タグ:幼虫 ( 55 ) タグの人気記事

2013年 12月 30日
ゴマダラチョウとアカボシゴマダラの越冬幼虫
12月30日
今年もあと二日で終わりますが、休みに入っても家の大掃除などが忙しくフィールドに出して貰えません。
2013年締めくくりのネタですが・・・・近所のゴマダラチョウの幼虫にしました。
(買い物の序でに短時間で探せるのはこれしかありません)

ここで成虫を見ることは殆ど無いのですが、エノキの大木の根元の枯葉から見つかりました。
e0224357_1505585.jpg

強い風に飛ばされてしまったのでしょうか。1本の木の周りを暫く探しましたが3頭だけでした。
e0224357_16313779.jpg

顔はいつ見ても可愛いですね。
e0224357_16332666.jpg


比較のためにアカボシゴマダラの幼虫もみてみましょう。
もし同じところにいるとよく似ていて間違えてしまいそうです。
静岡でも中部くらいまで生息範囲が拡大しているようですが、家の近くではまだ見られません。
神奈川にムラサキツバメの越冬集団を見に行ったときにみられた幼虫たちを紹介します。
e0224357_16592278.jpg

こちらはエノキの幼木でみられますが、落ち葉だけでなく木の下の方にもいました。
あれっ! 背中の突起の数が少ない?これもアカボシですよね。
e0224357_17111575.jpg

12月の最初のころは、落ち葉に移動する途中なのでしょうね。
e0224357_1711273.jpg



今月に入ってからは特に忙しく、フィールドに出られるチャンスがあまりありませんでした。
これで今年は終わりですが、来年も蝶の観察を通して自然を楽しみたいと思います。
それでは、皆様良いお年をお迎え下さい。

by konty33 | 2013-12-30 17:48 | 幼虫 | Trackback | Comments(10)
2013年 10月 07日
カバマダラの発生確認
10月5日
台風で週末はダメだと思っていましたが、予想外に良い天気になりました。
神奈川県で発生したカバマダラが静岡県内でも見られるとのお話をお聞きし見に行ってきました。
ガガイモ科のフウセントウワタを目当てに、その周りを探してみるとジッと佇むだけのカバマダラ♀がいました。
e0224357_2132221.jpg

陽がささないせいか、驚かせない限り殆ど飛びません。こちらは擦れた♂かな。
e0224357_21333558.jpg

2010年に発生したときは凄い数でしたが、今回は数頭しかいませんでした。
数が少ないながらフウセントウワタには幼虫もいました。
e0224357_21362631.jpg

e0224357_21373056.jpg

卵も探してみると・・・葉の裏からいくつか見つかりました。
e0224357_21382972.jpg

そうこうしている間に、陽が射すようになり成虫の活動が少しだけ見られました。
吸蜜はこの1回だけで、産卵や交尾は見ることができませんでした。
e0224357_21395166.jpg

e0224357_21501963.jpg

今回は個体数が少ないながら、発生を確認できました。



早々に確認を終え、県内のもう1箇所の発生状況も確認に行きました。
県中部のそこでもフウセントウワタがありました。
畑作業の方に伺うと前日までは飛んでいたとか・・・しかし、採集者も来た後のようで成虫は見つかりませんでした。
そこで、発生の証拠にと幼虫を探しました。
e0224357_21492874.jpg

ここでも卵が見つかったので、今度はTG-2で拡大し少しトリミングしてみました。
e0224357_21544945.jpg

更に、MP-E65で超接写してみるとこんな感じです。
e0224357_21561522.jpg




カバマダラの発生が県内のかなり離れた2箇所で確認できました。
畑の持ち主の方に伺うと、フウセントウワタを収穫するときに出る白い液体が眼に入ると角膜を痛めるし、
お金にもならないので最近は栽培者が減っているようです。
この蝶の飛来を楽しみにしている人にとっては残念な話にも聞こえますね。

by konty33 | 2013-10-07 22:49 | タテハ類 | Trackback | Comments(12)
2013年 10月 05日
蟻と共存するムラサキツバメの幼虫たち
10月4日
この週末は天気が悪そうですし、ブログネタが全くありません。
そこで、ネタ探しのため昼休みに会社の駐車場の脇でムラサキツバメの生息状況を確認してみました。
マテバシイが2,3本あるだけですが・・・・・木の根元から出ているひこばえの新芽がちょうど良い感じです。
e0224357_2338499.jpg

このひこばえには食痕もあり、アリが多くみられました。
普通は、葉を少し巻いて巣を作るので、それを探しますが、葉を食べ尽くし殆ど丸裸の幼虫が多く見られました。
e0224357_23542599.jpg

幼虫の周りには沢山の蟻が取り囲んでいます。今回は2種類の蟻が見られました。
e0224357_23561132.jpg

この木は小さい蟻が多いようです。
e0224357_23574615.jpg

こちらには黒くて大きな蟻がいました。↓
e0224357_23583340.jpg

幼虫の数が多いので、2頭がぶつかるようにいる場面も見られます。
葉がなくなり、軸に静止するのを見ると・・・これからどうしていくのか心配になります
下の写真の下側の幼虫は20mm以上あり、間もなく蛹になりそうです。
e0224357_003994.jpg

この幼虫たちは、とてもひらたく葉を巻いた中にいると見つかりにくいことがあります。
横から見るとその薄っぺらさが分かります。
e0224357_085240.jpg




今年3,4回確認していますが、今年は初めて見つけました。
自分の駐車場所と違うので、このところ見ていませんでしたから、卵は見ていません。
コンデジを使用して、たった15分だけの観察でしたが、いれば簡単に見つかるので楽です。
年によって発生状況が安定しませんから、見つかると嬉しいですね。
これから暫くは、昼休みにでも経過観察をしてみたいと思います。

by konty33 | 2013-10-05 00:17 | 幼虫 | Trackback | Comments(6)
2013年 09月 05日
ミヤマシジミの成虫、卵、幼虫探し
8月31日 つづき   
河原のコマツナギの多いところにいるミヤマシジミの様子を見に行きました。
風も強く必死に草に掴まって飛ばないようで、すぐには見つかりませんでした。
風がおさまると1頭チラチラと飛び出しました。
e0224357_1954156.jpg

暫く見ていましたが、♂は少し擦れた1,2頭だけのようです。
e0224357_19561180.jpg


♀も見つけることができましたが、ボロボロの個体と少し擦れた個体だけでした。
強めの風が良く吹くので、翅がたたまれてしまい、狙った感じの写真が撮れませんでした。
e0224357_1958363.jpg

端境期なのか、それとも誰かに採集されてしまったのか、数が少なく心配な状況です。


成虫が少ないので、卵や幼虫を探してみることにしました。
卵は、晩秋と違って葉や花芽から見つかりますから、今年中にもう1化発生するのでしょうか。
e0224357_2064576.jpg

もう少し拡大してみましょう。特徴的な表面の凹凸がよく分かります。
e0224357_2085029.jpg


幼虫は、食痕を頼りに探しますが、その食痕がなかなか見つかりません。
やっと葉の表面を舐めたような食痕を見つけると・・・・幼虫がいました。
アリに囲まれた終齢幼虫のようです。
e0224357_20105463.jpg

シジミチョウ科の幼虫はアリ類と密接な関係を持つものが多くいますが、ミヤマシジミも例外ではありません。
背中から蜜を出してアリに与える代わりに、外敵から身を守って貰っているそうです。
e0224357_20352948.jpg

お尻近くにはフェロモンを出すのか、矢印で示した伸縮突起なる物があります。
良く見ていると・・・・時々一瞬伸びるのですが、一瞬なので撮影することが上手くできませんでした。
e0224357_2051625.jpg

他にもいないかと探してみると・・・・もう少し小さな幼虫もいくつか近くで見つかりました。
e0224357_2052224.jpg




新鮮な成虫がいないときは、幼虫などを探してみるのも良いですね。
蛹はアリの巣の中を探さないと難しいでしょうが、幼虫のアリとの協力関係を垣間見ることが出来ました。
年に数回ミヤマシジミの様子を見に立ち寄りますが・・・・
最近は、個体数が少なくなったこともあり新鮮個体に出会う確率が低くなりました。

by konty33 | 2013-09-05 21:16 | シジミ類 | Trackback | Comments(8)
2013年 05月 14日
GW中の各種の卵、幼虫、蛹を確認
4月下旬~5月上旬
今回は、趣向を変えてこの間に観察した卵や幼虫の記録を少々記載します。
順不同ですが、まずは、身近なところでウラゴマダラシジミの終齢幼虫や前蛹、蛹の確認です。
GW前半には、夕方立ち寄った産地のイボタノキでは、沢山の終齢幼虫を確認できました。
e0224357_2212142.jpg

この後、GW後半には前蛹や蛹になっているのが確認できました。
e0224357_22132567.jpg

これなら、5/後半には成虫になりそうです。
e0224357_22133820.jpg

この場所では、GW前半にクヌギからミズイロオナガシジミの幼虫も見つかりました。
一連の写真は、どれも夕方撮影なので、夕日で写真が赤っぽくなっています。
e0224357_2217551.jpg

GW前半には、ハンノキ林からミドリシジミの幼虫巣(通称;ギョウザ)も見られました。
逆光にして透かしてみると中の幼虫が見えます。
e0224357_22205372.jpg

失礼して葉を広げて幼虫も撮影させて貰いました。
e0224357_22222463.jpg

違う場所では、ウラジロガシからムラサキシジミの卵も見つかりました。
一瞬、ヒサマツミドリ??かと勘違いします。
e0224357_22235183.jpg

これは、拡大して見るととても綺麗に見える卵なので超接写をしてみました。
e0224357_22253253.jpg

3月にご紹介したベニモンカラスシジミの様子もその後も継続して見守っています。
GWには、どういうワケか圧倒的に数が減少していましたが、2回調査したところ終齢幼虫、前蛹、蛹を見つけることができました。
e0224357_22283681.jpg

e0224357_22285145.jpg

GW後半には、蛹が見られました。昨年は羽化後の抜け殻を撮影しましたが、これは殻ではありません。
e0224357_2229231.jpg

GW後半、諏訪地方では芽吹きが始まるところでコナラのウラミスジシジミは孵化したところでした。
e0224357_22365421.jpg

孵化卵の殻が見つかり・・・・同じ冬芽の裏側を良く見ると小さな穴が・・・・・
まだ芽がふくらみかけたところですが・・・・幼虫がしっかり食い込んでいるのだと思います。
e0224357_22381067.jpg



こうして、同じGW期間中でも孵化したばかりのものから蛹まで、季節の進行が各地で違うことが分かりました。
GWに成虫以外の観察が多かったのは、天候がもう一つで成虫の観察機会が少なかったことの証拠でもありました。

by konty33 | 2013-05-14 22:54 | Trackback | Comments(4)
2013年 04月 22日
寒い曇りの日 ギンイチモンジセセリなど
4月20日
例年、この時期はギフチョウを追いかけて各地に遠征するのですが・・・・・
この日は生憎の曇り空で、しかも大幅に気温が下がったのでギフチョウは飛ばないと考え遠征は諦めました。

曇りでも確実に見られるギンイチモンジセセリを見に三河地方まで行くことにしました。
ギンイチモンジセセリは、以前は自宅付近でも見られたのですが、最近はまったく見られなくなりました。
静岡県内でも見るのが難しくなったと感じる種ですが、ここではごく狭い範囲で生き残っていました。
e0224357_2145321.jpg

曇りだとずっと静止しているようで、軽く草むらを刺激してやると飛び出しますが、すぐに近くに静止します。
e0224357_2154020.jpg

殆ど飛ばないので撮影はし易いのですが、開翅もしないし画像に変化がありません。
おとなしいので近づいて広角でも容易に撮影できます。
e0224357_21689.jpg

こんな感じのススキの枯れ野原で、適当な草丈のところに多いようです。
ムリヤリ飛ばしたら黄色の花の上に止まりましたが、吸蜜したいわけではないようです。
e0224357_217090.jpg

少し背の高い枯れ穂の上に静止してくれました。背景がスッキリして良い感じです。
e0224357_2173112.jpg

広角で撮影するとこんな感じです。
e0224357_2174656.jpg

反対側に回って、背景を変えてみました。
e0224357_2175848.jpg

近くの違う穂にも移動して・・・・
e0224357_219484.jpg

同じような写真ばかりで「もう飽きた・・・」と声が聞こえそうなのでこれくらいにしておきますが、
もう少し早い時間に行けば、薄陽もさして開翅していたようなので、残念でした。
1時間ほどでこの地の撮影は終了し、心当たりを見て回りますが何も飛びません。


最後に寄った場所では、道路脇のカラムシにアカタテハの幼虫が沢山いました。
e0224357_21251846.jpg

この折りたたんだ葉の中に全部幼虫がいます。
失礼して少し開いてみると・・・・・ほら、この通りです。
e0224357_21262479.jpg

若齢幼虫は若葉がでる場所に小さな巣を作ります。小さな巣のひとつひとつに幼虫がいました。
e0224357_21275311.jpg

1cmくらいの小さなものから終齢幼虫までいろいろ見られましたが、人里近くの道路脇の方が多いようでした。

結局、夕方には雨が降り出し一日が終了しました。
本当だったら、トラフシジミやツマキチョウ、ウスバシロチョウなどが・・・・と期待していたのですが・・・・
やはり、天気が悪く気温も急激に下がったので厳しいですね。

by konty33 | 2013-04-22 22:06 | セセリ類 | Trackback | Comments(10)
2013年 03月 28日
ベニモンカラスシジミの幼虫探索
3月23日
静岡西部(北遠)のギフチョウを見に行った午後のことです。
昨年もこの時期に見に行ったのですが、どうしてもベニモンカラスシジミの様子を確認したかったので南信に足を延ばしました。
このベニモンカラスシジミの生息地は、ここ何年か見てきましたが毎年環境が悪化しておりとても心配です。
食樹のクロウメモドキは既に新芽を吹いており、まず、卵を探しましたが孵化した後でした。
e0224357_19501574.jpg

卵は1つか2つずつ産みつけられています。
e0224357_19543158.jpg

中には黒くなって孵化できなかった卵もあるようです。
e0224357_19533121.jpg

さて、孵化したなら幼虫がいるわけですが、探しても見つけにくいですね。
ウラゴマダラシジミの幼虫を探す要領で良いと思うのですが・・・・
すると既に2齢になった幼虫を見つけることができました。
e0224357_195658100.jpg

幼虫が見つけられる様になったので、観察力も多少向上したでしょうか。
いくつかの幼虫を見つけられたのは嬉しかったです。
e0224357_2062155.jpg

新芽には、確かに食痕が見られますが、2齢ともなると移動距離も長くなるのか卵や食痕の近くにいるとは限らないのです。
この上の写真は、全て気軽に撮影できるコンデジ(リコーGRDⅣ)によるものですが、デジイチ(7D+MP-E65mm)でも撮影してみました。
e0224357_2075939.jpg


この日は、時間がない中でも目的のベニモンカラスシジミの幼虫が見られたので、遠くまで足を運んだ甲斐がありました。
すぐに薄暗くなってしまいあまり探索が出来ませんでしたが、あちらこちらの環境悪化も凄まじい状況です。
今のところ細々と命を繋いでいますが、環境保全とこの種の保護の必要性を強く感じました。

成虫が羽化する前にももう一度くらい状況確認に行ってみたいと思います。
いつまでもこの蝶の姿が見られると良いですね。

by konty33 | 2013-03-28 20:35 | 幼虫 | Trackback | Comments(8)
2012年 12月 28日
忘年探蝶会 その4 コムラサキ越冬幼虫
12月27日
この日、例年よりやや早めに冬休みに入ったで、早朝から自宅の片付けと粗大ゴミ出しをやらされました。
天気が良いのに一日潰してしまうのは勿体ないので、午後からいつもの河原へと逃げ出しました。やれやれです。
現地に到着すると早速コムラサキの幼虫でも探してみようと柳の林に突入です。
e0224357_21342692.jpg

気温は約10℃で風も弱く、日差しが暖かく感じられました。
昨年も探したので、探し方のポイントは理解していたつもりですが、1頭目の幼虫を見つかるのに1時間くらいかかりました。
e0224357_21361031.jpg

写真ではわかりませんが10mmくらいしかありませんから、見つけるのは大変です。
幼虫が隠れていそうな凹みには、いろんなクモが越冬しています。
e0224357_214175.jpg

ヘクソカズラの実が、意外に綺麗だったりします。
e0224357_2142550.jpg

1頭目の幼虫は、少し高い位置で接写がしにくかったので、その後も探し続けました。
2時間を経過し陽が傾き始めたころ、やっと良い位置で2頭目の幼虫が見つかりました。
e0224357_21441697.jpg

矢印の位置に居ますが、わかるでしょうか?
アップで撮影すると・・・・
e0224357_21454328.jpg

この個体はやや小さく10mm以下でした。
柳の樹皮を探し続けているとセミを小さくしたような(6mmくらい)ズキンヨコバイがいくつか見つかりました。
e0224357_21474721.jpg

背中の模様が顔のように見えませんか?
この種は、ネット検索すると4~8月に見られると書かれていますが、年末でも見られるのですね。


結局、この日の午後はコムラサキの幼虫2頭だけしか見つかりませんでした。
秋の成虫の個体数が少なめだったせいかもしれませんが、kontyの幼虫を探す能力はイマイチのようです。
とは言え、なんとか見つかったので良しとしましょう。

by konty33 | 2012-12-28 22:17 | 幼虫 | Trackback | Comments(8)
2012年 12月 15日
ゴマダラチョウの越冬幼虫
12月14日
このところ全くフィールドに出る暇がなくブログもご無沙汰しています。
この日は、検診のために年休を取ったのですが、まだ陽が高い時間に開放されたので帰りに寄り道しました。
河原のエノキを探してみると根元に貯まった葉にゴマダラチョウのの幼虫を見つけることが出来ました。
e0224357_92152100.jpg

いつも使用しているGRD-Ⅳは、ピントが合わなくなってしまい修理中なので・・・・・自然光のままGX-100で撮影しました。
なんだか色合いがもう一つな感じです。
e0224357_9243872.jpg


今年の秋はゴマダラチョウが少なかったのですが、例年と変わらず越冬幼虫が確認できたので一安心です。
この地方の冬に特有な「遠州のからっ風」もない穏やかな天気でしたが、夕暮れは早いですね。
あっと言う間に薄暗くなり帰途につきました。

by konty33 | 2012-12-15 09:47 | 幼虫 | Trackback | Comments(6)
2012年 11月 08日
ヤクシマルリシジミの産卵と卵
11月3日
サツマシジミを撮影に行った日に、現地に到着して車を降りた直後に見つけたのがヤクシマルリシジミでした。
最初、サツマシジミだと思い込んでいたのですが、良く見るとノバラに絡んでいたのでヤクルリだと気づきました。
カメラを用意しているとすぐに産卵が始まりました。
e0224357_215306.jpg

この日は3箇所で産卵が見られました。
e0224357_2171472.jpg

e0224357_21102135.jpg


産卵場所だけ確認して、サツマシジミを撮影し終わった帰りがけに卵をゆっくり撮影しました。
卵は逃げませんからね・・・・。
e0224357_2112304.jpg

少し横からも撮影してみました。
e0224357_21162839.jpg

卵は複数見つかり、卵を探しているときに孵化まもない幼虫も見つかりました。
ご丁寧に葉先には孵化卵が2つついていました。産卵したときは葉がもっと小さかったのでしょう。
e0224357_2114717.jpg

食痕が沢山あったので、もう少し大きな幼虫もいると思い探してみると・・・8mmくらいの幼虫が1頭だけ見つかりました。
e0224357_21153058.jpg

ゆっくりと探せばまだまだ見つかったと思います。

産卵は連続的には行われず、食草の近くで開翅して休みながら行われているように思いました。
産卵と産卵の間にイバラ?で見せた開翅シーンです。
e0224357_21183911.jpg

食草周りの灌木の葉の上でも開翅し、産卵または産卵動作し、また休みます。
e0224357_21194186.jpg

翅裏が見えるように角度を変えて見るとこんな感じになります。
e0224357_21233088.jpg

ヤクルリ♀は、何回か見かけたのですが、どういうワケか♂は殆ど見られませんでした。
一度だけ見かけた♂の半開翅です。
e0224357_21235198.jpg




サツマシジミを狙っていったポイントですが、ヤクシマルリシジミは毎年見かけますし、産卵も良く見ます。
しかし、これまで産卵シーンの撮影枚数は少なかったし、卵や幼虫まで撮影できて良かったです。
ヤクシマルリシジミ♀は、どれも食草の近くで産卵しそうな個体ばかり目につきましたから、
ちょうど産卵に適した日よりだったのかも知れません。

by konty33 | 2012-11-08 21:55 | シジミ類 | Trackback | Comments(8)