タグ:ミヤマチャバネセセリ ( 3 ) タグの人気記事

2017年 05月 01日
やっと出会えたミヤマチャバネセセリ
4月29日
GWの初日となったこの日は朝から快晴でした。
先日出会えなかったミヤマチャバネセセリをもう一度狙ってみました。
3か所目でやっとホトケノザで吸蜜する個体に出会えました。
e0224357_22255030.jpg
後翅の中央の白斑があるだけでとても魅力的に感じます。
花から花へゆっくり飛ぶときはいいのですが、急に反転すると確実に見失います。
e0224357_22282011.jpg
カラスノエンドウでもよく吸蜜していました。
e0224357_22285462.jpg
何カットか撮影できたので、思い切って広角でも狙ってみました。
e0224357_22310250.jpg
e0224357_22311683.jpg
昼頃には吸蜜時間が終わったのか・・・葉の上でせ静止する時間となりました。
e0224357_22295910.jpg
翅を開いていつもの恰好です。
e0224357_22332008.jpg
♂はボロで♀は新鮮な感じでした。
個体数が少なく見失うと暫く目を皿のようにして探しますが中々見つかりません。
途中に見つけたのはハタザオに産卵を狙っているツマキチョウでした。
e0224357_22370610.jpg
狙いをつけた花穂の周りを飛び回り・・・・・そのうちに産卵しました。
e0224357_22375664.jpg
急に風が強くなり・・・雲行きが怪しくなってきました。
上空の寒気のせいで午後から天気が急変・・・・です。
強風の中で1頭だけですがホソオチョウを見つけました。
e0224357_22424687.jpg
e0224357_22432181.jpg
この時はまだ青空もありましたが、風はかなりきつく撮影は厳しい状況でした。
e0224357_22443851.jpg

午後は天気の急変もあり、一日ゆっくり撮影・・・とはなりませんでした。
とりあえず地元では出会えないミヤマチャバネセセリに出会えたので良かったです。
翌日はヒメギフに再挑戦となりました。




-



by konty33 | 2017-05-01 22:58 | セセリ類 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 21日
夏枯れの荒れた草地にて
8月19日
近年はクズやアレチウリが一面に覆ったところが多く環境が悪化していますが、
自宅付近では見ることが出来ないミヤマチャバネセセリを狙ってみました。
後翅の中央の大きな白紋があるだけですが、やけに魅力的に感じます。
e0224357_21064235.jpg
強い日差しを避ける様に草の中のアカツメクサに吸蜜していました。
e0224357_21071480.jpg
3化の発生はこれからのためか、個体数が予想以上に少なかったです。
同じ場所ではチャバネセセリも見られました。
e0224357_21093721.jpg
イチモンジセセリはこの時期かなり数が増えているようです。
e0224357_21121528.jpg
ミヤマチャバネセセリを探して河原を歩ているとツマグロヒョウモンの交尾をみつけました。
背丈より高いススキの中に逃げ込まれましたがなんとか撮影できました。
e0224357_21155650.jpg

セセリの写真をよく見ると後翅中央の白紋はミヤマチャバネだけでなく・・・・
イチモンジセセリやチャバネセセリにも小さいながら白紋がありました。
これまであまり気にしていませんでしたが、個体差なんですね。
それにしても日差しを遮るものがない草地での観察なので熱中症になりそうでした。



-


by konty33 | 2016-08-21 22:05 | セセリ類 | Trackback | Comments(0)
2011年 08月 31日
夏の終わりのクロツバメシジミ
8月26日
前日(8/25)は一日雨でしたが、この日は晴れが期待できそうなので山梨方面に出かけました。
まずは、富士川沿いでクロツバメシジミの発生状況を確認しました。
現地に7時半ごろ到着したのですが、草むらを歩くとクロツバメシジミが飛び出してきます。
河原の草に静止することが多いのですが、やはり食草のツメレンゲが似合います。
e0224357_23161888.jpg

朝日が微妙にあたりかけるころ開翅タイムなのか、あちこちで沢山のクロツが開翅していました。
e0224357_23513451.jpg

この場所では4/24に1化を確認していますが、この日は、3化の発生時期なのか新鮮な個体が多く見られました。
3頭がクズの葉で開翅しており、よく見ると一組のカップルが居るようです。
e0224357_23272385.jpg

近づくとき驚かせてしまい、草の根本に入り込み暴れたので離れてしまいました。
すぐ近くに別のカップルもいました。
e0224357_2329696.jpg

ツメレンゲの花穂が伸びてきており、その上でも可愛いカップルの誕生です。
e0224357_2332428.jpg

これはまた違うカップルですが、色々な場所での交尾シーンを撮影できました。
e0224357_2330477.jpg

広角でもと狙いますが、何故か逃げてしまい近づけません。
e0224357_2338256.jpg

キンミズヒキでしょうか?綺麗な花に吸蜜していると思い撮影してみると静止しているだけでしたが、綺麗なので掲載します。
e0224357_23413066.jpg

次の場所に移動しようと思い車で移動し始めてから見つけたカップルです。
e0224357_23502388.jpg

この場所では、4組の交尾を観察できました。
他にもミヤマチャバネセセリも何頭か飛び交っていました。
e0224357_2358244.jpg

ほとんどがスレた個体でしたが、比較的奇麗な個体を広角でも撮影してみました。
e0224357_23585179.jpg


この後、ホソオチョウなどを狙って場所を移動しましたが、その紹介は次回にさせて戴きます。


この日の夕方、もう一箇所のクロツバメシジミのポイントに寄ってみました。
昨年も一度このポイントに行ってみましたが、その時は食草のツメレンゲは沢山あれどクロツは確認できませんでした。
今回は、夕方で暗くなりかけていたこともありダメもとでしたが、少ないながら発生を確認でき嬉しかったです。
e0224357_0115976.jpg

この場所では、ほとんど羽化直の個体が3,4頭で羽根がしっとりとした感じでした。
e0224357_012597.jpg

ヤイトバナ(ヘクソカズラ)に静止したところですが、開翅してくれたらきっと綺麗な翅表が見られたと思います。
e0224357_013401.jpg


2箇所のクロツバメシジミの生息地にて、例年以上の発生個体を確認できました。
特に、富士川の発生地では交尾4組も含めこれまでにない数を確認できたいへん喜ばしく感じました。
一方で、ツメレンゲの自生する石垣の環境が草で覆われ始めており、少し心配もしています。

by konty33 | 2011-08-31 12:41 | シジミ類 | Trackback | Comments(10)