タグ:ヤマトシジミ ( 9 ) タグの人気記事

2016年 09月 26日
クロコノマチョウの顔比較
9月17日 続き
帰り道で夕方、クロコノマチョウの幼虫探しをしてみました。
以前から顔の比較をしてみたかったので、秋型が発生する前のこの時期が狙い目です。
この生息地ではジュズダマを食べており、食痕を頼りに探すとすぐに見つかりました。
e0224357_22031170.jpg
沢山あるジュズダマのなかでも特に多い場所があります。
だいぶ小さな幼虫もいました。
e0224357_22042587.jpg
狙いの顔の比較ですが・・・・・
殆ど真黒で真ん中に小さな紋が特徴的なものから・・・・
e0224357_22321882.jpg
紋がもう少し大きく形の面白いもの・・・・
e0224357_22334388.jpg
紋が3つの島に分かれたもの・・・・・
e0224357_22345122.jpg
顔全体に黄緑の紋が広がったもの・・・・
e0224357_22370093.jpg
今回は大きく4つの特徴に分けてみましたが、同様の顔が近くに固まって見られる様に感じました。
取り敢えず、暗くなる前に撮影しようと慌てて撮影した代表的な顔をコラージュにしてみました。
e0224357_22394763.jpg
唐突ですが、この周辺はヤマトシジミがやたらと多くて、交尾も見ることが出来ました。
e0224357_22421350.jpg
これまた序ですが、ツマグロキチョウの生息地付近でクズの花にウラギンシジミの幼虫がいくつか見つかりました。
下の写真は終齢幼虫ですが、角とは反対側に頭が写っているのが分かりますね。
e0224357_22242376.jpg
クズを摂食中?の頭をアップで・・・・・
e0224357_22261454.jpg
摂食中と言えば、ウラナミシジミの幼虫も・・・・・花に頭を突っ込んでいました。
e0224357_22284617.jpg
白っぽい幼虫もいました。
e0224357_22295374.jpg



今年も多くのクロコノマの幼虫を観察することが出来ました。
10月になったら秋型の成虫を見るのが楽しみです。
こうしたジュズダマが自生する湿地環境が引き続き守られていくことを期待します。



-


by konty33 | 2016-09-26 22:09 | 幼虫 | Trackback | Comments(4)
2012年 12月 20日
忘年探蝶会 その1 ムラサキツバメ
12月16日
今年ももうすぐ終わりですが、日の出前に自宅を出発し愛知県まで出かけました。
久しぶりの早起きで、綺麗な朝日を浜名湖SAで見ることができました。
e0224357_2049075.jpg

この日はやや風がありましたが、とても暖かな日になったので、まずムラサキツバメを探しました。
するとマテバシイの並んだ公園で2頭だけ見つけることができました。
e0224357_2055570.jpg

発見したときは、完全に横に倒れて寝ていたのですが・・・脚立を使ってガタガタやっている間に起きてしまいました。
その内に気温が上がってくると飛び出し、低いツツジの木に静止し開翅しました。
e0224357_20575076.jpg

もう一つ青さが強調されませんし、葉の陰が翅にかぶり残念です。
e0224357_20583120.jpg

気温が上がってくると・・・どんどん元気になり時々場所を変えてマテバシイの葉上でもテリ張りします。
e0224357_2104223.jpg

結局、♂2頭しか見あたらず、ここでも今年は少ないようです。
e0224357_2113928.jpg


次に向かった場所では、春先に良く見るテングチョウ♀に出会いました。
e0224357_214533.jpg

ヤクシマルリシジミがいれば・・・と探しましたが、ヤマトシジミ♂しか見つかりませんでした。
e0224357_215031.jpg



今年のムラサキツバメは、地元ではなかなか見つからなかったのでプチ遠征しましたが、
なんとか出会えて楽しい「忘年探蝶会?」となりました。
気温から考えるとキタテハやアカタテハなども見られそうですが、風が強いためか成虫はこれだけでした。
次回は、この日の成虫以外の探索結果をご紹介します。

by konty33 | 2012-12-20 21:22 | シジミ類 | Trackback | Comments(6)
2012年 10月 12日
ヤマトシジミとカタバミ
10月6日
ヤクルリやチャバネセセリを撮影したとき、途中の道端にカタバミが綺麗に咲いていました。
e0224357_2162749.jpg

カタバミは大都会でも普通に見られるのでしょうが、良く見ると可愛い花です。
このカタバミがあれば必ずいるのがこれをを食草とするヤマトシジミですが、何処でもいるので一番身近な蝶です。
ヤマトシジミを撮影する機会は意外と無いので今回撮影してみました。♂の吸蜜ですが開翅はしてくれませんでした。
e0224357_21101289.jpg

e0224357_21112425.jpg
e0224357_21115346.jpg

小さなカタバミの花に吸蜜するのを撮影していると目の前で♀が産卵しました。
e0224357_21182740.jpg

すかさず産卵直後の卵を撮影しました。
e0224357_21194059.jpg

超接写でも撮影して見tましたが、風と手ぶれでピントが甘いです。
e0224357_21201577.jpg

この♀は翅表が凄く青かったので開翅を待ちましたが無理でした。
e0224357_21222689.jpg

産卵しては暫くカタバミの吸蜜が続き、休憩してはまた産卵していました。
e0224357_21241859.jpg

交尾も見つけましたが、撮影した直後に別れてしまいました。
e0224357_21435889.jpg


この日、自宅に帰って庭のカタバミを探すと幼虫が見つかりました。
e0224357_21251162.jpg

大きさは2mmくらいです。
e0224357_21255548.jpg



ヤマトシジミもこれまでゆっくり撮影したことが無かったのですが、良く見ると綺麗な蝶です。
今回見られなかった新鮮な♂や低温期の♀の開翅や未撮影の蛹も探してみたくなりました。




以下は番外編です。
この日のヤクシマルリシジミの写真をチェックしていると少し前翅の斑紋の少ない個体が見つかりました。
e0224357_2128974.jpg

比較に普通の個体を載せておきます。前翅の外周の内側の斑紋が違います。
e0224357_21481273.jpg

過去の写真を見比べていると色々な紋の個体がいることに気がつきました。
2年前に撮影したもので、前翅内側の紋が小さめで数も少なめ?の個体です。
e0224357_21541698.jpg

今後も注意深く観察してみたいです。

by konty33 | 2012-10-12 21:09 | シジミ類 | Trackback | Comments(8)
2012年 09月 23日
山梨のシルビアシジミ再探索も・・・
9月22日
先週は、日中の炎天下で2頭しかシルビアシジミを確認できなかったので、納得がいかず山梨を再訪しました。
今回は朝から広範囲に探索しましたが、例年見られる場所ではまったく見られません。
夢中でヤマトシジミの中からシルビアシジミを探していると虫林さんも先週に続いていらっしゃいました。
結局、先週見つけた場所の近くにだけ小さなミヤコグサが見られ、ここだけだと教えて戴きました。

草に隠れるように自生する小さなミヤコグサで静止する♀です。
e0224357_1923655.jpg

半分茶色に枯れた草原で、草の下の方に静止するので、画像が茶色っぽくなりイメージ通りには撮れませんでした。
e0224357_1925025.jpg

草の下で静止するので、横から撮るのが難しく、草かぶりもあるしスッキリとした画像にはなりません。
e0224357_19251750.jpg

ミヤコグサの先端で暫く静止していたのですが、突然、産卵を始めました。
e0224357_19254193.jpg

産卵直後の卵は緑色をしていますが・・・・
レンズとリングストロボを車まで取りに行くと産卵したところが何処だかわからなくなってしまいました。
適当に探すといくつか卵が見つかりました。
e0224357_19301753.jpg

開翅しているところも何とか撮れましたが、例年の様な吸蜜は見られませんでした。
e0224357_19325181.jpg



この草原では、例年と変わらずベニシジミが多く見られ、交尾も見つけることができました。
e0224357_1944588.jpg

広角で周囲の様子がわかると思いますが、草は半分が茶色に枯れています。
e0224357_19445053.jpg


ヤマトシジミは日陰や青い草が生えているあたりに多く、時々小さくてシルビアに似た個体もいて紛らわしいです。
e0224357_19475769.jpg

先週よりウラナミシジミも増えたように感じました。
e0224357_19493852.jpg

イチモンジセセリも多く見られますがチャバネセセリも混ざっていました。
e0224357_19502715.jpg



結局、翅が破損したり擦れた個体ばかりでしたが、虫林さんにも助けられ♀が3頭確認できました。
雨も少しは降ったようで、少しだけ緑が戻ってきたようです。
範囲は限られるものの食草のミヤコグサや産卵や卵も確認できたので、生き延びてくれると思います。
多少気温が下がったとはいえ、思いのほか好天になり、炎天下に半日もいるとかなり疲れます。
早朝からの遠征で少々疲れたので昼寝が出来る日陰を探して移動しました。

by konty33 | 2012-09-23 20:31 | シジミ類 | Trackback | Comments(8)
2012年 09月 21日
山梨のシルビアシジミ
9月16日 つづき
クロツバメシジミを観察した後、虫林さんとダンダラさんと3人で・・・・・
この日の本命と考えていたシルビアシジミの発生状況を確認に行きました。
生息地に到着すると・・・このところ雨が降らないのか、草地は干上がって枯れてしまっているのが気になりました。
食草のミヤコグサも殆ど見あたらず、あってもカリカリに枯れている様な状況でした。
これでは、個体を見つけるのは難しそうです。何箇所かのポイントを丹念に探し諦めかけた時、やっと見つけました。
e0224357_20251024.jpg

近づいて撮影しようとすると逃げてしまいましたが、必死に目で追います。
e0224357_20272631.jpg

もう一度飛び立ったとき、付近にいたヤマトシジミに紛れて見失ってしました。
ヤマトシジミよりやや小さめで、青が若干濃い感じなので分かりやすいはずなのですが・・・・
見回しても見つかりません。
少し、先行していたダンダラに見つかったことを連絡し、3人で探そうと思った直後に、目の前に現れました。
e0224357_20344992.jpg

しかし、ファインダーを覗いているときに飛ばれて、またも見失って・・・・
飛んだと思われる方向を丹念に探し見つけた最後の姿が下の写真です。
e0224357_20385668.jpg

ダンダラさんが撮影しようとした時に残念ながら飛び立ち、凄い速度で何処かへ行ってしまいました。
この後、暫く探しましたが・・・・見つかるのはヤマトシジミだけでした。
e0224357_20472054.jpg

日中の炎天下での探索はとてもきつく、ヤマトシジミ達も日陰に佇んでいる個体が多く見られました。



結局、この時に見つけた個体は4画像の検証から2頭だと確認でき、2頭がすぐ近くにいたことになります。
食草も干上がるような環境で、見つかったことは良かったですが、この後の生息への影響が心配です。
もう少し、涼しくなったら再訪して状況を確認したいと思います。
たいへん暑い中で、ご一緒戴いたダンダラさん、虫林さんどうもお世話になりました。

by konty33 | 2012-09-21 21:02 | シジミ類 | Trackback | Comments(10)
2011年 10月 30日
三重のサツマシジミとヤクシマルリシジミに再挑戦も・・・・
10月29日
先週撮れなかったサツマシジミやヤクシマルリシジミの開翅を狙って今回も三重県に行きました。
空には雲がなさそうなので、日の出を見に薄暗い時間に海沿いの朝日の見えそうな所へ行ってみました。
久しぶりにとても綺麗な日の出を見ることができ気持ちが良い朝でした。
e0224357_197111.jpg

朝食の後、早速、前回見られなかったサツマシジミ♀を探しましたが、なかなか登場しません。
8時ごろに最初に見つけたサツマシジミは翅が破れて傷んでいたのでカメラを向けませんでした。
10時過ぎかなり気温が上がり複数の個体がセイタカアワダチソウに吸蜜にくる様になるとその中に綺麗な♀が1頭だけいました。
e0224357_19174194.jpg

吸蜜は短時間でこの個体を追いかけますが、暑くなってきたためか静止しても開翅してくれません。
やっと開翅しかけたのですが、イバラに邪魔されて良い角度で撮れませんでした。
e0224357_19213187.jpg

その後もイバラの向こうで半開翅するのですが、近づくと敏感に反応し閉翅してしまいうまく撮れません。
e0224357_193104.jpg

サツマシジミ♂も綺麗な個体がいましたが、落ち着いて吸蜜せず敏感なため苦労して何とか1カットだけ撮影できました。
e0224357_19261337.jpg

その後も綺麗で良いモデルになってくれるサツマシジミが現れませんでした。
この場所はヤクシマルリシジミも飛んできます。♂の比較的新鮮で綺麗な個体が開翅していました。
e0224357_19345923.jpg

ヤクルリは何頭も飛んできますが、この個体以外は、すべてスレており新鮮な個体は他には見られませんでした。
しかし、スレた個体も逆光で見ると綺麗でした。
e0224357_19583826.jpg

サツマシジミの撮影を邪魔したイバラには、ヤクシマルリシジミ♀が産卵していました。
e0224357_1937251.jpg

産卵した卵を探してみると2つありました。
e0224357_19382816.jpg

少しだけ見られた食痕を目当てに幼虫も探してみましたが見つかりませんでした。
ヤマトシジミも新鮮な♂がいました。こんな感じでサツマシジミの開翅も撮影できれば良いのですが・・・。
e0224357_19533346.jpg

写真ではわかりませんが、ここのヤマトシジミはもの凄く大きな個体がいます。
交尾も2組見られたのですが、普通の大きさと大きな個体の合体です。(下の個体は普通サイズ)
e0224357_19562630.jpg


その後、あらたな場所を探して移動しました。その様子は次回アップします。
2週続けてこの表題の2種を観察してみましたが、今年は昨年以上に数が少ないようです。
また、今回は敏感で人を寄せ付けず昨年のようにお利口にモデルになってくれる個体に会えませんでした。

by konty33 | 2011-10-30 22:24 | シジミ類 | Trackback | Comments(4)
2011年 10月 05日
静岡から愛知の太平洋岸でクマソ探し
10月2日
東京や神奈川では2年ぶりにクマソが発生していると聞いています。
そこで、今回、地元でも発生していないか気になり、自宅から西方面の太平洋岸のソテツを見て回りました。
昨年も探しましたので、ソテツのある場所は何カ所か知っていますが、何の情報もないので半信半疑です。
海岸付近のソテツは、先日の台風の影響で葉っぱに塩が析出したり、吹き付ける砂で傷んで枯れたソテツが目立ちます。

5,6箇所目のソテツ(愛知県内)で、やっとクロマダラソテツシジミの食痕があるソテツを見つけました。
e0224357_1959435.jpg

このソテツの回りに、それらしきシジミチョウが沢山飛んでいたのですが、どれもヤマトシジミでした。
e0224357_2024882.jpg

付近にはカタバミも多いので、無理もないのですが・・・・。ヤマトシジミばかりのようです。
e0224357_2045794.jpg

しかし、ヤマトシジミに混じってたった1頭だけクロマダラソテツシジミが見つかりました。
e0224357_2064547.jpg

随分とスレた個体ですが♂のようです。カタバミの上を飛ぶとヤマトシジミと紛らわしくて間違えてしまいます。
e0224357_2074240.jpg

この個体は風に乗ってすぐに何処かへ行ってしまい、その後も新鮮な成虫がいないか探しましたが見つかりません。

そこで、付近のソテツを徹底的に調べると複数のソテツから卵や幼虫を見つけることが出来ました。
新芽が出かけたソテツには卵が生み付けられ若齢幼虫もいました。
e0224357_22552184.jpg

食痕の見られた葉から各齢の複数の幼虫を見つけることが出来ました。
e0224357_20164956.jpg

見つけた食痕や幼虫はそれほど多くなく、成虫も偶然1頭見つかっただけで綺麗な個体も見つかりませんでした。
しかし、前日神戸で見つからなかったクマソが愛知では確実に発生していることが確認できました。
これから先どれだけの成虫が羽化するか分かりませんがもう一度訪れて確認してみたいと思いました。
また、今回は静岡県内では見つかりませんでしたので、今後も探してみたいと思います。

by konty33 | 2011-10-05 21:03 | シジミ類 | Trackback | Comments(8)
2011年 09月 13日
愛知のヤクシマルリシジミは何処にいったの?
9月8日
朝から良い天気で秋を思わせる綺麗な「うろこ雲」が印象的でした。
e0224357_2203132.jpg

今回は、この日見つけたリュウキュウムラサキ以外の蝶をご紹介します。
もともとヤクシマルリシジミの様子を見に行くのが目的でしたが、かなかなか見つかりませんでした。

まず登場したのは、新鮮なヤマトシジミ♀でした。落ち葉の上に静止する姿は秋を感じますね。
e0224357_2145828.jpg

ヤマトシジミ♂は沢山いましたが、全てスレた個体なので、カメラを向けませんでした。
続いての登場は、新鮮なルリシジミ♀でした。
e0224357_20385470.jpg

ファインダーを覗くと逆光で縁毛が青く輝きすごく綺麗なのですが、写真ではまったく表現できていませんね。
e0224357_2047298.jpg

暫く観察していると吸蜜の間に半開翅してくれました。新鮮な翅表がとても綺麗です。
e0224357_20483455.jpg


ヤクシマルリシジミの数が増える時期には少し早いのか端境期なのか分かりませんが、ちっとも見つかりません。

やっとの思いでたった1箇所だけ数頭のテリ張りを見つけることが出来ました。
青空をバックに少し翅表の青い輝きが見えて綺麗です。
e0224357_20555376.jpg

これまでの経験では、この時期のこの暑さで開翅することはあまりないので嬉しいですが、スレた個体で残念です。
e0224357_210744.jpg

新鮮な個体ではないのでアップには耐えられないと思い少し遠目から広角で撮影してみました。
e0224357_23103073.jpg

その後も探し回り複数のヤクルリは居ましたが、残念ながら新鮮な個体は見つかりませんでした。

その他には、新鮮なキアゲハが多く見られました。しかし、吸蜜する花がなく枝先で休憩するくらいでした。
e0224357_21184250.jpg

カラスアゲハ、モンキアゲハ、アオスジアゲハ、アゲハも多く見られましたが、このあたりで例年見られるナガサキアゲハは見られませんでした。
それにしてもこの時期の平野部はたいへん暑く、半日も日向で頑張っているとクタクタです。
もう少し涼しくなったら再訪しヤクルリを探してみたいと思います。

by konty33 | 2011-09-13 22:42 | シジミ類 | Trackback | Comments(6)
2011年 09月 03日
ゆったりと飛ぶホソオチョウの観察(山梨)
8月26日
前回ご紹介したクロツバメシジミの午後は、ホソオチョウです。
以前、偶然見つけた1頭を撮影したことがありましたが、一瞬だけでゆっくり観察したことがありません。
そこで、少し場所を移動し川の土手でホソオチョウを探してみることにしました。
前に幼虫を観察したあたりに行ってみると土手をゆったりと飛ぶホソオチョウ♂を複数見つけることが出来ました。
e0224357_012722.jpg

なかなか静止しないのですが、曇りがちになると静止するようで、まずは♂です。
e0224357_051516.jpg

e0224357_081848.jpg

♀はほとんどいない様子で、♂が10~20頭に♀1頭くらいの比率で♀も数頭見つかりました。
♀は比較的よく静止する様で、そのために数が少ないように見えるのかも知れません
e0224357_0104313.jpg

e0224357_0113184.jpg

♂は♀を見つけても無視して飛んでいき、吸蜜するわけでもなく、何を求めて飛んでいるのでしょうか。
ずっと飛んでいて時々曇りがちになると静止するくらいで、面白い場面には出会えませんでしたが・・・・。
服や荷物に執拗にまとわりついて来る個体が居たので、指に乗せて撮影してみました。
e0224357_20511681.jpg


この土手では他にヤマトシジミが交尾していました。
e0224357_20585018.jpg

ベニシジミも交尾していました。(クロツも合わせてこの日3種目の交尾です。)
e0224357_2153440.jpg

あまり良い構図では撮れなかったので定番の吸蜜も撮っておきました。
e0224357_210456.jpg


最後に、山梨のゴマシジミの様子を見に行きました。ポイントに到着するとすぐに1頭を見つけました。
e0224357_2128153.jpg

スリスリして開翅しそうなので待っていると突然のスコールです。
この雨は、局地的でタイミングの悪い恨めしい雨となりました。
しかし、今年も山梨の青ゴマを見られたので来年以降も期待できそうです。

by konty33 | 2011-09-03 12:56 | Trackback | Comments(8)