タグ:ミヤマシジミ ( 14 ) タグの人気記事

2017年 09月 28日
地元で秋のチョウを探索
9月24日 続き
そろそろツマグロキチョウの秋型が発生していると思い探してみました。
まず見つけたのは湿った地面で吸水している個体でした。
e0224357_22150296.jpg
次のポイントでは・・・
活動している個体数は極めて少ない様子でしたが・・・・
ヤハズソウで吸蜜するツマグロキチョウを捉えることが出来ました。
e0224357_22101364.jpg
しかし、曇りがちな空模様の為か・・・・・
すぐに休止モードにななってしまいました。
e0224357_22135849.jpg
他には特に目ぼしいチョウも見られませんでしたが・・・・
ツマグロヒョウモンはよく見かけました。
e0224357_22244689.jpg
定点観察場所とも言えるいつもの場所でミヤマシジミの様子を確認しました。
成虫も少ないながら見られましたが・・・・
e0224357_22025581.jpg
コマツナギの根元から・・・・
初めて蛹を見つけることが出来ました。
アリが周りをウロウロと監視していました。
e0224357_22023894.jpg
幼虫は簡単に見つかる様になりました。
e0224357_22050065.jpg
幼虫を見つけるには、アリの動きの観察が早道の様です。
e0224357_22072738.jpg
アリが襲っているように見えますね・・・
e0224357_22091190.jpg
近くではメドハギにキチョウが産卵していました。
e0224357_21305017.jpg
ヤナギの木には擦れたコムラサキが群がるシーンも・・・
e0224357_21263566.jpg
イチモンジセセリは多くなりキマダラセセリも見られました。
e0224357_21284872.jpg
いろいろなチョウを撮影して自宅に戻ると・・・・・
陽も傾き薄暗くなりかけているのに・・・
庭のノウゼンカズラにモンキアゲハが吸蜜していました。
e0224357_21313243.jpg
最後にこの日撮影したチョウをコラージュにしてみました。
既に傷んだ個体が多いですが、いろいろなチョウに出会えました。
e0224357_22013763.jpg
イチモンジセセリ、ヒカゲチョウ、ナガサキアゲハ
ヒメアカタテハ、ヒメジャノメ、カラスアゲハ
チャバネセセリ、ベニシジミ、モンキチョウ


秋の一日をのんびりと楽しむことが出来ました。
日ごろは、出来るだけ綺麗なチョウの写真を撮りたいと思っていますが、
今回は擦れた普通種も記録として掲載してみました。




-




by konty33 | 2017-09-28 22:15 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(2)
2017年 09月 20日
ミヤマシジミの産卵と卵
9月10日
地元でウラナミジャノメを確認した後・・・
久しぶりにミヤマシジミの様子を見に行きました。
昨年秋の環境の変化を見てから、発生状況が気になっていましたが・・・・
狭い範囲ながら新鮮な♂も飛んでいて・・・取り敢えず安心しました。
e0224357_17473661.jpg
食草のコマツナギは長い間花が咲きますが、とても綺麗で今が盛りといったところです。
比較的綺麗な♀が1頭だけいました。
e0224357_17480136.jpg
この♀を見ていると・・・・
産卵モードのようですが・・・
一瞬だけお尻を曲げても・・・なかなか産卵はせず・・・・
暫く佇んでは・・・またチョイ飛びし・・・・
また、佇んでを繰り返していました。
e0224357_17523321.jpg
追いかけず少し離れたところから注意深く見ていると・・・
いきなり蕾の房に静止したと同時に・・・産卵姿勢を暫くして飛んでいきました。
e0224357_17541210.jpg
蕾を確認すると・・・
産み付けられたばかりの薄い緑色した卵が見つかりました。
この時期は蕾に良く産むようです。
証拠写真をTG3で接写しておきました。
e0224357_17545616.jpg
幼虫を探してみると・・・・
近くの花から見つかりました。
e0224357_17563175.jpg
花だけでなく・・・葉を食べている幼虫も見つかります。
葉の表面を舐めたような食痕を探すのもいいですが・・・
アリの動きを観察すると幼虫の周りにいるので見つけ易いです。
e0224357_17574963.jpg





木陰がない環境なので暑くて長居すると熱中症になりそうです。
取り敢えず今年も生息が確認できたので・・・早々に車に戻りました。







-


by konty33 | 2017-09-20 21:27 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 22日
コマツナギから見つかるミヤマシジミの越冬卵
11月13日
この日もとてもいい天気なのに時間が取れません。
所要の帰り道に少しだけいつもの河原に立ち寄り・・・
新システムで撮影したくてミヤマシジミの卵を探してみました。
この時期の卵はコマツナギの根元付近を探すと見つかります。
e0224357_22013992.jpg
あまり草が密集していない場所の方がよさそうです。
e0224357_22023252.jpg
太めの茎に産み付けられた卵が見つけやすいです。
TG3で拡大撮影したのが下の写真ですが・・・・
これはこれで気軽に撮影でき、まずまずの画質なので気に入っています。
e0224357_22035066.jpg
茎が裂けたところに産み付けられた卵です。
e0224357_22062321.jpg
この卵を新システム(LUMIX GX7mkⅡ+スタッキング法)で撮影すると・・・
e0224357_22075380.jpg
一段とシャープな写真になりますね。
e0224357_21160147.jpg
しかも、ファームウェアアップデートをダウンロードして自動的に深度合成した写真です。
シャッターを1回押すだけで後は全自動ですからTG3と同じくらい簡単ですが・・・
手持ちでは失敗する確率が高く上手くいきませんでした。
カメラのレンズ前に固定するように工夫して撮影しました。
下の写真はこのシステムを使用した一例(自宅で撮影用)ですが、今回撮影した時はもっと簡単な装備でした。
e0224357_20512477.jpg
前後左右の微調節はRRS社製のスライダ―で行い・・・
野外へこのシステムをこのまま持ち出し・・・
枝先の卵などを手前のクリップで挟めば・・・
ブレずにワンシャッターで撮影完了です。





ファームアップにより深度合成まで自動でやってくれるので大変重宝しています。
今シーズン活用したくてうずうずしていますが・・・・
このところ風邪が酷く、先週金曜から発熱が続き土日も自宅療養でした(笑)
なかなか治らないので体力の衰えを痛感しています。




-


by konty33 | 2016-11-22 20:59 | | Trackback | Comments(2)
2016年 11月 01日
今シーズン最後のミヤマシジミ観察など
10月16日
このところ繁忙な日々が続きどこにも出かけていませんので、少し前のことになりますが・・・・・
いつもの河原に出掛けてミヤマシジミの卵を探した時のことを書きます。
風が強く成虫の写真は上手く撮れませんでしたが新鮮な個体の証拠写真です。

e0224357_21474707.jpg
残り少ないコマツナギの花に吸蜜したシーンは1カットだけで、後は葉っぱ止まりのみ・・・・・
e0224357_21484902.jpg
ここ何回かここに通っては撮影を忘れていた卵の写真も撮れました。(TG-3深度合成)
e0224357_21493897.jpg
蛹も探してみましたが、今回も抜け殻だけ・・・・・タイミングが悪いですね。
e0224357_21492364.jpg

そう言えば、この日はツマグロキチョウも少し撮影したのを忘れていました。
e0224357_22034132.jpg
逆光狙いですが、日差しが弱くてもう一つです。
e0224357_22040984.jpg
セイタカアワダチソウの吸蜜も色がダブってもうひとつですね。
e0224357_22044035.jpg
後はキタテハくらいでした。
e0224357_22035475.jpg
e0224357_22051068.jpg


もう暫く繁忙な日々が続きそうです。
ストレスが溜まりますね。



-


by konty33 | 2016-11-01 22:01 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 10月 04日
ミヤマシジミの交尾など
10月2日
前週に続いて地元のミヤマシジミの様子を見に行きました。
曇り空であまり飛ぶ姿もなく、時々見かけてもよそ見をしていると見失ってしまいます。

たまたま新鮮な♀を追いかけるボロの♂が目に入りました。
驚かさない様に遠目から見守っていると・・・・・・暫くして交尾が成立しました。
e0224357_22144308.jpg
交尾前の求愛行動も少しだけ撮れました。
♀も近くを飛び回っていたので交尾拒否かと思いきや・・・・コマツナギの上に静止し・・・
そのまま♂が後ろからお腹を曲げていきました。
e0224357_22155210.jpg
角度が悪いので回り込んでいると・・・・もう交尾が成立していました。
交尾が成立してからも葉の上でクルクルと動き回っていました。
e0224357_22161544.jpg
コマツナギの花の上に止ると絵になります。
e0224357_22131409.jpg
花の上で移動するので広角やマクロで角度を変えながら撮影しました。
e0224357_22213380.jpg
新鮮な♂は見られませんでしたが、綺麗そうな個体の吸蜜シーンです。
e0224357_22242894.jpg
今回は蛹を見つけるのが目的でしたが、幼虫しか見当たりませんでした。
e0224357_22255104.jpg
蟻に攻撃されているように見えますが、伸縮突起で蟻を操って外敵から身を守らせているんですね。
e0224357_22270431.jpg
幼虫に夢中になっていてミヤマシジミの卵を撮影するのを忘れていました。
代わりにベニシジミの産卵を見つけたので、産卵直後の卵を撮影できました。
e0224357_22311078.jpg
産卵シーンはカメラのスイッチを入れ忘れていて撮影機会を逃してしまったので・・・・
吸蜜シーンを撮影しました。
e0224357_22290689.jpg



今回は、ミヤマシジミの交尾を観察できました。
沢山の卵を産んでくれることを期待します。
引き続き蛹を探してみたいとも思っています。



-


by konty33 | 2016-10-04 22:40 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 30日
コマツナギとミヤマシジミ
9月25日 続き
地元の河原のチョウと言えば・・・・・ミヤマシジミは外せません。
拙ブログの見出し交尾写真を掲載しているので、久しぶりにミヤマシジミも探してみました。
以前と比較し相当数が減っていますが、保全活動も進んでいるようです。
食草のコマツナギの花の上で♂♀が並んだシーンです。
(実は羽化直個体がいたので花に乗せました・・・)
e0224357_22224902.jpg
見つけた時の♀は地面近くの葉の裏でぶら下っていました。(♂も同様なので省略します)
e0224357_22495476.jpg
羽化直がぶら下がっているならば・・・・蛹殻もあるはずです。
コマツナギの枝の下の方を見てみると・・・・・ありました羽化殻です。(他にも茶色の殻が3つありました)
e0224357_22513741.jpg
次回は羽化する前の蛹が見てみたいですね。
幼虫はたいてい蟻が周りにいるので見つけ易いです。
e0224357_22524150.jpg
お尻からアンテナのようなもの(伸縮突起)が出ています。
この突起から蟻に蜜を与えながら、蟻に外敵から守ってもらう「相利共生」と言われていました。
しかし、神戸大学、琉球大学、ハーバード大学の研究チームが面白い発表をしています。
端的に言うと・・・蟻にはあまりメリットがないことから蟻は幼虫に操られている・・・・・とのことです。

突起をアップで見てみるとこんな感じです。
e0224357_22532853.jpg
この幼虫は小さめですが蟻が沢山群がっていたので分かりました。頭が花に食い込んでいます。
e0224357_23093209.jpg

e0224357_22541158.jpg
枝に小さな幼虫もいました。(蟻の大きさと比較するとその大きさの想像がつきます)
e0224357_22550655.jpg
花を食している幼虫が多いのですが、葉にも食痕があり幼虫が見つかります。
e0224357_22565092.jpg
卵も沢山ありましたが今回は撮影するのを忘れていました。
近いうちにもう一度覗いてみようと思います。
成虫は少なく心配になるほどでしたが、新鮮な♀は青い紋が光り輝き綺麗でした。
e0224357_22590263.jpg
e0224357_23000581.jpg

e0224357_22594003.jpg
♂は擦れ個体しか撮影できませんでしたが、開翅した時の青は綺麗です。
e0224357_22591655.jpg

e0224357_23101544.jpg
冒頭の♂♀は・・・・向き合って・・・・・何やらお話し中?
e0224357_23011451.jpg
他にはヒメアカタテハがアカツメクサで吸蜜していました。
e0224357_23055754.jpg



近日中に再訪し、幼虫のその後を観察したり、蛹でも探したいと思います。
また、新鮮な成虫の開翅や撮り忘れた卵も撮りたいと思います。





by konty33 | 2016-09-30 22:33 | シジミ類 | Trackback | Comments(4)
2016年 07月 08日
雨を避けての五目狙い
7月3日 
早朝のゼフを狙って北の方に行ってみましたが、雨のため引き返すハメに・・・・・。
梅雨前線が日本海側にあるので予想してましたが、こんな予想が当たっても嬉しくありません。
仕方なく雨の降っていない場所を求めて南下しながらあちこちで五目撮りとなりました。
まずは、ミヤマカラスシジミですが♂がたまたま高い木の上から降りて来てくれました。
e0224357_22420476.jpg
♂の多くは高いところを飛び、♀は下草にも止まっていました。
e0224357_22455986.jpg
♂と♀は色合いや翅の形で区別できますが、♂は前翅に性標があるので分かり易いです。
ここではイチモンジチョウもいました。
e0224357_22530348.jpg
翅裏も綺麗で魅力的ですね。
e0224357_22532427.jpg
撮影中に雨が降り出したので、すぐに雨を避けて移動しました。
次に訪れたのはクロツバメシジミの生息地ですが、まだ健在で良かったです。
e0224357_22562938.jpg
ちょうど羽化して間もない個体も多く見られました。
e0224357_22564484.jpg
序にミヤマシジミも撮影できました。
e0224357_22591066.jpg
食草のコマツナギの上で開翅していました。
e0224357_22592548.jpg

e0224357_23003987.jpg

ここでもすぐに雨が降り出し退散を余儀なくされました。
雨天時のバックアッププランがなかったため、雨を避けながらの無計画な移動となってしまいましたが
意外と楽しく撮影が出来ました。
この後はもともと予定していた次の目的地に向かいました。




-



by konty33 | 2016-07-08 23:14 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2015年 11月 23日
ミヤマシジミの卵は芸術作品?
11月22日
久しぶりに少しだけ時間が空いたので近所の里山にと思ったのですが、生憎の曇り空・・・・・・
仕方なく久しくできなかった家族サービスの帰り道・・・・ミヤマシジミの生息地に立ち寄りました。
勿論、成虫はもういませんが・・・・・
食草のコマツナギで卵を探してみると・・・・・
すぐに見つかりました。
e0224357_22323642.jpg

たいていは根元近くの木のようになった表皮にありました。
e0224357_22334075.jpg

なかには完全に枯れた枝にも・・・・・
e0224357_2234116.jpg

時々若い緑色の茎にもあります。
e0224357_223554.jpg

これらはオリンパスTG-3で撮影しましたが、一眼の超接写だともう少し鮮明に写せます。
e0224357_22373316.jpg

e0224357_22375362.jpg

卵の表面の模様は芸術作品のようで見事ですね。

9月12日の夕方撮影した成虫の写真も載せておきます。
確かクロセセリを撮影した帰りだったと思います。
e0224357_2241653.jpg

時間が遅かったので開翅はしてくれませんでした。
e0224357_2242124.jpg



ほんの少しでしたが、久しぶりにフィールド観察が出来ました。
ミヤマシジミはまた来年も発生してくれそうです。

by konty33 | 2015-11-23 22:50 | | Trackback | Comments(6)
2014年 09月 21日
地元の河原でミヤマシジミの探索
9月15日 続き
河原では局所的にミヤマシジミが生息しているので確認に行きました。
いつもとは違う場所でも比較的新鮮な♂がコマツナギの周りを飛び回っては吸蜜していました。
e0224357_2226976.jpg

最初はたった1頭だけでした。
e0224357_22265795.jpg

吸蜜を暫くすると・・・・暫く近くの葉の上で開翅して休憩です。
e0224357_22295779.jpg

フタバムグラでも吸蜜しました。
e0224357_22331762.jpg

♀はいないかと探してみると新鮮な個体が見つかりました。
e0224357_22332651.jpg

こちらはフタバムグラがお気に入りの様子で。コマツナギでは吸蜜してくれません。
e0224357_22355212.jpg

この花では吸蜜時間が短いので意外と撮影が大変です。
e0224357_22363043.jpg

ここでは2♂2♀だけの確認でした。
幼虫を探してみると・・・・・・こちらはそれなりに見つかりました。
e0224357_22382320.jpg

いつもながら蟻が周りに取り付いていました。
e0224357_22392027.jpg

e0224357_2240225.jpg

最後に違う場所でも♂を見つけたので載せておきます。
e0224357_22504797.jpg



個体数が相変われず増えませんが、新鮮な個体も見られたので良かったです。
幼虫もそれなりに見つかったのでもう暫くは見られそうです。
今後もこの地のミヤマシジミを見守り続けたいと思います。

by konty33 | 2014-09-21 22:50 | シジミ類 | Trackback | Comments(8)
2013年 09月 26日
河原のミヤマシジミ観察 その2
9月22日
朝からとても天気が良い日でした。
チャバネセセリを探して遠州地方の各地を巡りましたが、またしても成果なく・・・・。
河川敷のミヤマシジミだけはいつものようにいてくれました。
e0224357_2146818.jpg

ちょうど新鮮な個体が多く感じました。
e0224357_21474961.jpg

♂が多かったのですが、気がついたら♀の写真ばかりでした。
e0224357_21483637.jpg

♀の翅表に少しだけ青が掛かっていました。
e0224357_2151658.jpg

♂の写真も1枚だけ・・・・ 綺麗なコマツナギの花も沢山あるのですが、少し盛りが過ぎたような花にしか止まってくれません。
e0224357_21522521.jpg


幼虫探しはだいぶ慣れた感じです。すぐに何頭か見つかりました。
e0224357_21551638.jpg

花にも葉にもいますが、幼虫の周りには、だいたい蟻が集まっています。
e0224357_21555027.jpg

2齢くらいの小さな幼虫もいました。
e0224357_21574776.jpg

大きな終齢幼虫のお尻からは・・・・・伸縮突起が時々出ますが・・・・アンテナみたいですね。
e0224357_21591592.jpg


さて、問題のチャバネセセリですが、コマツナギの自生する河原にもいました。
e0224357_2213915.jpg

ここでは新鮮な個体が見られましたが、すぐ近くの河原ではボロボロの個体もいて、数は増えてきた感じです。
e0224357_2215288.jpg




日中はまだまだ暑いですが、少しずつ朝晩が涼しくなり、秋の訪れを感じる様になりました。
ミヤマシジミは幼虫もいたので、もう暫く見られそうです。
チャバネセセリの成虫はそれなりに数が増えた感じがしましたから、産卵と卵の撮影はもう少し頑張ってみます。

by konty33 | 2013-09-26 22:09 | シジミ類 | Trackback | Comments(8)