに、テープで印を付けた蛹はこの日の昼までに3つとも羽化しました。
しかしながら、どれもふと気が付くと既に羽化してしまっており、羽化の様子は観察できませんでした。
蛹の抜け殻の横で羽根を乾かしている個体です。
e0224357_20322138.jpg

e0224357_2033124.jpg


次は、交尾シーンです。沢山の求愛行動が見られましたが、交尾が成立したのは2回だけでした。
♂の傷みが激しく残念でしたが、風もあり撮影もそこそこに、別れてしまいました。
e0224357_20425326.jpg


産卵シーンも観察しました。ツメレンゲの上で歩き回り、どちら向きに産卵するか分からないので撮影には苦労します。
e0224357_20514067.jpg

上の写真では、産卵の雰囲気は出ていますが、産卵しているかどうか分かりませんね。
何回かチャレンジしたら、産卵しているうす緑色した卵まで写せました。(良く見ないと分かりませんね)
e0224357_20524228.jpg

超接写するとこんな感じです。
e0224357_211597.jpg

綺麗な個体を選んで、漆黒の翅表を撮影してみたいのですが・・・・・・
陽が強く風のため開翅も不十分で納得のいく写真は撮れませんでしたが、いくつか掲載します。
e0224357_2121314.jpg

e0224357_21221994.jpg

e0224357_2123075.jpg

最後に、他に羽化しそうな蛹はないかと探しているとき見つけた蛹です。
5つも同じ石に付いており、ビックリしました。
e0224357_21254788.jpg


今回は、いろいろなクロツバメシジミの様子をご紹介しましたが、蛹を見つけたのは実は今回が初めてです。
昨年、皆さんのブログで紹介されていたので、探したところ蛹や前蛹が見つかったので嬉しかったです。
次の機会には、今回、残念ながら撮影できなかった羽化シーンを狙ってみたいです。

by konty33 | 2012-05-10 21:48 | シジミ類 | Trackback | Comments(8)
2012年 04月 05日
ウラゴマダラシジミの幼虫観察
4月初旬
先日の台風の様な暴風雨を耐えたソメイヨシノは、5分から8分咲きになってきました。
自宅近くで3月中旬に孵化を確認したウラゴマダラシジミの幼虫がその後どうなったか2回ほど確認に行っています。
薄暗くなってから確認したときは新芽の基に静止ししている2齢幼虫が見つかりました。
e0224357_213153.jpg

しかし、懐中電灯を頼りに探しても簡単には見つかりません。
後日、明るい時間に再訪しもう一度探すと2つ見つかりましたが、以前の場所では見つからないので、移動しているようでした。
e0224357_21135163.jpg

幼虫をアップで撮影することはあまりなかったのですが・・・まだ5mm程度の幼虫ですが、背中の赤いスジが消えているので3齢になったのでしょうか?
e0224357_21191444.jpg

これまでの経験と比較して、イボタの葉の成長に対し、幼虫の成長がやや遅いような気がしましたが元気に成長しているようです。
夕日がさし込むところでは探しやすいですが、陽が照らない部分にもまだ幼虫がいるかもしれません。
e0224357_21251411.jpg

e0224357_21254366.jpg



食痕がかなり多く見られましたが、ネバネバした何かの幼虫が沢山ついており、ウラゴマの幼虫は少ないようです。
もう少し大きくなると探すのも楽になるので終齢、蛹、成虫と観察を続けたいと思います。

by konty33 | 2012-04-05 22:03 | 幼虫 | Trackback | Comments(2)
2012年 03月 17日
ウラゴマダラシジミの孵化
3月中旬
このところ週末ごとに雨が降ります。今日(3/17)も朝からの雨でフィールドへは行きませんでした。
そこで、3/9~観察した近所のウラゴマダラシジミの孵化の様子をご紹介します。

この日(3/9)も小雨が降っていましたが、以前ご紹介した大きな卵塊を見てみると既に全部孵化していました。
この木は芽吹きが早く数日前に孵化したようです。
e0224357_22194992.jpg

夕方でうす暗く雨も降っていたので、この日は幼虫を探すことを諦め出直すことにしました。
帰り道、池の横の道では10匹くらいのヒキガエルが道路を占拠していました。
e0224357_22245168.jpg


後日、ウラゴマの卵を片っ端からチェックしてみると孵化直後と思われる幼虫が見つかりました。
e0224357_2228221.jpg

イボタは木によって芽吹き具合に差があり、芽吹いた木では芽に食いつく小さな幼虫もいました。
凄く小さく、食痕も目立たないので卵を探すより難度が高いです。
e0224357_223012100.jpg

半分孵化しかけた卵塊も見つかりました。2卵は小さな穴が空いており暫く待ちましたが孵化の瞬間は見られませんでした。
e0224357_22335389.jpg


今日は雨でしたが、随分気温が上昇したので、急に庭のモクレンの蕾が白く膨らんできました。
また、菜の花畑も綺麗に花を咲かせていました。雨で霧が掛かっていましたが、晴れていればモンシロチョウが舞いそうです。
e0224357_22484816.jpg

明日は、晴れの予報なので地元の山にギフチョウの様子でも見に行ってみましょうか。
まだ、1週間ほど先の方が確実だと思いますが・・・・。

by konty33 | 2012-03-17 23:05 | | Trackback | Comments(8)
2012年 02月 12日
コムラサキの越冬幼虫探し
2月12日
天気は良く日中の気温は比較的高いはずですが、西風が強くとても寒い日でした。
午前中に雑用を片づけられたので、午後は浜松の河川敷のヤナギでコムラサキの幼虫を探してみることにしました。
河川敷にはヤナギが多く夏場には何処でもコムラサキが飛んでいますが、越冬幼虫探しは初めてです。
e0224357_225172.jpg


1時間も探したのに見つかりません。特徴は分かっているつもりですが・・・・・。
昨年、秋の台風の後、コムラサキの数が急激に減少したのでそのせいかも知れません。
比較的大きいわりに樹皮の凹凸が少ない木があったので、シワの寄ったところを丹念に探してみるとやっと見つかりました。
e0224357_22132323.jpg

赤い矢印の先の凹みに居ますが分かりますか?もう少しアップにしてみます。
e0224357_22142930.jpg

同系色で凹みに隠れているので老眼では見つけるのは大変ですね。
e0224357_22154065.jpg

アップにすると大きく見えますが、体長は1cm弱です。これでも3齢幼虫でしょうか。

この木はきっと他にも居るに違いないと探してみるともう一つ見つかりました。
e0224357_22212783.jpg

この場所は少し高く地上から2m付近でしょうか。枝の分かれ目の凹凸部分でした。これも体長1cm程度です。
e0224357_2222486.jpg



結局、1時間半の探索で2つ見つかっただけですが、寒いので撤収しました。
画像としては地味でつまらない物ですが、初めてのコムラサキ幼虫探索は無事終了です。

by konty33 | 2012-02-12 23:02 | 幼虫 | Trackback | Comments(12)