「ほっ」と。キャンペーン
タグ:幼虫 ( 50 ) タグの人気記事

2017年 02月 15日
近所の公園でベニシジミの幼虫探し
2月12日
この時期の遠州地方は風の強い日が多くなりますが、この日も晴天ながら冷たい西風が吹いていました。
時間が空いたのが午後2時過ぎだったので遠出も出来ず近くの公園に行って・・・・・
陽だまりの斜面に生えるスイバでベニシジミの幼虫を探してみました。

幼虫はすぐに見つかりましたが、不用意にスイバの葉を動かすと・・・・・
株の根元や雑草の中に落下して見失ってしまいます。
e0224357_22353011.jpg
何度かトライしてやっと撮影できたのが上の写真です。
その後は・・・・・慎重に・・・・陽のあたる葉の上に移動させて撮影しました。
e0224357_22383926.jpg
葉には表面だけをそぎ取ったような食痕が目立ち・・・
大小さまざまな大きさの幼虫が見つかりました。
e0224357_22400071.jpg
いくつか見つけて・・・葉の上に並べて・・・・まとめて撮影です。
大きさの違いもよく分かりますね。
大きな方は終齢幼虫のようです。
e0224357_22404653.jpg
1時間も探しませんでしたが、風が冷たく寒くなったので終了としました。
e0224357_22413219.jpg



流石にこの気温で風吹く中、この時間では葉上で活動している幼虫は見つかりませんでした。
どれも根元付近でじっとしているか転げ落ちた幼虫ばかりで・・・
生きいきと活動している様子は撮れませんでした。

成虫が見られるようになるのももう直ぐです・・・・楽しみですね。





-

[PR]

by konty33 | 2017-02-15 21:33 | 幼虫 | Trackback | Comments(2)
2016年 11月 14日
ヤクシマルリシジミの幼虫探し
11月12日
快晴無風の小春日和になりました。
所要のなか無理やり時間を作り少しだけ先週のヤクシマルリシジミのポイントに立ち寄りました。
成虫の姿は見られず、その代わりの卵だけでは・・・寂しいものです。
e0224357_21195268.jpg
バラ科の新しい葉先の卵の数が増えているように感じました。
複数卵が同じ葉に産れていることも多く見られます。
e0224357_21212565.jpg
孵化していないかと思ってみていると・・・
先週は見つからなかった幼虫もいくつか見られました。
e0224357_21231579.jpg
葉裏の表皮だけを削り取る様に食べています。
卵のすぐ横の葉も食べている幼虫がいました。
e0224357_21241826.jpg
他にも葉の付け根付近でじっと動かない幼虫も・・・・・
e0224357_21253824.jpg
夕日が当たると幼虫が黄色に見えました・・・・
e0224357_21264005.jpg





これらはまだ3~4mm程度の小さな幼虫ですが、成虫になれるのでしょうか?
今後も時々覗いてみたいと思います。




-

[PR]

by konty33 | 2016-11-14 22:28 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 07日
地元でムラサキツバメの観察
11月6日
朝晩は寒いくらいに感じるこの頃ですが、日中は暑いくらいになりました。
小春日和というよりは日差しが強く汗が滲みます。
前夜遅かったので遠征は諦めて近場を探索してきました。
まず狙ったのは地元の公園や街路樹にもいるムラサキツバメです。
e0224357_21284517.jpg
紅葉したマンサクの葉に並んで静止していました。
同じ木の少し高いところには3頭いました。
e0224357_21300028.jpg
日差しがあたり気温が上がると開翅する個体も・・・・・
e0224357_21312426.jpg
ここではあっと言う間に何処かへ飛んで行ってしまいました。


場所を移動して違う公園でも探しましたが・・・・・
日中に気温が上がってからは高いところを飛び回るだけで撮影が困難な状況でした。
e0224357_21352245.jpg
そんな中でも暗がりで静止している個体もいました。
e0224357_21363792.jpg
幼虫はどうなったかと確認してみると・・・・
まだまだ沢山いました。
e0224357_21380046.jpg
根元付近に出ている新芽は殆ど食べ尽されていて、これで蛹になれるのか心配な状況です。
e0224357_21394533.jpg
新芽が出ているところには卵も見つかりました。
e0224357_21445199.jpg
広がった葉の表にも産卵してあります。
e0224357_21405104.jpg
拡大すると・・・・・いつもの綺麗な卵です。(TG-3)
e0224357_21415790.jpg
孵化卵も沢山あり、小さな幼虫も見られました。
これらの若齢幼虫は気温が下がると死んでしまうのでしょうか?
e0224357_21463921.jpg
偶然出会った友達から根元付近の葉の裏に蛹があると教えてもらいました。
残念ながら寄生された死骸殻のようです。
e0224357_22002547.jpg
また移動して・・・・・・
街路樹でも木の根元から生える新芽を見つけました。
e0224357_21482001.jpg
沢山の食痕がある木で探してみると・・・・・すぐに何頭かの幼虫が見つかりました。
卵もついていますが・・・・葉先の丸まったところにいる幼虫がわかりますか?(蟻のところです)
e0224357_21493191.jpg


まだ、集団はすぐに散らばってしまいますが、その内にしっかりとした越冬集団が形成されると思います。
今回見つかった幼虫や卵たちは生き残れるのか不安ですが、今年は数もまずまずのようです。


-


[PR]

by konty33 | 2016-11-07 22:41 | シジミ類 | Trackback | Comments(4)
2016年 09月 21日
ツマグロキチョウの卵から蛹、成虫まで
9月17日
前の週末はツマグロキチョウのポイン近くに行きながら、時間がなく見ることが出来ませんでした。
そこで今回は所要の序にツマグロキチョウを見たくて立ち寄りました。
まず見つけたのは綺麗な秋型でした。
e0224357_21522179.jpg
周りを見るとまだ夏型の方が圧倒的に多い様です。
e0224357_21531937.jpg
幸運にも夏型の交尾に出会いました。
e0224357_21535751.jpg
食草のケツメイにぶら下がる姿も絵になります。
e0224357_21544272.jpg
このようなケツメイが周りに沢山あったので幼虫も探してみました。
e0224357_21552858.jpg
食痕を頼りに探してみると・・・・葉の上に幼虫を見つけました。
e0224357_21564199.jpg
終齢幼虫と思われる大きさです。
e0224357_21572794.jpg
まだ小さな幼虫も見つかりました。
e0224357_21582781.jpg
アップで見ると食事中のようです。
e0224357_21590267.jpg
こうなると蛹も見たくなり・・・・・少しムキになって探すと・・・・・
葉が殆ど食べられたような場所の近くで見つかりました。
e0224357_22011188.jpg
もう一つ緑色した蛹も見つかりました。
e0224357_22015907.jpg
ケツメイが密集した中から見つかったので指で摘まんで撮影しましたから不自然な感じが否めません。
後は卵となりますが・・・・・産卵しそうな飛び方の♀を見つけました。
暫く見ていると・・・・・産卵しました。
e0224357_22053305.jpg
葉の中央葉脈に産卵するのでお尻が写りにくいし、正対して撮れるのも時の運です。
e0224357_22071345.jpg
産卵した卵をアップで撮影しましたが、表面のディテールが上手く表現できずTG3の限界を感じました。
e0224357_22093401.jpg


こうして成虫だけでなく幼虫、蛹、そして卵シーン、卵、交尾と一通りの生態写真が撮れました。
もう少ししたら、秋型の交尾や逆光吸蜜シーンなどの写真も撮れたらと考えています。





-


[PR]

by konty33 | 2016-09-21 22:50 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(4)
2016年 09月 11日
キタテハの幼虫から蛹、成虫
9月3日 続き +一部9月10日
ヤマキチョウが葉の裏で休止モードに入ったのを確認した後・・・・・
まだ、帰るのももったいないので、もうひと遊びしました。
今回の狙いはキタテハで、まずは成虫を撮影しました。
e0224357_21245598.jpg
e0224357_21253291.jpg
e0224357_21481047.jpg
e0224357_21483582.jpg
キタテハの代表的な食草でるカナムグラが小山の様になった場所です。
e0224357_21504422.jpg
この中から幼虫を探してみました。
幼虫は葉を少し内側に曲げた巣?のところにいます。(下写真;指で摘まんだ葉と左となりの葉にいます)
写真をよく見ると下の葉に糞がこぼれているのが分かります。
e0224357_21522173.jpg
葉をめくり上げるとキタテハの幼虫がいました。
e0224357_21543251.jpg
色には個体差があるようです。
e0224357_21574284.jpg
e0224357_21582592.jpg
今年の6月に見つけたルリタテハの幼虫と比較してみましょう。
e0224357_22214548.jpg
似たようなトゲトゲはありますが模様が違います。こちらの方が綺麗です。
e0224357_22223657.jpg
キタテハの蛹も見つかりました。
e0224357_21590513.jpg
この蛹も幼虫と同じような葉の内側にいました。
e0224357_22001686.jpg
葉をめくると・・・蛹がありました。
e0224357_22020877.jpg
すぐ近くにはスイカズラからイチモンジチョウかアサマイチモンジの卵や幼虫も見られました。
卵は黄色くコンペイトウに似たような形状が特徴です。
e0224357_22074377.jpg
幼虫は葉の先から主葉脈を残し食べていくので見つけ易いです。
e0224357_22034355.jpg
幼虫はとても小さいですが、数は固まって沢山見られました。
e0224357_22072415.jpg
e0224357_22121407.jpg




キタテハやイチモンジの幼虫探しも楽しいです。
コツが掴めると意外と簡単に見つかるようになります。
これからも様々な種の幼虫を見てみたいと思います。




[PR]

by konty33 | 2016-09-11 22:28 | タテハ類 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 23日
朝一のオオルリシジミ開翅など
5月15日
前の日の疲れが酷かったので、歩かなくてもいいオオルリシジミを見に行きました。
保護された場所なので許可を得て撮影させてもらう訳ですが、朝早すぎて観察者は誰もいません。
早速、草地を探すと1頭がクララの葉の上で開翅していましたが、・・・・逃げられてしまいました。
絵になるチャンスは逃しましたが、近くの草の上で再度開翅してくれました。
e0224357_21193784.jpg

その後も飛んでは開翅して・・・・の繰り返しでした。
e0224357_2129265.jpg

何故かクララの上では開翅してくれませんでした。
e0224357_2130655.jpg

吸蜜シーンはなかなか見られず・・・・こんなワンカットだけです。
e0224357_21305625.jpg

この時はぶら下がりから一生懸命に花に登りましたが、吸蜜していません。
e0224357_21323576.jpg

暫く撮影したところでモデルの個体を見失い、その後は高速で飛び回る個体しか見られず時間切れです。


次に予定したのはクロミドリシジミの終齢幼虫観察です。
昨年は沢山見つかりましたが、この日はたったの1つだけ・・・・・
e0224357_21371198.jpg

大きなクヌギの幹に降りていますが、2m以上の高さでした。
e0224357_21365866.jpg

ウメの仲間の木からオオミスジの幼虫も見つかりました。
e0224357_214047100.jpg

本当なら他にもオオムラサキをはじめ、各種ゼフの幼虫を見たいところでしたが、今回は時間切れで諦めました。



オオルリシジミは今年も綺麗な個体を見られましたがまだ個体は少な目でした。
予定していた最低限の種類の観察を終えましたが、時間が十分取れずどれも中途半端な感じです。
天気が良かったので、この時期に見ておきたい種の観察チャンスと考え早々に移動しました。
その結果は次回にします。



-
[PR]

by konty33 | 2016-05-23 22:01 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 03月 16日
念願のオオミスジ越冬幼虫
3月12日 続き
午後はゼフ卵ではなくオオミスジの越冬幼虫を探すことにしました。
実は、昨年5月に沢山の大きな幼虫や蛹を見ることが出来ましたが、
越冬幼虫は見たことがなく、今年こそと意気込んでの捜索です。
心当たりの木を探し2本目でビンゴでした。
e0224357_2133754.jpg

思っていたより小さかったですが、枝の分岐部にしっかりと糸で台座を作って鎮座しておりました。
e0224357_21332882.jpg

顔も撮ってみましたが、あまり可愛いとは言いがたい?ですね。
大きさは5~6mmくらいでしょうか、ホシミスジと変わらないくらい小さく思えます。
ふと、近くの枝に目をやるともうひとつ見つかりました。
e0224357_21471217.jpg

これも細い枝先だったので見つかりましたが、樹皮に凹凸があるような部分ではそんなに簡単に見つかる訳ではないと思います。
拡大すると幼虫の周りには糸が沢山見えますね。
e0224357_21491758.jpg



ここ3年ほどゼフ卵探しの序に探しても見つからなかった念願のオオミスジの越冬幼虫を
やっと見つける事が出来ました。
今回見つけられたことで大きさもコツも分かったので今後も各地で探せる気がします。
ホシミスジ、ミスジチョウ、オオミスジとくれば次はフタスジチョウを探さなければ・・・・・
産卵風景を見たこと無いし、生息地も限定されるのできっと難しいでしょうね。





-
[PR]

by konty33 | 2016-03-16 22:02 | 幼虫 | Trackback | Comments(2)
2016年 02月 15日
ベニシジミの幼虫は寒くない?
2月13日
雨の予報でしたが目覚めると意外と晴れていたのでベニシジミの幼虫を探すことに・・・
自宅周辺の畑や荒れ地では見つからなかったので、近所の池の畔の荒れ地に行ってみました。
e0224357_211976.jpg

河津桜が咲き始めた池の土手やある程度雑草が刈られた荒れ地にギシギシやスイバが沢山ありました。
一番最初に見つけたのはスイバの葉の裏に静止した1cmにも満たない小さな幼虫でした。
e0224357_2151251.jpg

食痕や糞が見つかっても幼虫は見つからないことがあります。
葉を裏返すときなどに幼虫が警戒して葉からコロッと落ちてしまうからでしょう。
食痕を見つけたら・・・触らないでまずはルッキングが良いようです。
e0224357_2192785.jpg

このように葉の軸でじっとしている幼虫も多く見られました。
大きい幼虫ほど警戒心が強いのかカメラを近づけただけで転がってしまい撮影に至りません。
やっと撮影できても摂食中の撮影は難しいです。惜しい・・・
e0224357_21123810.jpg

幼虫の色は緑っぽいのから赤っぽいのまで色々ですが・・・・
食べている葉っぱの色とは関係ないのでしょうか?
真っ赤な葉を食べている?緑の幼虫が見つかりました。
e0224357_21155226.jpg

葉の表面を食べるようで、代表的な食痕はこんな感じです。
e0224357_21173951.jpg

この写真の株からは矢印の箇所から2つ見つかりました。
左の矢印の葉の裏と真ん中の矢印は幼虫が見えると思います。
e0224357_21184362.jpg

真ん中の矢印の幼虫を違う角度から撮影しました。
ちょうどお尻から糞が落ちるところです。
e0224357_2121983.jpg

大きな糞や食痕があると1株に3つ見つかることもありました。
1枚の写真に入れることは難しかったので・・・・
e0224357_21263568.jpg

この枯れ草に静止している幼虫は蛹化が近いのでしょうか?
e0224357_21245295.jpg



朝方の青空が嘘のように暗くなり、雨が落ちてきたので終了としました。
日差しはなくても比較的暖かでしたが、この時期に活動しても幼虫たちは寒くないのでしょうか?
[PR]

by konty33 | 2016-02-15 21:42 | 幼虫 | Trackback | Comments(2)
2016年 02月 13日
越冬卵と越冬幼虫のダブル探索?
2月7日
好天に恵まれたので前回とは違う県内のキリシマミドリの生息地に出掛けました。
初めて探す小さな谷筋では良い感じのアカガシがあり卵もすぐに見つかりました。
e0224357_2005823.jpg

環境を見ながらあちこち歩き周りましたが、時間が経つのは早いですね。
林の中のけもの道は鹿の糞が非常に多く、日中なのに鹿を何回も見ました。
通常の卵は枝先の1番芽の付け根にありますが、そうでない場合も確認しました。
e0224357_2045252.jpg

これも2番目の芽?
e0224357_20896.jpg

e0224357_209255.jpg

ひとつの芽で2卵みつかるケースもあります。
e0224357_2095033.jpg

次にみつかったのは3卵でした。
e0224357_20111590.jpg

陰に隠れて分かりにくいので別角度から・・・・・綺麗に並んでいます。
もっと多くの卵塊はないかと探しましたが、1卵が圧倒的に多いです。
e0224357_20113075.jpg




小さなカエデに枯葉が付いていたので目をやると・・・・・
枯葉の中にミスジチョウの越冬幼虫がいました。
e0224357_20175521.jpg

小さな木でしたが、もう一つの枯葉にも幼虫がついていました。
内側の方が安全で暖かそう?ですが・・・・こちらは葉の外側でした。
e0224357_20203276.jpg

よく見ると葉が落ちない様に枝と葉柄は糸でしっかり括られているのが分かります。
幼虫の台座もしっかり糸で作られていました。
e0224357_20445688.jpg




予想外のミスジチョウの幼虫まで見つかり楽しい一日になりました。
この日の気温は4~5℃でしたが防寒対策の効果もあり暖かく感じました。
そろそろ花粉症対策が必要な季節になりますね。
[PR]

by konty33 | 2016-02-13 20:45 | | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 30日
セセリの幼虫の巣作り観察
12月29日
自宅近くの草むらでセセリの幼虫を探してみました。
秋口に産卵しているイチモンジセセリを見た場所です。
すぐにいくつか見つかりましたが、固く糸で括られた巣の中の幼虫が写せません。
そこで、巣をひとつ分解し新しい葉に幼虫を移動させて巣づくりを観察することにしました。
移動直後・・・落ち着かない様子で葉の幅を測るような動きをしていました。
e0224357_21393492.jpg

約1時間後・・・糸を1本掛けました
e0224357_2143598.jpg

約1cmなので3齢幼虫でしょうか。
約2時間後・・・糸を2本張ったところで葉先に移動して食事のようです。
e0224357_21573519.jpg

e0224357_2146011.jpg

2時間半後・・・まだ食事中です。
e0224357_2147177.jpg

約4時間後・・・上を向いたり、下を向いたりしていましたが、5本の糸を張りました。
e0224357_21495181.jpg

家の前なので時々様子を見に行きました。
約5時間後・・・7本の糸を張って一応巣は完成した様子ですが、前の巣より葉の隙間が広いので
風をまともに受けそうです。
e0224357_21514521.jpg



このセセリ幼虫は産卵風景から恐らくイチモンジセセリだと思っていますが、
個体差もあるでしょうし、齢数によって模様も異なるようなので確信が持てません。
昨年はチャバネセセリも産卵していたし・・・・
このまま大きくなれば分かるかもしれませんが、風も強い地域なので寒さに耐えられるか心配です。
[PR]

by konty33 | 2015-12-30 22:06 | セセリ類 | Trackback | Comments(2)