タグ:ルリタテハ ( 5 ) タグの人気記事

2017年 03月 18日
やっと見られた新生蝶
3月18日
自宅のソメイヨシノの蕾は膨らみませんが、モクレンは満開近くなりました。
側溝でヒキガエルが3匹・・・・ゲロゲロと鳴いていました。

風もなく暖かな日になりそうなので、今日こそはと新生蝶を探してみました。
まず、ベニシジミの幼虫を沢山見つけた場所に行ってみましたが全く飛びません。
2カ所目でやっと数頭のベニシジミを見つける事が出来ました。
e0224357_21422854.jpg
真っ赤なスイバの葉の上に止りました。
e0224357_21431204.jpg
どれもとても新鮮です。
e0224357_21441060.jpg
飛翔にもチャレンジしました。
e0224357_21451423.jpg
2頭写ると嬉しくなります。
e0224357_21454348.jpg
地元ならではのお茶畑を背景に飛び回ります。
e0224357_21463114.jpg
コツバメを狙って移動しましたが、ここでもベニシジミだけ・・・・
e0224357_21443824.jpg
e0224357_21445349.jpg
新生蝶ではありませんが、越冬明けのタテハがいました。
ルリタテハはコツバメを狙ったアセビの花で吸蜜中でした。
e0224357_21494632.jpg
キタテハもいました。
e0224357_21502163.jpg
テングチョウは沢山いました。
e0224357_21511621.jpg
コツバメはまだ見られなかったので、ミヤマセセリのポイントに移動しました。
こちらは時々周回してきますが、飛び回ってばかり・・・・・
暫く待って、やっと止まってくれました。

e0224357_21532892.jpg

短時間でしたが、スミレで吸蜜してくれました。
こんな目立たないスミレをよく見つけるものだと感心します。
e0224357_22053261.jpg


これから・・・と言う時に陽が陰り始めてしまいました。

e0224357_22034354.jpg





やっと2種の新生蝶を撮影できましたが・・・・モンシロチョウは撮影させてもらえませんでした。
まだ個体数は少ないですが、春の蝶たちの羽化ラッシュが始まりそうな予感です。
そろそろ気の早いギフチョウが飛びそうです。



-



by konty33 | 2017-03-18 22:22 | 春のチョウ | Trackback | Comments(6)
2014年 03月 16日
越冬蝶と新生蝶を追いかけて・・・
3月15日
やっと春本番を感じさせる暖かさになりました。
庭のモクレンも咲き始めたので、越冬蝶や新生蝶たちを探しに近場に散策に出かけました。
畑の一画に菜の花が咲いている場所がありました。
e0224357_22222997.jpg

菜の花にはミツバチが沢山いて、忙しそうに花粉を集めていました。
e0224357_22191584.jpg

ボーッと見ているとモンシロチョウが飛んできました。
菜の花では吸蜜せず、地面にしか止まってくれないので単なる証拠写真となりました。
e0224357_22164360.jpg

里山の奥の林道では、越冬明けのテングチョウをあちらこちらで見かけます。
e0224357_22183131.jpg

e0224357_22184314.jpg

畑脇の切株の上にルリタテハを見つけました。
e0224357_2228596.jpg

少しだけ翅表の青さを見せてくれましたが、一瞬だったのでピントが・・・・。
e0224357_22295727.jpg

すぐ横のアセビの花でコツバメも見ましたが、シャッターを切る直前に飛び立たれてしまいました。

3月16日
一日晴れて15℃近くまで気温は上がりましたが、ポカポカ陽気とは行かず風が強い日になりました。
谷間の部落に咲くアセビの花で、越冬明けのアカタテハが5,6頭吸蜜していました。
e0224357_2239237.jpg

e0224357_22392098.jpg

白いチョウが飛んだので、追いかけるとヤマトスジグロシロチョウ?がタンポポに止まりました。
シーズン始めで蝶に近づく感覚が掴めませんが、新蝶に近づき1カットだけ撮影できました。
e0224357_22482770.jpg

この時期テングチョウは少し山に行くと見かけることが多く、この日も時々見かけました。
e0224357_22502223.jpg

風が強くギフチョウは期待出来ないと思いましたが、生息地に下見に行ってみるとヒオドシチョウだけが多くいました。
e0224357_2301756.jpg

ロープにもよく止まります。
e0224357_2305776.jpg

早い時間にはギフチョウやコツバメも見られた様です。


メガネが曇りにくい花粉症用マスクで完全防備でしたが・・・・、
今日は晴天で強風だったので、防ぎきれなかったようです。
例年よりやや遅れているようですが、来週はギフチョウも飛んでくれるでしょう。

by konty33 | 2014-03-16 23:16 | 春のチョウ | Trackback | Comments(10)
2012年 04月 22日
信州のヒメギフチョウ
4月21日
この週末は、日曜日は雨の予報ですから、一日しかフィールド観察できないと思い何処へ行くか迷いました。
福井、金沢、富山、新潟のギフチョウも見てみたかったのですが・・・一日では移動が大変です。
そこで、例によって前夜から移動し、信州のヒメギフチョウを見に行くことにしました。

風もなく好天に恵まれましたが、陽が高くなると汗ばむような陽気です。
9時すぎポイントに到着すると既にヒメギフチョウが飛んでいましたが、気温が高いためか飛び回るだけです。
ときどき地面に静止しますが・・・・・・  まずは、1ショット証拠写真です。
e0224357_21313561.jpg

それでも、そのうち吸蜜のチャンスがきました。慌てて駈け登ったのですが、下へ潜り込む余裕がありませんでした。
e0224357_2133053.jpg

随分待って来た次のチャンスは、逆光でストロボの使い方もイマイチです。
e0224357_21365219.jpg

その後も吸蜜の撮影チャンスはありませんでした。
しかし、目の前を飛んでいく♀に♂が突然アタックし、ジャリ道に落ちました。強引な求愛です。
e0224357_2143310.jpg

地面で交尾が成立したようですが・・・・・・・ このままでは絵になりません。
少しお手伝いしてカタクリに移動してもらいました。「やらせ」なんて言わないで下さいね。
e0224357_21443970.jpg

良い感じですね。見ているだけで嬉しくなります。
目の前にはサクラの木があったので、こんどはそちらに移動です。
e0224357_21472340.jpg

まだ、このサクラは蕾ですが、良い感じです。
e0224357_21475664.jpg

もう一度、移動してもらいました。
e0224357_2150891.jpg

交尾の終了が近づくと落ち着きが無くなります。
e0224357_227732.jpg

交尾の時間は30分くらいで、その間いろいろポーズをとってもらいました。
交尾を完了した♀は、よろよろと飛んで近くのカタクリに静止してくれました。飛んでいるようにも見えますね。
e0224357_21585941.jpg


ここでは、ヒメギフチョウ以外にもシータテハなどのタテハ類が吸蜜に訪れていました。
e0224357_2215416.jpg

吸蜜のチャンスも少なく、交尾も撮影できたので、別のポイントにも行ってみることにしました。

しかし、次のポイントは標高が高いためかカタクリも蕾で1週間ほど早い感じです。
キブシにヒメギフチョウはいませんでしたが、ルリタテハがいました。
e0224357_2210531.jpg

また、スギタニルリシジミが飛んでいました。
♂の発生初期のようです。林道を追いかけて撮影すると何だか前翅の紋が少ないような?
e0224357_22201610.jpg

どれも新鮮な個体で綺麗でした。広角でも撮影させてくれた良いモデルもいました。
e0224357_22214870.jpg

逆光では縁毛が青く輝きますが、真っ黒にならないようにストロボを使用してみました。
e0224357_2223497.jpg


最初の場所でヒメギフの交尾が見られとても良い日になりました。
次の場所では、発生が確認できませんでしたから、次週にでももう一度訪れたいところです。
この日は、早朝と夕方に未撮影の卵探しもしましたので、次回、掲載したいと思います。

by konty33 | 2012-04-22 22:47 | ギフチョウ | Trackback | Comments(22)
2011年 07月 19日
八ヶ岳山麓の夏のチョウたち
7月14日
会社の休日が木、金に変更になり、木曜日に遊んでいるのが変な感じですが、八ヶ岳山麓へミヤマシロチョウを観察しに行くことにしました。
まずは、早朝オナガシジミのポイントに寄って、軽くクルミの木をビートすると何頭かが下枝に降りてきました。
e0224357_2224214.jpg

近寄っても逃げないので広角でも撮影しました。
e0224357_22252154.jpg

少し上を見るとクルミの葉裏で寝ている個体?も確認できました。
e0224357_22263645.jpg

結局、下に降りてきたのは4頭ですが、完全な曇り空で光が弱いためか開翅はしてくれませんでした。
e0224357_22271421.jpg

e0224357_22292417.jpg

この付近の草地には、キマダラセセリもいました。
e0224357_223202.jpg

ひとしきり撮影を終え、オナガシジミは同じ位置に静止したまま開翅もしないので、諦めてミヤマシロチョウのポイントに向かいました。
暫く車で走っていると雲が急に取れ、青空が広がり始めるとほどなく強い夏の日差しになりました。
ポイント近くの駐車スペースに到着するとクロヒカゲ、ヒカゲチョウと共にアブの大群に迎えられます。
e0224357_22442034.jpg

e0224357_2239295.jpg

アブに噛まれると後がかゆくてたまらなくなるので、露出分部分がないように気をつけ、手には革手袋をしました。
虫除けスプレーなどはまったく効果なく、肌を出さないことが一番のようです。

日差しが照りつけとても蒸し暑く夏らしい一日になりそうです。歩き始めるとコチャバネセセリ、イチモンジチョウ、フタスジチョウなどが目立ちます。
ウツボグサには沢山のヒメキマダラセセリが吸蜜に来ていました。
e0224357_23105943.jpg

ルリタテハは、いろんな葉に一瞬止まり感触を確かめるように食草を見分け産卵場所を探しているようです。
ヤマカシュウへの産卵シーンと卵を撮影しました。
e0224357_23464617.jpg

e0224357_23444475.jpg


オオイチモンジも観察されることがあるようなので注意していると一瞬オオイチ?と慌てるとメスグロヒョウモンでした。
e0224357_22512991.jpg

途中の林道ではコムラサキも集団で吸水していましたが、近づくと逃げてしまいました。
e0224357_2252467.jpg

ギンイチモンジも新鮮個体がこげ茶色の翅表を見せてくれました。
e0224357_22543042.jpg

ミヤマシロチョウに出会うまでに、沢山の蝶たちに出会えたので今回はその紹介に留めておきます。
次回、ミヤマシロチョウの様子をご紹介します。

by konty33 | 2011-07-19 23:54 | Trackback | Comments(2)
2011年 03月 26日
寒の戻り
今日は冬型の気圧配置となり西風が強くどうしようもありません。
静岡では、3/20桜の開花宣言があったのに、自宅のソメイヨシノは、この1週間暖かくならないので咲くのをためらったままです。
ハクモクレンも今年は長い間咲いているように思います。
e0224357_20144599.jpg


こんな西風の強い寒い日では・・・と思いつつも所要のついでに三河地方の里山に寄ってみました。
手袋が必要なくらい寒い中、何もいないと思ったらルリタテハがほんの少しだけ遊んでくれました。
e0224357_20172123.jpg

崖の日だまりに静止し、近寄れたので広角にもチャレンジしましたが、バックがさえません。
e0224357_2022846.jpg

次の瞬間飛び立ち、風に流されてアッという間に何処かへ行ってしまいました。

by konty33 | 2011-03-26 20:39 | 春のチョウ | Trackback | Comments(6)