「ほっ」と。キャンペーン
タグ:ムラサキシジミ ( 14 ) タグの人気記事

2016年 12月 24日
ムラサキツバメ開翅とムラサキシジミ集団越冬
12月18日
暖かな日差しに誘われて飛び出すムラサキツバメの様子を見に行きました。
e0224357_22293408.jpg
尾状突起がなかったり、擦れていたりと・・・なかなか綺麗な個体がいませんが・・・
こちらはまずまず綺麗な♀です。
e0224357_22304741.jpg
♂も綺麗な個体は少なく良い角度での撮影チャンスもありません。
それでもなんとか翅表が渋く青みがかってくれました。
e0224357_22322430.jpg
サザンカに来た個体は擦れており良い色が出ませんでした。
e0224357_22344436.jpg
越冬集団は場所が変わったり、小さくなったりしているようです。
暗い場所で2頭だけ撮影しましたが・・・・風が強くブレまくりです。
e0224357_22362575.jpg
ムラサキシジミの集団越冬場所を教えてもらったのでこちらも見に行きました。
ヤマモモの枯葉が集まった中に5頭いますが・・・・・
あそこっ・・・と言われてもムラサキシジミがいるとは気づきません。
少し高いところなので・・・いつものように柄の先にコンデジを取り付け撮影しました。
e0224357_22411447.jpg
縦になっている個体もあり、分かりにくいですね。
公園を一回りしてくると位置が少し変わったので・・・・少し近づいてもう一度撮影しました。
e0224357_22435943.jpg
ムラサキシジミの5頭並びは初めてでした。
この中から1頭だけ飛び出しましたが・・・見失い・・・開翅は撮影できませんでした。
風は多少あるものの日中は暖かだったのでとても気持ちよく過ごせました。




-


[PR]

by konty33 | 2016-12-24 21:07 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2014年 12月 02日
ムラサキシジミの日向ぼっこ
11月23日
この日は午前中は所要があり午後から少しだけ近所のムラサキシジミの様子を見に行きました。
暖かな陽気ながら午後ともなると日向ぼっこする個体は見られませんでしたが・・・・
無理やり飛ばして数頭の個体に遊んでもらいました。
e0224357_2126631.jpg

ボロボロの個体のなかから綺麗な個体を選んで撮影しました。
e0224357_21271629.jpg

何処かへ飛んで行ってしまう個体もいますが、下の笹に降りてくれることもあります。
e0224357_21281473.jpg

e0224357_21282450.jpg

V字開翅してくれることもありました。
e0224357_21301924.jpg

そのうちに塒に帰っていきますが、塒のあるツバキの葉に静止したところです。
e0224357_21314913.jpg

こんな時期にもウラナミシジミの綺麗な個体が見られました。
e0224357_21324936.jpg



このところ忙しさもありフィールドに出ることが少なくなりました。
師走に入り急激に寒くなりムラサキ系の蝶の観察くらいしか楽しみがありませんね。
[PR]

by konty33 | 2014-12-02 21:39 | シジミ類 | Trackback | Comments(4)
2013年 12月 08日
ムラサキツバメの大集団に大興奮
12月7日
家の近所では、ムラサキツバメの集団が見つからないので、早朝に家を抜け出し・・・・・東方面に高速を走らせました。
結果的に思わぬところでこれまでには見たことがないような集団を見つけることができました。
e0224357_23273959.jpg




まず朝に話をもどします。
1箇所目のポイントに到着するとすぐに3頭の集団が見つかりましたが・・・・双眼鏡でやっと確認出来るほど高いところした。
300mmで撮影し、約4分の1にトリミングしてあります。
e0224357_23363637.jpg

更に、次のポイントでは情報をお聞きし紫陽花の花に6頭が止まっているのを撮影しました。
e0224357_23403474.jpg

100mmマクロでアップを撮影すると・・・・6頭いるのが分かります。
e0224357_2339257.jpg

この周囲を探索しましたが見つからず、「暖蝶寒鳥」のごまさんと合流し教えて頂くことになりました。
次のポイントでは、2箇所のシュロの葉で集団を見ることができました。
まず、低めの位置に5頭の集団があり、屋根となる葉のない以下のような位置でした。
e0224357_23451737.jpg

集団を300mmで撮影するとこんな感じですが、陽が差し込み始めると飛び出して行きます。
e0224357_23463277.jpg

更に、5~6mくらいの場所には大きな集団がありました。
下から、300mmで撮影してトリミングしてもこの程度で上手く撮れません。
e0224357_2350581.jpg

そこで、新兵器?毎年使っていますが、柄を忘れて上州屋で急遽新調したので新兵器です。
玉の枝+コンデジのインターバルタイマーで撮影すると・・・・27,8頭の大集団だと分かりました。
e0224357_23533027.jpg

塒から飛び出してきたムラサキツバメも♂♀とも撮影することが出来ました。
e0224357_2356437.jpg

e0224357_23565680.jpg

序でにムラサキシジミも撮影出来ました。
e0224357_23573762.jpg

これで、十分満足していましたが・・・・次のポイントで更なる大集団を見つけてしまいました。
何気なく見上げたシロダモの5m以上ある葉から溢れそうな大きな集団です。
ところが、遠すぎて300mmではシャープな画像が撮れません。
e0224357_012283.jpg

そこで、木の真下から、玉の枝+コンデジで何回も撮影したのが、冒頭の写真です。
他にも角度を変えた2枚のピントが合っていましたので、掲載しておきます。
e0224357_044170.jpg

更に横からです。
e0224357_053457.jpg

途中で調達した柄が短かったので、ギリギリ背伸びして皆さんに指示して貰いながらやっと撮影できました。


これまで、見たことのない大集団に感激しました。
途中で調達した柄も役に立ち、皆さんのご協力により高さも克服出来た感じです。
地元の皆さんは、来春まで観察の楽しみがあり羨ましいです。
地元のごまさんをはじめ、Uさん、Kさんありがとうございました。
[PR]

by konty33 | 2013-12-08 00:21 | シジミ類 | Trackback | Comments(24)
2013年 12月 02日
近所の公園でムラサキシジミとムラサキツバメ
12月1日
いよいよ師走に突入ですが、ムラサキ系が見たくて自宅近くの小さな公園に行ってみました。
大した成果はありませんが、毎年この時期になると何度か様子を見に通っています。

風も弱く日差しもまずまずですが、今年は初めてなので様子がわかりません。
ご神木を軽く刺激すると今年もムラサキシジミが何頭か飛び出したので一安心です。
e0224357_205207.jpg

運良く遊歩道沿いの植栽に降りてきてくれ、一度飛んでもまた近くに止まってくれました。
e0224357_2063282.jpg

もう一度飛ぶと今度は黄色に色づいた葉の上に静止してくれました。
e0224357_2082966.jpg

まだ、寒さでぼけているようなので、広角でも撮影出来るかな?とチャレンジしました。
e0224357_2094526.jpg

こんなにフレンドリーに遊んでくれることは滅多にありません。
その後は、木の上の方で静止する個体だけを暫く撮影しました。
e0224357_20115384.jpg

e0224357_20123049.jpg

そうこうしていると・・・・ムラサキツバメが飛んできて、遠目の2ショットです。(手前のボケたのがムラサキツバメ)
e0224357_20135341.jpg

ムラサキツバメは高い位置で開翅していたので、柄の先につけたコンデジで撮影を試みましたが久しぶりの為あまり上手く行きません。
e0224357_20214421.jpg

コンデジの設定を調整して、上を見上げると状況が一変・・・・・2頭が寄り添って静止していました。
e0224357_2024261.jpg

脚立に乗って撮影していると今度は葉陰に逃げ込んでしまいました。
短時間に凄まじくいろいろと状況が変わるので、思ったような開翅は撮影出来ませんでした。
e0224357_20273913.jpg

これが、越冬場所なのかは分かりませんが、1頭は横倒しとなり休眠モードになってしまいました。
朝の9時過ぎから観察をしましたが、この時まだ10時半前でした。・・・・これで本日終了です。


この日確認した5,6頭のムラサキシジミはいずれも♀でした。
また、ムラサキツバメも2頭とも♀のようでした。


時間がなかったので1時間ほどしか観察出来ませんでしたが・・・・・、
公園を散歩する人たちに「何をされているのですか?」と聞かれて答えるのも面倒になります。
脚立に乗ったり、長柄の棒を振り回したり、300mmで盗撮?する姿は不審者に見えたに違いありません。
[PR]

by konty33 | 2013-12-02 20:52 | シジミ類 | Trackback | Comments(10)
2013年 11月 19日
青い翅表に魅せられて
11月16日
久しぶりに西の方に遠征しました。
今回の狙いは、青く輝く翅表の紋と翅裏の模様がとても魅力的な絶滅危惧Ⅱ類のルーミスシジミです。
この時期には、毎年一度は見たくなりますが、今回は例年と違う場所に行ってみました。
前日は雨でしたが、この日は好天に恵まれ暖かな日になりました。


現地に到着すると既に翔写真館の翔さんが上を見上げていらっしゃいました。
高い梢でチラチラしている個体はすぐに見られましたが、良い位置にはなかなか降りてきません。
待っていると・・・秋らしく紅葉した葉の上で静止してくれましたが、傷んだ翅が残念でした。
e0224357_219273.jpg

何回か下に生えるシダにも降りてきてくれました。
e0224357_21133822.jpg

e0224357_2114727.jpg

e0224357_21142164.jpg

シダとルーミスが合うかどうかは別にして、100mmマクロで撮影出来るチャンスです。
こんなチャンスが何回かありましたが、なんだかイメージと違う感じもします。


紅葉していないのが残念ですが、楓の木にも降りてくてくれました。
e0224357_21183871.jpg

降りてきたと言っても結構遠いです。
e0224357_21185482.jpg

e0224357_2119228.jpg


過去の経験では、アラカシの方がこのチョウには似合っているような気がしますが・・・・。
殆どが300mmでも厳しい距離で開翅するか、見上げるような木の上しか止まってくれません。
e0224357_21223263.jpg


この場所には、当然のようにムラサキシジミも沢山いて紛らわしいですが、こちらも開翅すると綺麗です。
e0224357_21252216.jpg



生息地は非常に遠いのに日帰りとなったので疲れましたが、このチョウを見ると疲れも眠気も飛びます。
少し傷んだ個体が多く欲を言えばきりがありませんが、初めての場所で見られたのはとても嬉しかったです。
翔さんには、このあとの撮影も含めて大変お世話になりました。
帰りに立ち寄った他の蝶は次回ご紹介します。
[PR]

by konty33 | 2013-11-19 22:09 | シジミ類 | Trackback | Comments(10)
2012年 11月 25日
ムラサキの輝きを求めて房総へ
11月25日
この時期は、紫色のシジミチョウたちを探して歩くことが唯一の楽しみです。。
天気も良さそうなので地元を少し離れてルーミスシジミを求めて遠征しました。
とても寒い朝でしたが、風もなく雲一つない快晴で期待が膨らみます。

次々と皆さんがお越しになり、谷間に日が差すまでルーミスの休眠個体を探しますが見られません。
林の中で休眠中の2頭のムラサキシジミがいると教えてもらい、撮影もさせていただきました。
e0224357_22104626.jpg


谷間に日が差しても気温が低いためか飛ぶ個体が見あたりません。
仕方なくムサラキシジミを撮影して暇を潰します。
e0224357_2146286.jpg

ルーミスシジミは、時々飛んでも10m以上の木の上でチラチラするだけでしたが・・・・
朝一番から午後まで待って、やっと1頭が降りてきてくれました。
e0224357_21465683.jpg

地面近くに静止した個体は、ゆっくりと開翅してくれました。
e0224357_2148585.jpg

午後まで諦めずに探したのが候を奏し、狙いの「ムラサキの輝き」をゲットできました。
e0224357_2150362.jpg

この時は6人くらいで1頭の蝶を取り囲んでの撮影会でしたが、角度を変えて上からも撮影しました。
e0224357_21524855.jpg

一度、少し飛んですぐ近くに静止し、その後高いところへ飛んでいきました。
e0224357_2153468.jpg



なんとか粘り勝ちでボウズを免れましたが、こんなに苦労するとは思いませんでした。
10人以上の撮影者が来られていたので、警戒して降りてこなかった訳ではないでしょうが・・・・。

ご一緒させていただいた皆さん有り難うございました。
[PR]

by konty33 | 2012-11-25 22:39 | シジミ類 | Trackback | Comments(18)
2012年 11月 22日
近所の散策 秋の蝶たち
11月18日
天気が良かったので、カメラを持って近所の海岸沿いの公園に散歩に行きました。
朝日が眩しく差し込んだ散歩道を歩いていくとムラサキシジミが飛び出しました。
すぐに、近くの樹上に静止しましたが、ここは陽が当たらないので開翅してくれません。
e0224357_21541739.jpg

陽当たりの良い場所にも静止している個体を見つけましたが、開翅してくれませんでした。
e0224357_21555783.jpg

仕方なく歩いていくとこんどは♀が地面に静止して開翅してくれたので、慎重に近づき-1.0EVで撮影しました。
e0224357_21574353.jpg

広角でも撮影しようと準備していると飛んでいってしまいました。
頭上を見上げると2,3の個体が高い梢で飛んでいましたが、降りてきませんでした。


公園内の違う場所では、落ちていた木の枝で照葉樹を刺激するとウラギンシジミも飛び出しますが、
すぐに葉裏に隠れてしまいます。
e0224357_2263988.jpg

中には、陽当たりの良い場所で開翅している個体もいます。
e0224357_2272195.jpg

天気が良いので青空バックの広角も一枚。少し黄色に色づいた葉が秋らしいですね。
e0224357_2292484.jpg



1時間ほどの散歩道で撮影したのは、この2種だけです。
例年見られるムラサキツバメが見られないのが少し気になりました。
この公園は、昨年より灌木や下草を綺麗に除去したので、その影響もありそうです。
[PR]

by konty33 | 2012-11-22 22:20 | シジミ類 | Trackback | Comments(6)
2012年 11月 12日
三重でイシガケチョウと再会ほか
11月3日 つづき
三重県にサツマシジミやヤクシマルリシジミの観察に出かけたときのことです。
サツマシジミの集まる広場には、イシガケチョウもセイタカアワダチソウの周りで見ることができました。
昨年は違う場所で2頭ほど見られたのですが、今年も再会できてとても嬉しいです。
e0224357_20511018.jpg

ここでは3頭のイシガケチョウがセイタカアワダチソウで吸蜜していましたが、意外と敏感です。
近寄ると逃げられて近くの葉の上に静止します。仕方なく300mmで遠目から撮影しました。
e0224357_2053657.jpg

暫くサツマシジミを撮影していると・・・また、セイタカアワダチソウに吸蜜していました。
e0224357_2055910.jpg

変わり映えのしない写真ばかりなので、イシカケチョウは以上です。


少し、画像が少なく淋しいのでおまけです。
この日、サツマシジミの飛翔写真も撮ったのですが、偶然にも比較的ピントがあった写真が1枚だけありました。
なんとか見られると思いますが、サツマシジミ♂の翅表が綺麗です。
e0224357_20585031.jpg

♀の飛翔写真は全滅でしたので、静止したところでご勘弁を・・・。
e0224357_2143543.jpg


この場所には、ムラサキシジミも何頭か見られセイタカアワダチソウで吸蜜を繰り返していました。
e0224357_2191331.jpg

吸蜜が飽きると近くの葉上で開翅してくれました。
e0224357_21103012.jpg


3回にわたってご紹介した、この日の出来事は全部終了です。
日帰りで、正味の撮影時間は短時間だったわりには色々と楽しめた一日でした。
この後、何処も出かけていないので次の記事はいつになりますやら・・・・?
[PR]

by konty33 | 2012-11-12 22:08 | タテハ類 | Trackback | Comments(6)
2012年 02月 26日
静岡のキリシマミドリの卵探し
2月26日
晴天の予報でしたから地元でモンキチョウでも探そうと考えていたのですが、朝起きるとどうも天気が悪そうです。
そこで、この冬3回目の地元でのキリシマミドリシジミの卵探しに計画変更です。
過去2回はまったく見つからず、今回こそはと思いつつ、遅めの出発です。


予定の場所に到着しましたが、生憎のみぞれ模様です。傘を片手に山道を約1時間ほど歩きました。
アカガシの大木が多いこの山で、まずは杉林の林縁でアカガシのひこばえを探します。
ありました。こんな感じのところで見つかるはずです。
e0224357_21295886.jpg

あっけなく、林内の50cmほどのアカガシの痩せた冬芽の基部で1卵見つかりました。
e0224357_21301689.jpg

少しアップで見るとこんな感じです。(薄暗い中でこの写真を撮るのに30分以上掛かってしまいました。)
e0224357_21322175.jpg

この林内では、冬芽に3卵ついているのも見つけることができました。
e0224357_21421827.jpg


この付近は探し尽くしたので、更に1時間ほど探しながら山道を歩きましたが、良い感じの環境にアカガシが見あたりません。
考えを少し変えて、登山道の脇にある3mほどのアカガシも見て回ると上の方の芽にありました。
e0224357_2148552.jpg

同じようなところでもう2卵ありました。ひょろっとした枝を曲げてコンデジで撮影しました。
e0224357_21495666.jpg

上の写真では、卵が白く見えるだけですが、トリミングすると表面の突起が分かります。
e0224357_21555119.jpg

e0224357_22313755.jpg


途中で、キリシマより一回り小さなムラサキシジミの卵もいくつか見つかりました。キリシマより小さく模様も違います。
e0224357_21585859.jpg


小雨が降ったり、みぞれになったり、晴れ間が差したりと不安定な一日でした。
こんな感じで5時間ほど撮影しながら山中を歩き回りましたが、3度目にしてそれなりの成果に恵まれやれやれです。
[PR]

by konty33 | 2012-02-26 22:20 | | Trackback | Comments(12)
2011年 12月 10日
地もとでムラサキツバメの集団探し
12月10日
12月に入って朝晩はめっきり寒くなりましたが、今日の日中は風もなく暖かでした。
近所でいろいろ所用があったので、そのついでに短時間だけでしたが近くを散歩してみました。

御前崎のムラサキツバメのポイントに寄ってみると3mくらいの高さに1頭静止していました。
ムラサキツバメと思いこんでいましたが、ムラサキシジミのようです。
中古の70-200mmF4Lのレンズを購入したので試し撮りです。
e0224357_21324125.jpg

玉の柄+コンデジ(インターバルタイマー)でも写してみました。
e0224357_21331064.jpg

先週は、目の高さのサザンカの葉の中でムラサキツバメが1頭だけ隠れていました。(下の写真は先週のものです。)
e0224357_22154757.jpg


午後になり、立ち寄った菊川の公園では、ムラサキツバメ5頭の小集団を観察することが出来ました。
この場所で見つけることが出来たのは、「暖蝶寒鳥」のごまさんに集団ができる環境を教えてもらったお陰です。
この集団は、葉の枯れた部分でも屋根になる葉があるわけでもない緑のシュロの葉上にありました。
少し離れた高い位置からどんな場所かを撮影したのが下の写真です。
e0224357_21295936.jpg

真下から見ると頭上4mくらいにあったので、やはり玉の柄+コンデジ(インターバルタイマー)で写しました。
e0224357_21262961.jpg


この集団の周辺ではムラサキツバメ♂2頭が日向ぼっこしていました。
e0224357_21372659.jpg

近くにはムラサキシジミも2頭ほど飛んでいましたが、残念ながらかなり傷んだ個体でした。
e0224357_21384090.jpg


他にもこの公園ではヒメアカタテハが何頭か日向ぼっこしていました。
初冬の風の中、ボロボロの翅で飛ばされまいと懸命に生きている感じがしました。
e0224357_21432497.jpg

綺麗なアカタテハも元気よく飛んでは、日溜まりでゆっくりと体を温めていました。
e0224357_2144226.jpg


今回は、短時間で蝶も少なかったのでこれだけです。
70-200mmF4Lの試写も感じ良く、来シーズンはこのレンズが活躍するかもしれません。

先週末には沢山いたヤマトシジミやウラナミシジミも見られなかったので、蝶の姿を見る機会が少なくなってきました。
今シーズンの新ネタはもうこれが最後かも知れません。
[PR]

by konty33 | 2011-12-10 22:54 | シジミ類 | Trackback | Comments(10)