タグ:メスグロヒョウモン ( 6 ) タグの人気記事

2016年 09月 09日
ヤマキ観察も終盤戦
9月3日 続き
地元から一気に移動して午後は高原にいました。
平野部と比べるとかなり涼しいのでしょうが、日差しはきつくまだまだ暑く感じます。
狙いはヤマキチョウの探索ですが、少ないながら各地で姿を見ることが出来ました。
e0224357_21415831.jpg
逆光で見るのがとても好きですが、綺麗に透ける角度で撮る余裕がありませんでした。
e0224357_21430638.jpg
スジボソヤマキチョウも夏眠から覚めたようです。
こちらは♂も見られ逆光が綺麗でした。
e0224357_22164278.jpg
ヤマキチョウと比べると翅の質感が薄く感じられます。
e0224357_22175777.jpg
でも、♂の逆光は黄色く輝いて見えました。
e0224357_22192983.jpg
e0224357_22195138.jpg
ヒョウモン達もまだまだ飛んでいましたが、かなり擦れが目立ちます。
メスグロヒョウモン♀が特に多く目立ちました。
e0224357_22212710.jpg


一応、今年のヤマキチョウの観察もそろそろ終わりが近づいてきたようです。
まだまだ暑い日が続きますが、今シーズンも終盤戦ですね。




-



by konty33 | 2016-09-09 22:46 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(6)
2016年 08月 13日
今年は少ないヒョウモン達
8月7日 
ヤマキチョウを探索しましたが、この日は見られなかったので狙いをヒョウモン達に絞りました。
とにかく今年はヒョウモン達もたいへん少ないのでゆっくり撮影したのは今年初めてで貴重な写真だと感じるほどです。
まず目に留まったのがメスグロヒョウモンでした。
e0224357_16170857.jpg
新鮮な♀を撮影できたのは久しぶりな気がします。
♂は少し翅が破損していました。
e0224357_16182206.jpg
e0224357_16185247.jpg
ウラギンスジヒョウモンも時々飛んできます。
この個体は♀の中でも黒紋が小さめで明るい色合いに見えました。
e0224357_16203433.jpg
こちらは後ろからしか撮れませんでしたが、黒っぽい♀です。
e0224357_16221515.jpg
♂は・・・・少しスレていました。
もう少し綺麗なアザミで吸蜜して欲しかったのですが・・・・・
とにかく撮影機会が少なくて・・・・・
e0224357_16231553.jpg
ミドリヒョウモンは一番多く見られましたが、例年の3分の1以下です。
例年なら2頭止まりは普通に見られますが、今年は滅多に見られません。
e0224357_16263691.jpg
これでも飛べるのか・・・・? と思うほどの♀も懸命に吸蜜していました。
どうやってここまで翅が破損したのか・・・・・?
e0224357_16285160.jpg
キチョウが交尾していましたが、近づくと飛んでしまいます。
落ち着くのを待って最接近して撮影しました。
e0224357_16315003.jpg




ここでは、ウラギンヒョウモンなどもいますが今回は未撮影です。
あまり満足できる写真が撮れなかったのとヤマキチョウが見られなかったので再訪の予定です。



by konty33 | 2016-08-13 17:49 | タテハ類 | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 31日
そば畑のヒョウモンたち
8月23日 続き
この夏は天気が不安定で消化不良気味でしたが、この日は予報と異なり素晴らしい青空が広がりました。
そば畑では沢山のヒョウモンたちが忙しく吸蜜していました。

メスグロヒョウモンの♀は何回も見ていますが、今シーズンの初撮影となりました。
e0224357_1915061.jpg

♂は傷みが酷かったのでレンズを向けませんでした。

そば畑にいる殆どがミドリヒョウモンと言っていいと思います。
一画だけ凄く沢山いたのですが、一枚の写真で表現することは難しいですね。
e0224357_19304868.jpg

ミドリヒョウモンの♀だけは他のヒョウモンと比べると黒っぽく見えますね。
e0224357_19173311.jpg


ミドリヒョウモンは交尾も見られましたが、右の♀の翅の傷みが激しすぎます。
e0224357_19172722.jpg

そばの花には青空が良く似合いますね。
e0224357_19174997.jpg




この日はゴマシジミが目的だったので、他はあまり撮影できていません。
今回は少ないですがこれで今シーズンの夏のチョウは終了です。

by konty33 | 2014-08-31 19:35 | タテハ類 | Trackback | Comments(10)
2012年 08月 07日
オオヒカゲの生息確認など
8月5日
今年はまだオオヒカゲを見ていなかったので、昨年と同じ場所(信州)に生息確認に行きました。
発生状況の確認と開翅を撮影するのが今回の目的です。
ポイントに到着すると木の幹に頭を突っ込んで夢中に吸蜜する♂を見つけました。
e0224357_20215713.jpg

昨年より、1週間早いのにも拘わらず、既に新鮮ではありませんでした。
e0224357_20243213.jpg

やっと見つけた♀を藪こぎしながら追いかけ何度か撮影できました。
e0224357_2026640.jpg

e0224357_21254325.jpg

この個体は、草の中に隠れてしまい、とても見つけにく、この後見失ってしまいました。
結局、個体数が昨年より少なく(3頭)、目的の開翅シーンは見られませんでした。

目的達成のためオオヒカゲの産地開拓も行いましたが・・・・・。
たまたま妖しいと睨んだ川沿いで、オオヒカゲを2頭見つけただけで、写真が撮れませんでした。
と言うことで、開翅の残存課題に加え、別産地での撮影の課題が増えました。

このあたりでは、今年未撮影のホソバセセリが何頭か見られました。
e0224357_20361723.jpg

e0224357_20363719.jpg


オオヒカゲ探索の途中で見かけた蝶たちを少しだけ掲載します。
セイタカアワダチソウが咲いている一角では、メスグロヒョウモン♂♀が吸蜜していました。
e0224357_20492148.jpg

e0224357_20493855.jpg

このセイタカアワダチソウには、オオウラギン、ミドリ、ギンボシ、ウラギンヒョウモンも訪花していました。

ヒヨドリバナには、ジャノメチョウが沢山いました。
e0224357_20501715.jpg

スジグロチャバネセセリでしょうか?開翅していないとよく分かりません。
e0224357_20513337.jpg

e0224357_20594152.jpg

幹に静止したキマダラモドキも木漏れ日の中で開翅していました。
e0224357_20522946.jpg



オオヒカゲは、目の前を飛ぶと凄く迫力が感じられ、なんとも魅力的なチョウです。
今回は、狙い通りには行きませんでしたが、なんとか生息確認は出来ました。
この週はとても忙しく、週末も1日だけのフィールドでしたが、寝不足と暑さで少々疲れ気味です。

by konty33 | 2012-08-07 21:34 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(2)
2012年 07月 11日
コヒョウモンモドキの交尾など
7月8日つづき
この日はコヒョウモンモドキを見られるのも楽しみにしていました。
この蝶は信州では草原などで見ることが出来ますが、今回は時期がちょうど良いのか多くの個体を観察することが出来ました。
まずは、シモツケに吸蜜しているところです。
e0224357_20292412.jpg

そこら中の葉の上にもよく静止します。
e0224357_20313830.jpg

求愛している♂と拒否している♀も沢山見られました。(手前が♂、奥が♀)
e0224357_20372139.jpg

交尾している個体にも出会えました。(上が♂)
e0224357_2041367.jpg

ススキの茎に静止したところで、開翅した♂もまた綺麗です。
e0224357_20425539.jpg

交尾しているところへは、他の♂も求愛しに来ます。この♂は一足遅かったようですね。
e0224357_20455045.jpg



メスグロヒョウモンの♂もじっと佇んでいました。
e0224357_2049446.jpg


このあたりにはシモツケが多いせいかホシミスジも何頭か見られました。
e0224357_20502726.jpg

背景を入れて広角で撮ると周囲の様子がよく分かります。
e0224357_2051584.jpg


他にもミヤマカラスアゲハ、キアゲハ、クジャクチョウ、各種のセセリなどが見られました。
コヒョウモンモドキが狙い通り、いや、それ以上に沢山見られ交尾まで観察出来て喜んでいます。
家族には蛾みたいだと敬遠されますが、1年に一度は見てみたい高原の蝶です。

by konty33 | 2012-07-11 21:03 | タテハ類 | Trackback | Comments(8)
2011年 07月 19日
八ヶ岳山麓の夏のチョウたち
7月14日
会社の休日が木、金に変更になり、木曜日に遊んでいるのが変な感じですが、八ヶ岳山麓へミヤマシロチョウを観察しに行くことにしました。
まずは、早朝オナガシジミのポイントに寄って、軽くクルミの木をビートすると何頭かが下枝に降りてきました。
e0224357_2224214.jpg

近寄っても逃げないので広角でも撮影しました。
e0224357_22252154.jpg

少し上を見るとクルミの葉裏で寝ている個体?も確認できました。
e0224357_22263645.jpg

結局、下に降りてきたのは4頭ですが、完全な曇り空で光が弱いためか開翅はしてくれませんでした。
e0224357_22271421.jpg

e0224357_22292417.jpg

この付近の草地には、キマダラセセリもいました。
e0224357_223202.jpg

ひとしきり撮影を終え、オナガシジミは同じ位置に静止したまま開翅もしないので、諦めてミヤマシロチョウのポイントに向かいました。
暫く車で走っていると雲が急に取れ、青空が広がり始めるとほどなく強い夏の日差しになりました。
ポイント近くの駐車スペースに到着するとクロヒカゲ、ヒカゲチョウと共にアブの大群に迎えられます。
e0224357_22442034.jpg

e0224357_2239295.jpg

アブに噛まれると後がかゆくてたまらなくなるので、露出分部分がないように気をつけ、手には革手袋をしました。
虫除けスプレーなどはまったく効果なく、肌を出さないことが一番のようです。

日差しが照りつけとても蒸し暑く夏らしい一日になりそうです。歩き始めるとコチャバネセセリ、イチモンジチョウ、フタスジチョウなどが目立ちます。
ウツボグサには沢山のヒメキマダラセセリが吸蜜に来ていました。
e0224357_23105943.jpg

ルリタテハは、いろんな葉に一瞬止まり感触を確かめるように食草を見分け産卵場所を探しているようです。
ヤマカシュウへの産卵シーンと卵を撮影しました。
e0224357_23464617.jpg

e0224357_23444475.jpg


オオイチモンジも観察されることがあるようなので注意していると一瞬オオイチ?と慌てるとメスグロヒョウモンでした。
e0224357_22512991.jpg

途中の林道ではコムラサキも集団で吸水していましたが、近づくと逃げてしまいました。
e0224357_2252467.jpg

ギンイチモンジも新鮮個体がこげ茶色の翅表を見せてくれました。
e0224357_22543042.jpg

ミヤマシロチョウに出会うまでに、沢山の蝶たちに出会えたので今回はその紹介に留めておきます。
次回、ミヤマシロチョウの様子をご紹介します。

by konty33 | 2011-07-19 23:54 | Trackback | Comments(2)